さて、今日は思いがけず涼しかったですが明日はまた暑いそうですね。
そろそろ夏季限定の終了案内も出始めていますので、今日は昨日食べた冷やし中華のブログもアップします。

さぁー、そんな訳で行ってきたのがこちらのお店~\(^o^)/

麺酒屋 ふるめん めんさかや ふるめん
(六本木一丁目・東京都港区)
2018,8,28訪問

こちらのお店は2016年5月、オシャレな街六本木にオープンした昼はラーメン、夜はお酒も飲める居酒屋さん?
ちなみに後調べですが、和食割烹創作料理の店、「ふるけん(西麻布)」さんの姉妹店だそうです。

お店の場所は東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約3分。
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」5番出口より徒歩4分ほど。
この日の私は以前、ふるめんさんに行ったことのある友達と「六本木一丁目駅」で待ち合わせ。
友達に連れて行ってもらっちゃいました~(∀`*ゞ)エヘヘ

ま、六本木駅一丁目駅からの行き方としては駅から直結している「六本木ティーキューブビル」を抜けて外へ。
「六本木通り」に出たら、左方向「六本木方面」へ向かって歩けば到着です。

さぁー、到着したのはお昼のピークタイムのちょうど中盤。
外からはどれくらい店内が混んでいるのかはわかりませんが、とりあえず店前をチェック。

ほぉ~(*‘∀‘)、14時から食べられるレバニラ定食もあるのか~。

ま、でも、もちろん私の目的は麺メニュー。
しかも、初訪問ですが狙いは夏季限定の冷やし中華。
実は食べている人の写真を見て、とっても美味しそうだったので気になっていたんですよね~(*´▽`*)
ちなみに同行の友達に話したら、友達も食べたいと言うことで一緒に訪問することになりました。

さぁ、それでは気が済んだところで入店でーす\(^o^)/

引き戸をカラカラと開けて中に入れば「いらっしゃいませー」と奥からお声がけ。
入口付近から客席はよく見えませんが、まずは入口すぐ右手に設置されている券売機へ向かいます。

こちらの基本メニューは「煮干し醤油」「醤油ラーメン」「塩ラーメン」「担々麺」「つけ麺」。
「煮干し醤油」「醤油ラーメン」にはデフォルト以外にトッピングの追加されたメニューボタン有り。
「塩ラーメン」と「担々麺」は単品ボタンしかありませんが、食べたい人はトッピングボタンで追加すればOKですね(*^-^*)

さて、券売機の付近には案内の張り紙。

上の紙はつけ麺の麺が選べるようになったことが書かれていて、下の紙には使われている食材の案内。

お、麺以外のメニューでカレーもあるんだ~(*‘∀‘)

肉はうまいが味はいたって普通のカレーと書いてありますが、もちろん?タコさんウインナー付き。
このお店の夜のメニューにタコさんウィンナーがあるんですかね~、ちょっと惹かれます~(*‘ω‘ *)
ちなみにハーフサイズ¥300もあるみたいです。

ま、でも今日の私はコレ、冷やし中華!

カレーはいたって普通のカレーですが、こちらは「普通の冷やし中華が食べたい」人はご遠慮下さいとのこと。
ふっふっふっふ、とっても楽しみ~( *´艸`)♡

さぁ、それでは当初の予定通りの食券購入~\(^o^)/

お店の方の人数確認に答えれば、席が空くまで少しお待ち下さいとのこと。
券売機横にある中待ち用のイスに座ってしばし待機。

ちなみにこちらのお店の造りは、夜の居酒屋営業もあるからなのかちょっと不思議な空間。
中央から右手側のテーブル席は少し囲うような壁があって個室風?
2人掛けのテーブル席をくっつけた4人掛けテーブル席2卓、角に設置した3人座れるテーブル席が1つ。
そして、中央より左手側はゆったりとしたストレートのローカウンター席が6名分。
カウンター席の前は簡単な調理スペース、カウンター奥の方にはガラス張りのメインの厨房があります。

それにしてもさすがオシャレな街、六本木。

店内の照明は暖かい暖色系、壁は木彫り?のデザインがとってもカッコイイ。
全体的に白と木を使ってあり、明るくて清潔感があってとっても綺麗。

あ、サントリーの「樽生名人」がいるらしいぞ!(*‘∀‘)

思わず昼からちょっと飲みたい気持ちになりましたが、見返した券売機にビールのボタンはなし。
名人がいるのは夜営業だけなんでしょうかね~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、待っている間に食券の受け取り、ここで冷やし中華は太麺と細麺のどちらがいいか聞かれます。
細麺の冷やし中華はよくあるので、私も友達もここは太麺をチョイスしました。

それから待つこと少し、カウンター席へ横並びで着席。
そして、席に着けばお水の入った綺麗なデザインの陶器製グラス?と冷たい布おしぼりが出てきました。

暑かったから冷たいおしぼり嬉しいわー( ̄▽ ̄)
しかも、飲んだお水はさっぱりとした冷たいレモン水でとっても美味しい~(*´▽`*)♡
なんとも至れり尽くせりなお店ですね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは待っている間に周りをチェック。
お水のお代わりは見るからに冷え冷えのアルミ製ヤカンの中。

卓上調味料は黒七味。

そして、壺の中に入っているのは冷やし中華専用の味変アイテム。

右側の壺の中身は「濃厚ごまだれ」。

左側は「かなり辛いのでご注意ください」との案内付きの「高菜老油」。

さて、しばし待つこと麺が到着する前にまずは別皿の具が登場。

おぉぉ~(*‘∀‘)、なんかテンション上がる~♡

乗せられているのは左から味玉。

その隣はトマト煮込み…かな?

