さて、今日は週に1回、毎週日曜日にしか食べられないお店のブログ。
ずっと気になっていたのですが営業時間は11:00~売り切れにて閉店。
なかなかハードルが高い高かったので、オープンしてからちょっと落ち着く頃を狙って行ってきました(‘◇’)ゞ

さぁ、そのお店がこちら~\(^o^)/

をかしやそば
(西荻窪・東京都杉並区)
2018,6,17訪問

こちらのお店は2018年2月11日にオープン、最寄り駅はJR中央総武線・西荻窪駅。
ただ、土日祝日はJR中央線は西荻窪駅には停車しませんのでご注意を~(=゚ω゚)ノ

そんな訳で私はJR総武線、黄色い電車に乗って西荻窪駅に到着。

駅南口を出たら左手、線路を横切るように走る通りをまっすぐ歩いててくてく。
杉並西荻南郵便局の辺りで程々の広さの脇道を左に入ってお店に到着。

タイミングがよかったみたいで、店前には並びなし。
まずはお店に入る前に店前にある立て看板を確認します。

やってる、やってる(*^-^*)

そうそう、こちらのお店で食べられるのは福島県のご当地ラーメン「白河らーめん」。

メニューはただ1つ自家製ラーメンのみ。
調べによるとご店主さんが1人で全てをこなしているので、1日に出せるラーメンの数は大体40杯くらいとのこと。
ちなみにお店のTwitterにて売り切れの場合などは案内がでていますのでご確認を~(=゚ω゚)ノ

さぁ、それではそろそろ入店でーす\(^o^)/
扉を開けて中に入れば目の前にはもうすぐ客席、調理スペースを囲む座席は4+2のカウンター全6席。
客席後ろは座っている人にお断りをしないとすれ違えないくらいの狭小店舗。

ご店主さんから「いらっしゃいませ、空いている席へどうぞ」と言われ、空いている席へ移動。
先に座っている人達に「すいません」と声をかけながら着席。
そして「ご注文お聞きしますので、少しお待ちください」と言われ大人しく待機している間に店内をキョロキョロ。

壁にかけられたボードには熊柄の布地、その上にはメニューがずらーり。

実はこちらのお店、普段は和菓子も食べられる「をかしや」さんという日・月曜日定休日のバー。
つまりをかしやそばさんは、その「をかしや」さんのお休みの日を利用した間借り営業のお店。
ちなみに?店主さんと他のお客さんが話していたのですが、バー「をかしや」さんを営業しているのは奥さんだそうです。

さて調理スペースも狭いこちらのお店、どうやら1度に作れるラーメンは2杯くらい。
先客さんのラーメンを作っている合間にオーダーを取ってくれます。
ちなみにこちらメニューは1つだけですが、麺量は小盛り、並盛り、大盛りの3サイズ。
お尋ねしたところ小150g→並200g→大250g、ちょっと多めに作っていますとのことでした。

では、ここは迷わず大盛りオーダー。
ご店主さんから「結構多いですけど大丈夫ですか?」と暖かいお声がけを頂きましたが…
はい、いっぱい食べたいでーす\(^o^)/

さて、それでは完成を待っている間は出してもらったお水をごくり。
その間は「をかしや」さんの広くはないけど、落ち着く空間をまったり満喫。
そして、ぱっと目に入ってきたこの言葉。

ブスも美人も死ねば土
その下の小さい文字はよく見えないけど…なんかいい事聞いた気がする…(*‘∀‘)

さぁ、いいお言葉もいただいたところで、私のラーメンが完成でーす\(^o^)/

自家製ラーメン900円
+大盛り100円

おぉ~、ふわーっと優しい醤油スープの香りがします~(*´▽`*)

ほっと落ち着く丼顔、見るからにほろりと柔らかそうなチャーシュー。

それでは、さっそくいただきまーす(*´▽`*)

まずはスープからごくり。

おぉ~、優しい~( *´艸`)♡
じんわりと優しいスープは動物系で旨味と言う甘味が体によく染みます~。
そして、醤油の濃さもちょうどよく本当にいい塩梅です(*^-^*)

さぁ、続いてとっても食べてみたかった自家製麺。
箸で持ち上げてみれば…ふふふ( *´艸`)♡見るからに好みのタイプ。

ふーふー、ぱくり、ずるずるずる~。
うんまーい(*´▽`*)♡
ピロピロとしていて、平打ちの太麺はつるりと滑らかな麺肌。
意外とコシが強く噛みしめるともちもち、啜ればシコシコとしていて美味しいです。

それではのっけものもチャーシューもいただきます。

お、これは燻製チャーシュー?(*‘∀‘)
ほろほろと柔らかなチャーシューは、いい香りと風味がしみています。

さて、その他には平べったくてシャクシャクとしたメンマ。

こういうラーメンには乗っててほしいと思う青菜。

薬味はちょっと幅のある輪切りのネギ。

これが口に入れば清涼感とシャキシャキとした食感がアクセント(*^-^*)

