7/24発売の東洋水産「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」を食べました!
福島の「麺処若武者」の監修商品で、ローソン先行発売品です!

今日のこの時間は「PL花火芸術」に観に行ってるところではあるのですが、
記事に関してはいつものように予約投稿でアップされるようにしています!

7/24発売 麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾

鶏台湾・・・この名前は以前に一度聞いたことがありますね!
Yahoo!の「次世代ラーメン決定戦」で過去にカップ麺化されてます!

もちろん同じお店で、そのときも「特濃旨辛鶏台湾」の名前でした!
そのときも東洋水産の縦型だったので、路線はかなり近そうですね!

人気が高かったから、こうして再発売になったのかなと思いつつも、
自分としては当時はあまり印象が良くなかったのも思い出すのですよね;

「鶏台湾」という名前でありながら、台湾要素がほぼ皆無でしたからね(;゚ω゚)

それだけに「今回は大丈夫かなぁ」という不安もよぎります;

7/24発売 麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾(内容物)

具材が鶏ひき肉とニラという点でも以前に出たものと同じですね!
オレンジ色を帯びた粉末スープの色もあまり変わってないですし!

7/24発売 麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾(できあがり)

あれっ、このビジュアルは以前のものとかなり違ってますよ!

というのも、前回の「鶏台湾」は調味油が赤くなかったのですよね!
ごく普通の透明感のある油脂で、ラー油ではなかったですからね!

なので、少なくとも油脂が変わったのは間違いがないと言えます!

まずはスープですが・・・おそらくベースはほぼ同じですかね!(*゚◇゚)

比較的ライトな鶏白湯ながら、スープのとろみはやや強めです!
前回バージョンと比べてもとろみは強まっている気がしますね!

鶏白湯特有の鶏臭さをアピールするような鶏白湯ではないですが、
とろみをつけることで濃度を感じさせるという手法と言えますね!

スープの持つ鶏の風味はそれほど変わってないと思いますが、
前回は鶏油が多かったのに対し、今回は入ってないのですよね!

そうすると当然ながらスープの持つ鶏の主張が弱まってくるので、
その分をとろみによって補っているというような印象もありますね!

そしてここに調味油が加わると・・・おっ、台湾らしさが出ますね!(●・ω・)

前回はおまけ程度にちょこっとだけピリ辛感のある鶏白湯スープに、
調味油で大量の鶏油を加えるという形で構成されていたので、
スープから台湾らしさがほとんど感じられなかったのですよね;

それに対して今回はその大量の鶏油が外されて鶏の主張が少し下がり、
そこに台湾ラーメンらしいラー油が新たに加えられたことから、
鶏白湯と台湾ラーメンのバランスは明らかに大きく変化してます!

前回が鶏白湯:台湾が95:5なら、今回は5:5か6:4ぐらいですね!

なので、前回感じた「どこが台湾らしいのだろう」という疑問は、
今回加わったこのラー油のおかげでほとんどなくなりましたね!

またこのラー油はかなり強いごま油の風味も持っているのですよね!

それゆえに「出前一丁ぽさ」も少なからず感じたりしてしまいますが、
それはともかくごま油のインパクトで個性がわかりやすくなってますね!

ごま油の風味は必ずしも台湾ラーメンに必須の存在ではないですが、
鶏白湯という台湾ラーメンとしては異質なものを合わせるにあたって、
こうした鶏白湯とは違う個性を間にはさむのは効果的なのでしょうね!

またラー油が入るだけでなく、当然軽いピリ辛感も加わるので、
それもまた台湾ラーメンらしさを押し上げる効果を持っています!

それによって「鶏白湯スープをベースにした台湾ラーメン」という、
「鶏台湾」という名前から本来連想される方向に近づいてはいます!

これだったら自分としても「鶏台湾」と呼んでも違和感はないですね!

ニラを中心とした香味野菜もしっかり感じられるようになりましたし!

スープの原材料は香味油脂、チキンエキス、砂糖、食塩、豚脂、
植物油、香辛料、ゼラチン、たん白加水分解物となっています!

ここで前回の「次世代ラーメン決定戦」の原材料も載せてみます!

[次世代ラーメン決定戦のときの鶏台湾]
チキンエキス、鶏脂、砂糖、食塩、植物油、豚脂、香味油脂、
醤油、香辛料、ゼラチン、たん白加水分解物

鶏脂がハズレ、香味油脂が増えたというのが両者の違いと言えますね!
これはそのまま調味油が鶏油→ラー油になったことと重なりますね!

そして麺ですが・・・またこれは変な麺を合わせてきましたね;

お店の再現カップでここまでスナッキーな麺もないだろうと思えるほどです;
それもまた東洋水産らしいと言ってしまえば、それまでではありますが;

断面の四角い細めの油揚げ麺ですが、風味が極めてスナック的です!

単に油揚げ麺臭が強い麺というよりは、とにもかくにもスナック的で、
サクサクとした食感とともにスナッキーな風味を大きく広げます!

この麺が合わさると、もう本格派もへったくれもなくなりますね!(*゚ー゚)

なので、全体のリアル感などを求めるとコケそうになりますが、
スナック的なカップ麺だと割り切れば楽しむことはできますね!

今回のスープは繊細路線じゃないので、相性は悪くないですし!

ただ「もうちょっとマシな麺があっただろう」と言いたくもなりますが!

麺の量は80gで、カロリーは523kcalとなっています!
脂質は27.0gで、これはかなり高めの数字となってますね!

ただ油脂が植物系メインなので、体感的な重さはそれほどではないです!

具材は鶏ひき肉とニラという組み合わせになっています!

この鶏ひき肉は東洋水産の縦型ではちょくちょく使われますね!
特に麺の湯戻し時間が短いタイプの商品でよく登場します!

鶏ひき肉なので、肉らしいワイルドな風味は控えめなのですが、
逆に鶏であることで鶏白湯と台湾とつなぎ役になっていますね!

でもって、量も多いので台湾らしさも高めてくれていますね!(`・ω・´)

そしてニラですが、こちらもなかなか効果的な存在ですね!
というか、台湾ラーメンには絶対欠かせない具材ですからね!

具材として香味を広げるとともに、スープに風味を与える、
この二重の意味での役割をしっかりと果たしていましたね!

台湾要素がどこにあるのか見えなかった前回バージョンと比べると、
今回は調味油がラー油になったことで一気に台湾らしさが強まって、
ちゃんと「鶏台湾」の名前にふさわしい仕上がりになってましたね!

これなら「鶏台湾」の名前で興味を持った人にもオススメできますね!

そのかわり麺がスナッキーなのは割り切って食べるようにしましょう!(゚x/)モキキン
Source: He can eat anything but himself!