さて、この日の私は前日友達が食べていたラーメンが気になってモヤモヤ…(´-`).。oO
ここはひとつ忘れないうちに行ってみよう!

ってことで!行ってきたのがこちらのお店。

あさり屋
(渋谷・東京都渋谷区)
2018,6,25訪問

こちらのお店は2018年5月14日オープン。
その名の通りあさりをたっぷり使ったラーメンが食べられるお店。

お店の場所は渋谷駅ハチ公口より徒歩約6分。
井の頭通りをまっすぐ北上、「神南郵便局前」交差点を左折。
右に入れる1つ目の脇道を入り、突き当りを左、次を右とちょっと入り組んだところがお店。

1枚目の写真、大きなアサリの中にラーメンが入ったオブジェが目印です。

さてこの日は、朝連絡をくれた友達と店前で合流する約束になっていました。
友達より先にお店に着いた私はもちろん待っている間に店前のチェック。

大きいあさりのオブジェの下のランチメニューを眺めます。
お、さすが若者の街渋谷!ライス無料だ~(∀`*ゞ)エヘヘ

どれにしようかな~と思いながら、看板の横へ回ると…

これは、すごいバランスですね~(*´▽`*)♡ワラ

さて、ギラギラ太陽照りつける中、友達が到着。
暑いので早速入店~\(^o^)/

建物の半地下に位置するこちらのお店の入口。
なんだかとっても渋谷らしい?アーティスティックな扉ですね。

ちなみに目立つ場所にお店の名前が入った看板などはありません。
一応扉とこの窓ガラスの所に張り紙で「あさり屋」と書いてあります。

ま、あのでっかいあさりのオブジェを目印にすればOKですよね(*^-^*)

さて、お店の中はオレンジ色の壁にソファーセットが点在する空間。
一応、壁に向かうカウンター席も用意されていて、けっこうな集客力。

元々、メキシコ料理のお店だったらしい店内はとってもオシャレです(*´Д`)ホエ~

そして、店内壁にはでっかいあさりのオブジェ。

ちなみに後調べですが、このオブジェ開けることもできるそう。
中に入っているのはもちろんこちらのお店で食べられるあさりラーメンの1つだそうです(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、お店の方から「お好きな席へどうぞ」と声をかけられ、居心地の良さそうなソファー席へ。
こちらのお店は先オーダー後払いなので、とりあえず卓上に置いてあるメニューをチェックします。

メニューは一番デフォルトなスタイルの「あさりらーめん」、絶対合うだろうなと思われる「あさりバターらーめん」。
辛党の人向け?「あさり辛口らーめん」、ちょっと変わり種?「あさりレモンらーめん」、「あさりクラムチャウダーらーめん」。
そして、「あさりチャーシューらーめん」は盛りだくさんの1杯ですね(*‘∀‘)

ちなみに暑くなって来ていたこの日は期間限定の冷やしメニューもありました。

あさり冷やしらーめん、あさりつけ麺も美味しそうですね~(*‘∀‘)

そうそう、私達が訪問時はオープンしてほどないころ。
SNS投稿で¥300引きしてくれるサービスもやっていました。

ま、でも、どうやら今はすでに終了しているみたいです。
ブログ遅くてすいません(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、色々メニューがあって迷いますがそろそろオーダー。
お店の人に声をかけ、友達は「冷やしあさりらーめん」、私は「あさりレモンらーめん」を注文。
すると、お店の人に「+ですが、あさりレモンバターラーメンもありますよ」と言われます。

おぉ、ランチメニューとば別にラミネート加工された「あさりレモンバターラーメン」。
今日は300円割引もしてもらうつもりだし、ここは1つちょっと贅沢してそっちにしよう~(*´▽`*)

では、それで!(=゚ω゚)ノ

さぁ、無事にオーダーが済んだらセルフサービスのお水などの準備。
セルフサービスの色々は店内一番奥側、厨房と客席を挟む仕切りの手前。

プラス¥150で頼めるドリンクバー用のジュースサーバーなどもここ。

そして、お水はこれまたオシャレななウォータージャグに入ったレモン水。

ちなみに無料サービスのご飯もここに準備してあります(*^-^*)

さぁ、レモン水とごはんを持って席へ戻れば準備完了。

完成する前に、急ぎたくさん置いてある卓上調味料も確認。

グラインドのブラックペッパー、柚子胡椒チューブ、ラー油、お酢、しそふりかけ、フライドガーリック。
そして、これもフリーで使えるの~っと思った「岩のり」が結構大きな瓶に入って置いてあります。

さぁ、見るもの見たしと思ったところで私たちの所にトレイに乗ったラーメンが到着。

あさりレモンバターラーメン980円※SNS投稿で‐¥300引き
うわー( ゚Д゚)、レモンの盛り付け方がおしゃれー。

そして、山盛りのあさりの上にはまだ溶けていないバター。

むっふっふっふ(≧▽≦)、なかなかこりゃうまそう。

それでは、トレイの食べやすい位置にご飯も寄せて準備万端!

