8/27発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 ジャンバラヤ味」を食べました!
アメリカ南部の料理である「ジャンバラヤ」を再現したカップ焼そばですね!

8/27発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 ジャンバラヤ味

「ジャンバラヤ」って、料理の名前の知名度はそこそこ高いのですが、
どういった味なのかがあまり知られていない料理でもありますよね!

それゆえかカップ麺として登場することもほとんどないですしね!(=゚ω゚)

過去には東洋水産の「世界のグル麺」でカップ焼そばなっていて、
日清のご飯系ブランド「Go Fan」でも登場したことがありますね!

ただ「Go Fan」のトマト+チリというややメキシコ的な風味に対して、
「世界のグル麺」はトマト感がなくスパイシーな味ではありつつも、
醤油が使われていたりと実際の味が見えにくい内容だったのですよね;

トマトに関しては使うレシピと使わないレシピの両方があるので、
このあたりが分かれてしまうのは仕方ないところではあるのですが!

8/27発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 ジャンバラヤ味(内容物)

内容物は液体ソース、ふりかけ、チリペーストとなっています!

「一平ちゃん 夜店の焼そば」というとマヨネーズが看板ですが、
今回はこのシリーズとしてはかなり珍しくマヨが入っていません!

そのかわり「ホットチリペースト」が入るスタイルになってます!
マヨ以外のものが入るのは「チョコソース」のとき以来ですね!

それゆえに「一平ちゃん」としては極めて例外的なのは間違いないです!

8/27発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 ジャンバラヤ味(できあがり)

見た目はややさみしげですが、味はけっこうにぎやかそうですね!

まずはベースの味ですが・・・なかなか複合的な味わいですね!(●・ω・)

トマト+チリというわかりやすさがあった「Go Fan」とも違い、
カレーにも通じるスパイス感を立てた「世界のグル麺」とも違う、
たしかにアメリカっぽさのあるワイルドで複雑さのある味です!

ポイントを挙げるなら甘さ・トマト・動物系・スパイシーの4つですね!

それでいてこの4つのどれかだけが目立っているわけではないので、
そのあたりの複合的な風味が特徴になっていると言えるでしょう!

トマトと甘さが重なることで少しケチャップぽさもありはしますが、
それでもケチャップ味だと思わせるほどの主張ではないですね!

ベースにトマトがそれなりにあって、甘みもそこそこ強めに効いている、
あくまでその2つの味が重なっているといった範囲にとどまっています!

そしてそこに豚や牛などの動物系が加わることで厚みが出てますが、
ここにソーセージを思わせる燻製感が少しあるのも個性的ですね!

このあたりの風味に南部アメリカらしさを感じることができます!

それでいて燻製の風味がきつく感じるほどではないですね!
やはりいろんな味が重なりつつも極端にどれかが勝ちはしません!

まだこの段階ではスパイス感はありつつも、けっこう控えめですね!

ここに後入れスパイスが加わると・・・一気にスパイシーになります!(`・ω・´)

ベースのソースだけだと、味がある程度は完成していながらも、
「何かパーツが足りない」といった印象も同時にあったのですが、
それがこの後入れスパイスが入ることで一気に解消されます!

甘さ・トマト・動物系・スパイシーの4つのバランスも大きく変わり、
甘さなどが立っていたところからスパイスの比重が高まることで、
まったりとした味からキレのある味へと全体の印象が変わります!

またスパイシーでありながらカレーとは明らかに違うのですよね!

「世界のグル麺」ではスパイス感がカレーと近かったのですが、
きちんとカレーとは違うスパイス感が出ていたのは好印象でした!

そしてチリペーストですが・・・これはほぼタバスコに近いです!(*゚◇゚)
粘度をやや高めてとろりとさせたタバスコといった感じです!

酸味と唐辛子系の辛味、おおむねこの2つの味と言っていいですね!

なので、後入れスパイスはベースである4つの味を維持しながら、
そのバランスをスパイシー寄りに変えるという効果でしたが、
このペーストはそこに新たに酸味という要素を加えてきます!

そしてそれと同時に辛さ/スパイス感を強める感じですね!
辛さに関しては全部が合わさってやっとピリ辛になるレベルです!

ソースとチリペーストだけだと、酸味が前面に出すぎるので、
全体のバランスがちょっと崩れてしまうようにも思うのですが、
ペーストと麺全体をきれいにまぜるとちょうどよくなりますね!

なので、最初はソースに後入れスパイスだけを絡めて食べながら、
途中でチリペーストを投入してある程度きっちりまぜたうえで、
そこにまた後入れスパイスをかけて食べるのがちょうどいいです!

ソース+チリペーストだけだとちょっとバランスが悪いのですが、
ソース+スパイスや3つとも合わさった味はなかなかでしたからね!

特に3つが噛み合った後半の味はいい強さを見せてくれましたね!

でもって、「Go Fan」や「世界のグル麺」で味わったときに比べて、
「ジャンバラヤってこういう味なんだな」というのが伝わりましたね!

それこそがこの商品の最も優れたポイントと言えるかもしれません!

ソースの原材料は糖類、豚脂、食塩、しょうゆ、植物油脂、香辛料、
ソース、トマトケチャップ、トマトペースト、ローストオニオンペースト、
たん白加水分解物、香味油、ビーフエキス、牛脂、香味調味料です!

甘さ、トマト、動物系、香辛料がそれぞれ加わっていますね!
ローストオニオンによって甘さに深みも出しているのでしょう!

チリペーストの原材料は香辛料、糖類、食塩、豚脂となっています!
明らかに酸味が強いのですが、お酢は特に含まれていないのですね!

スパイスの原材料は香辛料、アオサ、カレー粉となっています!

様々なスパイスにアオサとカレー粉でバランスを調整した感じですね!
アオサは意外性がありますが、蛇足的な印象はほとんどなかったです!

麺は最近の「一平ちゃん」がときどき使うもっちりした太めの油揚げ麺です!

「一平ちゃん」というとオーソドックスな中細麺の印象が強いですが、
このところはちょくちょく太めの麺を使うこともあるのですよね!

太めの麺になるとそれだけ主張が強くなるので扱いが難しいのですが、
この麺は油揚げ麺の風味はそこまで強くない一方で食感がいいので、
かなり汎用性の高いタイプの汁なし向け太麺となっているのですよね!

むしろ今回は細麺だと麺がソースに負けてしまったでしょうし、
太麺を起用したことが全体的にプラスの効果を与えてますね!(*゚ー゚)

麺の量は大盛の130gで、カロリーは684kcalとなっています!
脂質は25.6gで、大盛系焼そばとしてはそれほど高くないです!

具材は「一平ちゃん」らしくキャベツのみとなっています!

キャベツだけという点を見るとどうしてもさみしく感じますが、
今回はチリペーストやスパイスで味をいろいろ変えられるので、
食べていて退屈させられるようなところは全くなかったです!

最初にいきなりチリペーストとスパイスを入れてまぜてしまうと、
最後までずっと同じ味になるので具のさみしさを感じるかもですが、
味を途中で調整しながら食べると飽きることなく食べられますね!

ワイルドさもありながら、カレーとはまた違ったスパイス感もあり、
チリペーストも重なることで甘さ・スパイス・酸味が一体となって、
独自の味わいをきちっと生み出せていたのはなかなか良かったです!

そして「たしかにこれはご飯に合う味だ」とも思えましたしね!
お米を使った料理がベースであることがわかる味わいでしたね!

ジャンバラヤのおいしさをしっかりと感じられる焼そばでした!(゚x/)モキンッ

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!