「明治エッセルスーパーカップ」に対抗??バニラ風のスーパーカップ登場!!

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン」。2018年7月30日発売の、大盛商品の大定番「スーパーカップ」シリーズの新商品です。バニラ風味のカップ麺がついに登場してしまいました。今週最大の注目商品かと思われます。

世の中の人が「スーパーカップ」と聞いて思い浮かべるものは、「アイス」と「カップ麺」に二分されるかと思います。即ち、カップアイスの定番商品「明治エッセルスーパーカップ」か、大盛カップ麺のパイオニア「スーパーカップ1.5倍」のどちらか。「明治エッセル」が「スーパーカップ」と冠し始めたのが1994年なのに対し、我らがカップ麺の「スーパーカップ」は1988年の登場で、歴史はエースコックが上回るのですが、アイスとカップ麺では商品カテゴリが異なっているので、商標的な問題は生じなかったものと思われます。そもそも「スーパーカップ」というありふれた名称での商標登録は難しいことに加え、アイスの方はあくまで「明治エッセルスーパーカップ」で「明治エッセル」の方がメインのようです。

両者とも「スーパーカップ」として知名度のある定番商品ですが、今回は先輩であるカップ麺の「スーパーカップ」が「バニラ風」という、アイスを想起させる味で登場しました。バニラ風のラーメンなんて普通は存在しないので、これは「明治エッセルスーパーカップ」に対して何らかのアクションを起こしているというか、名称が同じなのを面白がって商品化したのは間違いないところでしょう。

お菓子系カップ麺の歴史

お菓子系の味をカップ麺で使用するのは、以前に「チョコ」を使った一連の商品がありました。私の知る限り最初のカップ麺は、今はなきとかち麺工房から2010年に発売された「麺屋武蔵 味噌ガーナ」かなと思います。強いみそ味の中でチョコをうまく制御できており、なかなかおいしい一杯だったと記憶しています。その後は明星食品から「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」(2016年)、「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」(2017年)、まるか食品からは「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」(2017年)という商品が出ていましたが、いずれも斬新さはあっても味が伴っておらず、悪ふざけの印象が強い商品でした。

また、明星食品からは2016年に「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」という商品も出ていたものの、これもひどい味でした。

チョコでもショートケーキでも、今回のバニラでも、きちんとおいしいと感じられる味が伴っていなければ、それは作ってはいけない商品のように思います。遊び心と悪ふざけは別物です。食べ物で遊んではいけないと小さい頃に教えられました。その点で、真面目にチョコを入れて味の向上を図った「麺屋武蔵 味噌ガーナ」以外は、私の中であまり存在意義を認めたくない商品でした。今回の「バニラ風」は果たしてどうなのか、非常に気になるところです。ちょっとこわいです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

商品概要

品名:スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月30日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・後入れ粉末スープ)
定価:税別210円
取得価格:税込225円(ローソン)
Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