そして、見るからにしっとりとしたピンク色のチャーシュー。

きゅうりは螺旋状にカットされていてとってもオシャレ。
メンマは3つめと4つめ皿を渡すように乗せられた穂先メンマ。

1番右側の位置には、冷やし中華に乗って居たら嬉しい中華くらげ。

そして、メインのめーん登場~\(^o^)/♡

冷やし中華(太麺)950円
いやー、めっちゃ綺麗~(≧▽≦)♡♡♡

崩すのもったいなけれど、いただきまーす\(^o^)/

まずは具材は乗せずにそのままめーん(≧▽≦)

平打ちでハリのある麺に、酸っぱすぎない醤油系の冷やし中華タレ。
いい感じに岩海苔、大葉の風味が口に入って爽やか夏らしくて美味しい~( *´艸`)

しかも、コレがまたいいね~(*‘ω‘ *)♡

黄、緑、赤と彩り鮮やかな角切りの具材は色々なお漬物。
赤い柴漬け、ちょっとお酒の効いた奈良漬けが口の中に入ってくるととってもいいアクセントになっています。
冷やし中華に漬物って合うねー!(≧▽≦)♡

さぁ、ここからはちょっと頑張って具材を綺麗に盛り付け~(*‘∀‘)♡

ど、どんなもんかいな~?
私の美的センスではこれが限界ですね…(*´Д`)ハァハァ

さて、乗っけるものものっけた所でいただきます(再)。
まずは目立ってるチャーシューをぱくり。

お、しっとり、ほのかに塩気が付いていてうんまい(*´▽`*)
あったかいラーメンの方も食べに来たいな~。

そして、目を惹いていていたトマト煮込み?もぱくり。

あっ!うんまい!!(≧▽≦)
これはラタトゥイユ?カポナータ?
ナス?ズッキーニ?どっちがどっちかよくわからないけどトマト煮込みにぴったりの野菜とお肉。
程よい酸味がこの冷やし中華のワンアイテムとして、とってもよく合います。

さぁ、他の具材も楽しみながら再びのめーん!\(^o^)/

そして、濃厚ごまだれで味変。

ゴマのいい香りと甘味が美味しい。
ごまだれの冷やし中華も楽しめる欲張りな味変アイテムですね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、もう1つの味変アイテム高菜老油も使ってみます。

付属されていたミニレードルで掬って、えーい!

ちょぴ( ・∇・)

辛味が付いた部分をパクリと食べたら…
か!か!辛いっ!!(≧◇≦)
同行の友達は結構辛い物大丈夫なのですが、その友達からも使う前に「結構辛いよ」との注意あり。
辛い以前に痛みもちょっと感じる位辛かったので…すいません。
この後、この辛味の上にごまだれをかけて緩和させていただきました(*- -)(*_ _)ペコリ

さぁー、取っておいてよかったよのお助けアイテム味玉。

ぱかー!、と割れば綺麗な半熟。

味も甘くて美味しいお出汁がしっかりと染みていて美味しかったです(*´▽`*)

さぁさぁ、麺と一緒に散りばめられたお漬物なども綺麗に拾って口の中へ。
メンマは意外としっかりとメンマ臭のある懐かしいタイプ、コリコリとしている中華くらげのは食感が楽しい。

そんなこんなで夢中になって食べていたら、気が付けば麺と具材はすっかりなくなってしまいました。
この酢醤油のタレが美味しいから舐めなめしたい~
…が、平皿なので絶対こぼすと思うので、ザンネンですがこの辺で終了です( ̄▽ ̄)エヘヘ

はぁー、ごちそうさまでした~(*≧∀≦*)
最初出て来た時ちょっと少ないかな~と思いましたが、これが意外とボリュームあっていい満腹感。
あまり「冷やし中華」は食べない方なんですけど、これは野菜もたくさん食べられてヘルシーでいいですね~。

食べてみたかったふるめんさんの冷やし中華は目にも楽しい1杯。
基本はすごくベーシックな酢醤油タイプですが、色々アレンジできて美味し楽しかった~。
気になって食べに来て本当に良かったと思います(*^-^*)♡


2018年170杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺酒屋 ふるめんさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都港区六本木3-4-31 六本木レジデンシーズ 1F


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」