いっただきまーす\(^o^)/

まずはバターを溶かさないようにして、スープをごくり。

おぉ~、あさりがじわーっとうまい~(*´▽`*)
あさり由来の旨味みレモンのさわやかな酸味がさっぱり、うんまい!

さぁ、お次は中央に乗っているあさりを掻き分けめーん\(^o^)/

ちゅるりーん(*´ω`*)
そう言えば、後で気づいたのですが麺は細麺と極細麺が選べます。
何も言わなかった私は多分デフォルト…は細麺かな?
でも、思ったよりも太めの中細、ゆるく縮れた麺はもちもち、つるりと滑らかな食感です。

さて、ここから先はたっぷり乗っているあさりも一緒に食べ進めます。
殻付きのあさりを1粒ずつつまんでは食べ、トレイに一緒に乗せてあった殻入れのお皿へ。

手間はかかるが、これがまたいいんだよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、このラーメンこんなにあさりが乗っているそれ以外にものっけものアリ。

しっかりと旨味、味付けがされている美味しいチャーシューが1枚(*´ω`*)

ザクザク食感の穂先メンマ。

さぁ、残すところ1/3ほどになった所で岩海苔をプラス~(=゚ω゚)ノ

おっと!Σ(´∀`;)入れ過ぎたー。
瓶についていた小さいトングがうまく使えず、ちょっと瓶を傾けたらざざざーっと…。
ま、でも入れちゃったものはちゃんといただきますm(_ _)m

スープに馴染ませ、麺にからめて見た目はアレだけど~ぱくり~。

うんうん、海の仲間同士あさりと岩海苔は合いますね~(*´ω`*)

さてさて、食べ終わる頃にはすっかりバターはスープと一体になり気が付けばコクがプラス。
たっぷり乗っていたレモンスライスから染みたレモンの香り、ほんのり感じるレモンのほろ苦さも段々とアクセントに。

ところで、こんなにあるんだからレモン齧った方がいいのかな~。
ふとそう思ってレモンスライスを1枚、ぱくり…
(@ ̄□ ̄@;)!!すっぱっ!!
…うん、このレモンは齧らなくてもいいかな…(;´∀`)エヘヘ

さぁ、残すところスープだけになったら締めはやっぱりスープごはん。

ちょっと柚子胡椒を添えていただきます。

これもちょっと見た目アレなんですけど…美味しいでーす(∀`*ゞ)エヘヘ

サラサラっとスープご飯を掻き込んだら、

ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
すごいいっぱいあさりが入ってこのお値段はお得かも。

ちなみに私のラーメンに入っていたあさりの殻、こんなにたくさん。

正確な数は数えませんでしたが、少なくとも10粒以上はあったと思います(*^-^*)

ただ私の選んだレモンたっぷりのラーメンは、スープの温度が下がり易い?のかも。
殻付きのあさりを食べていると、手を拭いたりする手間もあります。
モタモタしていたら食べ終わる頃にはすっかりスープの温度が下がり切っていたような気がします。

ま、私は写真を取りながら食べているお行儀の悪い人なので…
もしかしたら普通に食べていればそんなことはないのかもしれませんけど~(;^ω^)
普通のあさりらーめんでもレモンスライスは1枚乗っているので次はそっちにしようかなと思います。

さて、それは次の課題ということで置いといて、こちらは友達が食べたラーメン。

冷やしあさりらーめん750円
こっちはさっぱり冷たいあさり塩スープに刻み梅?がとっても美味しいアクセント。
麺は冷たく締められた細麺、ぐぃんぐぃんとのど越しよし。
乗っているあさりはたっぷりですが剝き身なので、食べるときに手が汚れなくて良さそうでした(*^-^*)

さぁ、それでは食べ終わったらSNSの投稿を済ませてからお会計。
厨房と客席を隔てているレジ周りもとってもオシャレ(*‘∀‘)

そして、お支払い時にSNSの投稿写真をお店の人に見せて¥300の割引をしてもらいます。
こんなにお得に食べられて、逆にお店大丈夫なのかなーとちょっと心配になります。
ごちそうさまの挨拶をしながら、そんなことを私達が言えば、
「今は知ってもらうことが大事なんです」とお店の人は素敵な笑顔付きで答えてくれました。

そんな訳で?ちょっと甘えて店内の撮影などもお伺い。
快くOKしてもらえたので、あさりの効能もしっかりと写真撮影。

夏の終わりのお疲れ、飲んだ次の日に食べるにもあさりらーめんは良さそうですよね(*´▽`*)
ゆったりと落ち着く空間、お店の人もとってもいい感じなのでまた来たいと思います。


2018年124杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

あさり屋さんの公式Twitterはこちら

あさり屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都渋谷区神南1-17-2 DIX神南 B1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」