これまで地味な印象だった「中華風」のカップ焼そば

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば」。2018年7月23日発売の、「昔ながらのソース焼そば」シリーズの新商品です。発売1週遅れですが食べてみたいと思います。

私の周辺では、発売週にどこの店にも置いておらず諦めていましたが、翌週になってドンキで見つけて購入、その後にスーパーでも見かけるようになりました。ドンキではかなりディスカウントされて売られており、初動の売れ行きが良くなくて卸値を下げたのかなと勘ぐってしまいましたが実際どうなんでしょうか。

「中華風」のカップ焼そばは今までにも「UFO」や「やき弁」、「ペヤング」などからも発売されてきましたが、ソース焼そばに比べるとどうにも地味な印象で、私なんかはあまり食指が動きません。「餃子の王将」の東日本のメニューでは焼そばの味に「ソース」と「醤油」がありますが、中華風な「醤油」よりもついつい「ソース」を選んでしまいます。王将の場合、「ソース」でも結構中華っぽくて、ちょっと高額な「極王焼そば」だとソース焼そばのイメージに近くなります。焼そばはどうしても中華のイメージよりもお祭りの屋台とかお好み焼きと同じ鉄板で調理されるソース焼そばのイメージが強いんですよね。

今まで出てきた「中華風」のカップ焼そばも総じて地味な味で、カップ麺らしくもっと極端に中華っぽくする方が面白いのになと感じたことが多かったように思います。今回の商品では、わかりやすく「中華風」を表現してくれることに期待したいです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

商品概要

品名:マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年7月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税別70円(ドン・キホーテ)
Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