さて、なんだか今週は慌ただしくてあっという間に1週間が経ったって感じです。
今日は先週の金曜日、久々に同僚たちと行ってきたラ部活のブログ。
終了の案内は出ていませんが、一応「季節の限定」という名前も付いているのでお先にブログをアップします\(^o^)/
fc2blog_201809062047439ce.jpg

さぁ、そんな訳で行ってきたのがこちらのお店!

麺処 ほん田
(東十条・東京都北区)
2018,8,31訪問

こちらのお店は言わずもがなの人気店。
お店の場所は東十条駅南口より徒歩約5分。
東十条駅南口より長く続くくだり坂を下り、「北区保健所」交差点を右に曲がった少し先。

お店に向かう直前にゲリラ豪雨に見舞われた私達は少し雨が弱くなるのを待ってお店へ。
このゲリラ豪雨で並びは少ないかな~と思いきや、さすがの人気店にはそんなことは無関係。
ちょうど雨が止んだ頃、19時過ぎの店前はざっと数えたところ14人ほどの人が待っていました。

ま、でも、こちらのお店は回転がいいので大丈夫~\(^o^)/

さて、麺処ほん田さんは食券を購入してから並ぶシステム。
とりあえず店前のメニューの写真を1枚パシャリ。

券売機前はあまり広くないので、1人ずつ食券購入のために中に入ることにしました。

カラリと引き戸を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
その声に軽く会釈を返してから券売機へ向かいます。

写真のピンとが合う前に撮ったので、ちょっとブレちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

アップにしても分かりづらいのでちょっと解説
券売機左側の方に配置されているのは「あっさり」メニューの「手もみ中華蕎麦」。
上に配置されている赤いボタンは「醤油」、下の水色のボタンは「塩」。

券売機中央より右側は上下に分かれて「濃厚豚骨魚介ラーメン」と「濃厚豚骨魚介つけ麺」。
写真だとちょっと分かりづらいですが、色は黄色とそれより薄いクリーム色に色分けされています。

さぁ、そして今日のお目当て「季節の限定」は上から5段目の横一列。
お金を入れたらずら~と並ぶ季節の限定の中から、唯一売切れの赤ランプが点灯していないボタンをポチリ。

さぁー、食券を購入したら外で待っている同僚と交代でーす\(^o^)/

さて、そんなこんなで無事に食券を購入したら列の最後尾へ。
待っている間はもちろんラーメンの話などなど。
ちなみに余談ですが、実は今回の季節の限定は始まった頃からみんなで食べに行こうと言っていたんですよね。
なかなか全員のタイミングが合わなくて気が付いたら8月末、否が応でもワクワクが止まりません!(≧▽≦)

さぁ、ほどなく入店する頃合いで、スタッフさんが食券の受け取り。
この時点で醤油が塩か聞かれた私は昼に醤油のラーメンを食べていたので塩をチョイス。
同僚2人は今日の気分に沿って醤油でのオーダー。

そして、ほどなく店内へご案内~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
席に着けばすぐに出てくる水の入ったグラスを自分の手前へ。

こちらのお店の客席はちょっと変形タイプのL字ハイカウンター9席。
ちなみに?座った席が前回部活で来た時と同じで思わずほっこりしてしまう私達なのでした(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、席についてほっと一息したらおしゃべり再開。
…なんですが!とってもいい席に座った私達、目の前では麺を手揉みしてる店主の本田さん。
私達3人の目線はおしゃべりしならがらも、そっちに思わず夢中です(ΦωΦ)フフフ…

ま、でも、季節の限定は手揉み麺ではありませんのでそれは別のお客さんのもの。
先客さん達のラーメンが着々と完成、そしてついに私達の限定も完成で~す\(^o^)/

【四季の限定】
濃厚昆布水のつけ麺(塩)1000円
+味玉100円

「(器が)熱いのでお気を付けください」と言われて出てきたつけ汁。

黄金色のスープにキラキラと光る油、色紙切りのネギと青菜の彩りが綺麗。

そして、対照的に麺鉢はひんやり。

昆布水に浸った麺の美しい流線形は、見えているだけでにんまりしてしまいます(*^-^*)

さぁ、それでは早速いただきます!\(^o^)/

まずは麺だけぱくり、ちゅるりーん。

うわー(≧▽≦)♡うんまーい!!
昆布水をまとった中太ストレート麺は冷たく〆てありコシがあって食べ応えもバツグン。
まだつけ汁には付けていないのに、ほんのり塩気もあってこのままで十分に味わえてしまう美味しさです。

ちなみに?ほぼ同時に食べた同僚2人からも同じような溜め息。
食べている間はあんまりお互いしゃべったりしない私達ですが、ここは思わず目線を交わしてしまいます(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー、続いてつけ汁の中へ…おっとっと…。
昆布水に浸ったちゅるちゅる麺はいつものようにはいきません。
レンゲの助けも借りてどぼーん、ちゅるりーん。

