8/6発売の明星「一平ちゃん 大盛 赤辛豚味ラーメン」を食べました!
「一平ちゃん」の汁あり系の新作はけっこうひさしぶりですね!

「一平ちゃん」の汁あり系はカレーうどんが毎年年末に出てますが、
ラーメンとなると2015年の「マヨラーメン」以来なのですよね!

「マヨラーメン」が強烈すぎて次のハードルが上がったのですかね!

8/6発売 一平ちゃん 大盛 赤辛豚味ラーメン

かつては「一平ちゃん」はラーメンも焼そばも同じぐらい有名だったのに、
最近では完全に焼そばのほうがポピュラーな存在になっていますよね!

もともとは「こってり」として一世を風靡した「一平ちゃん」ですが、
こってりの指標が変わるにつれて位置づけが難しくなったのですかね!

ある時期にそれまでのこってり路線を軌道修正したこともありましたし!

こちらの商品は夏向けにちょっとピリ辛になってるようですね!(*゚ー゚)

8/6発売 一平ちゃん 大盛 赤辛豚味ラーメン(内容物)

内容物は粉末スープ、後のせかやく、調味油となっています!
油揚げ麺の商品にしては珍しく粉末スープも後入れ仕様です!

太麺だから先に入れると麺の戻りが悪くなるのでしょうね!

8/6発売 一平ちゃん 大盛 赤辛豚味ラーメン(できあがり)

手前に見えている後入れかやくの量がずいぶんと多いですね!
このビジュアルからは強めのピリ辛の刺激が期待できそうです!

まずはベースのスープですが・・・カップ麺らしいジャンク感ですね!(●・ω・)

パッケージでは目が燃えている豚の絵が描かれてましたが、
豚骨の重厚さとか豚の個性とかはあまり感じられません!

スナック感のある澄んだ豚系の風味がベースにあって、
それが全体の下支えをしているといった存在感ですね!

むしろ前面に出てくるのはガーリックの強い風味ですね!

でもって、このガーリックが非常にスナック的なのですよね!

というのも、おろしにんにくのような鋭さはあまりないですし、
一方でフライドガーリック的な香ばしさもほぼ感じさせず、
スナック菓子のガーリックシーズニングに近いのですね!

それが全体の印象をスナック方向に向ける感じになってます!

そしてもう一つ不思議な存在感を立てているのがかつおの風味です!(*゚◇゚)

豚のベースにガーリックという組み合わせを考えると、
そこにかつおが合わさるのはちょっと変な感じですが、
なぜか旨味の増幅役としてかつおが加わるのですよね!

それによって全体の方向性がちょっと曖昧になりますが、
そうしたごった煮感がむしろカップ麺らしくもあって、
本格さとはまた違ったジャンクな旨さを感じさせます!

なんだかんだでかつおの存在もちゃんとハマってますしね!

またベースのスープの辛さはそれほど強くはないですね!

調味油としてピリ辛の油脂が入りますが辛くはないですし、
辛いものがあまり得意でない人でも普通にいけるでしょう!

スープの原材料は食塩、豚脂、ポークエキス、香辛料(ガーリック、赤唐辛子)、
たん白加水分解物、酵母粉末、香味油、酵母エキス、牛脂、香味調味料、
植物油脂、かつおぶし粉末といった組み合わせとなっています!

清湯系の豚でベースを作りつつガーリックでアクセントをつけ、
そこにかつおとごくごく軽めのピリ辛を効かせた感じですかね!

麺はそこそこ厚みのあるやや平打ち寄りの太めの油揚げ麺です!
これは「一平ちゃん」とは思えないぐらいの本格派ですね!(`・ω・´)

最近の明星は太めの油揚げ麺に非常に強みを見せるのですよね!

油揚げ麺臭が控えめで、それでいて本格的なコシを持っている、
今回もそれに近いタイプのグレードの高い麺が使われてます!

ただ困ったことに、今回のスープとはそこまでなじまないですね;

今回のスープはいかにも一平ちゃんらしい細めのスナック麺、
そのあたりのほうがスープを生かしたような気はしますね!

なので、麺の質は高いけど全体の中で少し浮いているような、
スナッキーなスープと本格感のある麺で多少ズレがあるような、
そうしたバランスになっているのはもったいなくもありますね!

「一平ちゃん」の麺をこれまでよりもグレードアップさせたい、
そういう狙いだったのかもですが、スープとの相性で見ると、
今回はこの麺は使わないほうが良かったのかもしれませんね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは489kcalとなっています!
脂質は16.8gで、麺量を考えるとずいぶんと低めですね!

実際に食べていてもむしろすっきりした味わいでしたしね!

具材はキャベツと豚・鶏そぼろという組み合わせです!
また、後のせかやくとして赤唐辛子とごまが加わります!

キャベツはごく普通で、そぼろもやや控えめの味ですが、
全体がジャンクながらもすっきりとした風味になってるので、
そぼろの肉の風味によって全体が多少底上げされてますね!

そういう意味ではそぼろの存在意義はけっこう高いですね!

そして後のせかやくはいいアクセントをつけてくれています!(=゚ω゚)

スープだけだと、ガーリックは効きつつもやや大人しいのですが、
この大量に入った後のせかやくのおかげでパンチは出ていますね!

粗挽き唐辛子は実は見た目ほど辛さは感じさせないのですが、
全体にピリ辛らしい印象を与える点では大きく貢献してますし、
またごまの香ばしさもいい方向で活躍してくれていましたね!

スープのベースはもう少しこってりでも良かった気もしますし、
ガーリックのジャンクさはありつつも意外とすっきりしてましたが、
良くも悪くもこのスナック感は「一平ちゃん」らしかったですね!

いかにもカップ麺的なジャンク感を楽しむときにはいいかもです!(゚x/)モキュキッ

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!