北海道のコンビニ「セイコーマート」オリジナル商品のカップ焼そば

今回のカップ麺は、セコマの「山わさび 塩焼そば」。北海道のコンビニエンスストアチェーンである「セイコーマート」オリジナル商品です。このブログをご覧の多くの方にとっては手に入れることのできない商品ですが、こんな商品もあるんだと思いながら見ていただけると幸いです。

セイコーマートは北海道で1000店舗以上を展開するトップコンビニチェーン

セイコーマートは北海道に1000店舗以上の店舗を持つ北海道トップのコンビニチェーンで、北海道以外にも茨城県と埼玉県に100店舗ほどのお店があります。北海道では都市部のみならず、あまり人の住んでいない地域にも店舗を多く展開しており、道民誇りのコンビニとなっています。全国でも、セブン、ファミマ、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキに次ぐ6位の店舗数で、ほぼ北海道のみの店舗数でこれだけ上位にいるのはなかなかすごいことなのではないでしょうか。北海道は人口あたりのコンビニ店舗の数が多いことでも知られており、セイコーマートによる都市部以外への積極的な店舗展開も大きな要因になっているものと思われます。

さて今回の「山わさび塩焼そば」ですが、セイコーマートで展開されている「山わさびフェア」商品のうちのひとつで、他にもカップ塩ラーメンや、お菓子などが販売されています。その中でも今回の「山わさび塩焼そば」はインパクトがあり北海道にちょっとした話題をもたらした商品です。

「山わさび」は北海道で採れる刺激の強い白いわさび

山わさび」は主に北海道で収穫される、本州で生産される「和わさび」とは異なる品種で、北海道では山の中に入ると自生している植物です。「レフォール」、「ホースラディッシュ」とか「西洋わさび」とも呼ばれます。ローストビーフに添えられることで有名ですね。「本わさび」と書かれていない練りわさび商品にも使われていることが多いそうです。和わさびと違って白い色で、辛みの初撃が和わさびより強く、わさびの風味自体は和わさびに劣るため、これ単体ではお寿司やお刺身には向かないように思いますが、私なんかはすってしょうゆと合わせて、温かいごはんにのせて食べるのが大好きです。頭にガツンと抜ける辛さで、辛すぎて呼吸が苦しくなったりもしますが、悶絶しながら食べるのが3月あたりの私の風物詩の一つとなっています。ごはん一杯食べるだけで猛烈に体力消耗するんですけどねw

そんなわけで、今回の塩焼そばにも悶絶する辛さを望みたいところですが、さすがにそこまでは無理でしょうか。ちなみに、パッケージに製造メーカーの記載はありませんでした。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

商品概要

品名:山わさび 塩焼そば
メーカー:セコマ
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体ソース・かやく調理品)
定価:不明
取得価格:税込98円(セイコーマート)
Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