わ、うんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
昆布水だけで麺を食べた後のひとくち目はちょっと塩分濃度を強く感じます。
でも、さっきまでなかった鶏の旨味やオイル感、ほどよく付いてくる甘塩のつけ汁がまた美味しい(≧▽≦)

ちなみに?ご存知の方もいらっしゃると思いますが昆布水つけ麺の魅力は何と言っても味の変化。
食べ進めるうちに麺についてきた昆布水がつけ汁に塩分濃度が下がります。
でも、昆布水の旨味が加えられていくので、旨味に厚みが出るですよね~(*´▽`*)

その変化を考えるとワクワクしますが、変化前のつけ汁もとりあえず味見。

うーん、キリっと効いた塩ダレが甘しょっぱうめー(≧▽≦)♡
アツアツのつけ汁の全面には鶏の旨味、そしてそれを支える魚介系の旨味も感じますね。

さて、つけ汁の中にはチャーシューが2種類×各2枚。

豚バラチャーシューの方は、噛むとむっちりとした食感。
脂身の甘さ、肉全体に燻製?の様ないい香りと風味が付いてい…
( *´艸`)むふー、たまらーん♡
ちなみに後調べですが、これは吊るし焼きのチャーシューなんですって。
作り方は分かりませんが、もう聞くだけでとっても美味しそうですよね(∀`*ゞ)エヘヘ

そして、もう1つのチャーシューはこんな感じ。

柔らかいけどきちんとした食感、吸い付くような肉質。
噛めば舌に肉の旨味が広がって、脂身が少ない分さっぱりといただけてこちらも美味!(*´▽`*)

その他には中細、コリコリとした食感が小気味いいメンマ。

もきゅもきゅとした食感が気持ちいい白ネギ。
そして、スープを吸った青菜はこれまたひと味違って美味しいんですよねー(*‘∀‘)

味玉はほどよい半熟具合がよくわかる切ってあるタイプ。

これが、お出汁が白身にも黄身にもしっかりと染みていて甘うまーい(≧▽≦)

さぁ、そして最後はいつも食べ時を見極められない海苔。

夢中になって麺や具を食べていたらこれだけが残ってしまいました。
つけ汁にひたひたにしてからぱくりと食べました( ̄▽ ̄)ハハハ

さて、最後はつけ麺と言えばの「スープ割り」。

通常?昆布水に浸った麺が主役のつけ麺は残った昆布水でスープ割りをするのが一般的です。

ま、でも、その前に昆布水だけで飲んでみよう、ごくり。

これやっぱりこのままで美味しい〜(*´▽`*)♡

でもでも、このままではスープ割りが出来なくなってしまいます。
ここはそのまま飲むのを踏みとどまって、スープ割り。
そして、全然使っていなかったので卓上調味料の一味唐辛子で味変。

そして、ごくり。

ふわ〜(*´∇`*)~♡
すっかり昆布水でまろやかになった塩味のスープはとろ~り滑らか。
一味唐辛子のちょっとピリっとする辛味のアクセントもとてもよく合います。

昆布水は繊維が多いので飲みすぎるとアレなんですが、飲みやすい温感で思わずごくごく。
気が付けば汁完してましたー(*´σー`)エヘヘ

ごちそうさまでした〜(*´▽`*)
何度も抜け駆けしちゃおうかな~と思っていたけど、みんなで食べるとやっぱり楽しいね。
ま、以前抜け駆けした時にバチが当たった?(定休日に訪問)ので今回はぐっとガマンしてました~( ̄▽ ̄)エヘヘ

ちなみに同僚2人が食べた醤油味の方はこんな感じ。

四季の限定
濃厚昆布水のつけ麺(醤油)1000円

麺は同じなので、つけ汁だけ借りて味見させてもらいましたよ。

どゅる~ん!!\(^o^)/
塩のつけ汁のストレートな旨味に比べると、こちらは醤油独特の甘味とコクがあってこれまたうまい。
これは時間があったら醤油の方も独り占めで食べに来たいなーと思いました。

で、気になるのはこの限定がいつまで食べれるのかと言うこと。
タイミングがあったので本田さんに「9月までですか?」とお伺いしたところまだ終了期限は未定のようです。
結構人気があるのでもしかしたらレギュラー入りするかも?
ま、でも、とりあえず早めの対処がいいかもしれませんね!(=゚ω゚)ノマタイカナキャー

fc2blog_20180906204805845.jpg

2018年173杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺処 ほん田さんの営業状況などがわかるTwitterはこちら

麺処ほん田さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区東十条1-22-6

味玉手揉み中華蕎麦 塩を食べた時のブログはこちら
味玉手揉み中華蕎麦 醤油を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら
Source: 「らーめんになりたい!」