さぁ、終盤は唯一置いてあったテーブルコショウで味変。

ま、でも味が変わり過ぎないようにまずはレンゲの上で試食~(∀`*ゞ)エヘヘ

うん、こういうスープに粉末上のコショウって合うよね~(*´▽`*)
ご店主さんはただの(市販の)コショウですけどっていいますが、この感じ懐かしくてホッとしますね。

さて、ここから先は麺をすすり、スープをごくごく。
麺を大盛りにしたしスープは残そうかなと思いつつ、気づけば汁完。

はぁー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
ハードルは高いけど、美味しい白河らーめんお腹いっぱい食べられてよかった~。

ちなみに?調理をしていて後ろを向いていたご店主さん、空っぽになったどんぶりを見てちょっとびっくり。
でも、すぐににっこり笑顔になってお声がけしていただき、少しお話しできました。
その中で分かったことですが、こちらのラーメンバランス的にはやはり「並盛」がおススメのようです。
ま、私は食べてみたかったピロピロ自家製麺がお腹いっぱい食べられてよかったですけどね~(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年119杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

をかしやそばサンの営業情報がわかるTwitterはこちら

をかしやそばサンの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区西荻南2-24-2


おまけ?
「をかしやそば」さんでお腹いっぱい食べてご機嫌になったその後。
西荻窪に行くならば行ってみて~と友達に言われたお店にお立ち寄り~\(^o^)/

そのお店がこちら。

アイスクリーム工房
BOBOLI(ぼぼり) 西荻牧場

こちらのお店の場所は西荻窪駅南口より徒歩約2分。
ちょうど「をかしやそば」さんと西荻窪駅の間くらいにある手作りアイスクリームのお店。

そして、こちらで販売しているアイスは香料や水あめ、バターなどは一切不使用。
販売当日分だけをその都度手作り、「しぼりたて牛乳」の美味しさそのままが味わえるとのこと。
ま、実際は全然こちらのお店の事を知らなくてこの情報は後調べです(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、店内に入ると目に入ってくるのはずらーっと並べられた数種類のアイスクリーム。

おぉ~(;´∀`)色々あって迷うわー
ちなみにこちらも後調べですが、こちらのお店にシャーベットはありません。
果物フレーバーの物でもベースは牛乳だそうです。

さぁ、初心者まる出しでキョロキョロしているとお店の方からお声がけ、頼み方を教えてくれました。

まずこちらのお店のアイスクリームのサイズを選びます。
選べるサイズは3種類「お子様アイス80g¥250」「シングル(1種類)140g¥390」「ダブル(2種類)160g¥430」。
そしてサイズを選んだら、並んでいるアイスから好きなものを選ぶという感じ。

うむむー、甘い物はそこまでたくさん食べれない私。
「あの…お子様アイスは大人でも頼んでいいんですか?」とお伺いすれば「大丈夫ですよー」とあっさり返事が。

では~…甘さ控えめそうなこちらをチョイス。

ジンジャー・お子様サイズ250円
では、店内にあるベンチに座っていただきます(*^-^*)

ひとさじ掬ってぱくり。
おぉー!!(@ ̄□ ̄@ )うんまー!!
舌の上にのったアイスクリームは口の中に入れたとたんにさらりと液体に戻っていく。
牛乳の甘味とコク、そこに生姜のすっきりとした辛味のアクセントがあってすごい美味しいです。

それにこれ、アイスクリームなのにベタつかない!全然甘ったるくない!(@ ̄□ ̄@)!!

アイスを食べるとのどが渇く、だから何かを飲む。
…だったら最初からアイス食べないで何か飲んだ方がいいな~と思っていた私。

しばし牛さんの隣でこの美味しいアイスクリームを満喫しました~(*´▽`*)♡

ちなみにお店の方もとってもいい方でした。
私が「お子様アイスのサイズ感がちょうどいいです(ラーメンお腹いっぱい食べた後なので)」と言ったところ、
大人の方は恥ずかしがって「お子様アイス」を頼まない方がいますが、西荻窪駅周辺は美味しい物がいっぱいあるのでぜひ他の物を食べるためにもお子様アイスを活用して下さいねと素敵な笑顔。
そんなお店の方の物事の考え方に、それっていいな~と素直に思いました。
また、ラーメンも絡めて西荻窪に来たらBOBOLIさんにも立ち寄りたいですね(*´▽`*)♡

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

アイスクリーム工房BOBOR 西荻牧場さんのホームページはこちら

アイスクリーム工房BOBOR 西荻牧場さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都杉並区西荻南2-23-8 安田ビル 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」