にゃんこがうちの家にやってきたから14年になりました!

いやぁ、気付いたらもうにゃんこも14歳になってたのですね;
13歳のイメージが強かったので「あれっ」と思ってしまいました!

14年前のこの日に生後1ヶ月ぐらいのこのにゃんこさんが
ドブの中に落ちてしまっていたのを保護して連れ帰りました!

その日はあと数時間後に台風がやってくる状況だったので、
そのときに助けてあげなかったら確実に死んでいたのですよね;

というか、助けた時点ですでに雨が降り始めてましたからね;
2・3時間後にはドブが増水していたことはもう確実でした;

その日の夜にたまたま散歩に行ったことで、この出会いが生まれました!(*゚ー゚)

連れてきてから1週間ぐらいのことは今もはっきりおぼえていますね!

人間に慣れていないので、最初はずっと部屋の隅に隠れていたのですが、
3日ほど経ったら自分にだけは引っついてくるようになったのですよね!

今ではもう完全にこの家のお姫様としてふんぞり返っていますが!笑

自分に対して甘えまくるというのは昔から全く変わってませんが、
それと同時にたくさん命令されまくってこき使われてもいます!

何でも言うことを聞くうちに、完全にしもべにされていますね!

ちなみに今は自分のひざの上で気持ち良さそうにぐっすり寝ています!

昨年は闘病中だったことでこの記念記事もちょっと暗かったのですよね(;゚ω゚)

暗いというよりは、病気のことで自分の頭が一杯になってる感じでしたが!

歯周病がひどくなって、歯茎のあたりで増えてしまった細菌が、
鼻にまで進出してくしゃみが止まらなくなるという症状でした;

それに対応するための抜歯手術をしたのが昨年の9月1日で、
昨年のこの日は症状が治まるのをじっと待ってる状態でした!

9月8日の時点ではそれなりに症状も治まりつつありましたが、
やはり完全に治るまではこちらの不安は残ってしまいますしね!

その後は順調に治っていき、再び平和な日が訪れてくれました!

なので、昨年に比べれば今年は遥かに気持ちが穏やかではありますね!

今年も8月初旬頃にちょっとしたトラブルがありはしたのですけども!

爪とぎが上手くいっておらず、右手の爪が厚くなって伸びすぎ、
その伸びた爪が自分の肉球に刺さってしまっていたのですよね;

これは爪とぎの回数が減る年を取った猫によく起きるそうです!

そんなことが起きるなんて自分は全く知らなかっただけに、
出血に気付いて右手を確認したときにはびっくりしましたね;

「なんだこの異様に分厚くなって伸びすぎた爪は」と思いましたし;

ただそれは病院で爪を切ってもらって抗生物質を飲めば治りますし、
1週間ほどカラーをつけることになったのは少々かわいそうでしたが、
今は肉球もすっかりきれいになって、全く問題なく過ごしています!

爪とぎはいつでもできるよう家の中に3つ設置してはいるのですが、
昨年は交換をあまりきちんとできていなかったところがあったので、
これからはいつでもしっかりととげるようにしてあげたいですね!

また、ときどきは爪の状態も確認してあげないといけませんね!
「分厚くなりすぎてる」と思ったら病院で切ってもらえばいいわけですし!(*゚◇゚)

昨年とは違って、おおむね平和に迎えられた今年ではありますが、
やはり年を取ってくると少しずつ何らかの問題は出るのですよね;

ちょっと毛が薄くなってきている箇所が増えてきていますしね;

ストレスが原因で体を舐めすぎて毛が薄くなることはありますが、
今はおそらくそうしたストレスを感じる状況ではないですので、
このあたりも年齢から来る何らかの影響ではあるのでしょうね!

ただ皮膚に傷がついたりはしていないので大丈夫なようですが!

それにしても14歳という年齢には「年を取ったなぁ」と感じますね!

仮に21歳までというかなりの長生きをすると仮定したとしても、
14歳はそのうちの2/3を過ごしたということになるわけですからね!

そうすると、長く見ても残りはもう1/3になるのですよね;
終わりが少しずつ近づいてきているのはやはりさみしいですね(´・ω・)

この子が10歳を迎えたときに「もう折り返し地点ぐらいまで来たから、
これからは後悔しないようにもっともっと優しくしよう」と思いましたが、
そこからもう4年も経って、残り1/3の地点まで来たわけですからね;

そして来年15歳になると、20歳までの3/4に到達することになるのですよね;

頑張って元気に暮らしてくれていることを喜ぶべきなのですが、
どうしてもこういうときは残りの日々のことを考えてしまいますね;

実際に今はまだまだこうしてかわいく甘えてくれているわけですし!

ただいつかお別れの日が来るとしたら、できることならその日まで
慢性的な病気を抱えることなく元気に老いていってほしいですね!

もし慢性的な病気を抱えたら、たぶん自分の気持ちがもたないですからね;

昨年の比較的軽い鼻の病気ですら、頭の中が不安で一杯になったので、
病気のこの子を抱えて気持ちを保てそうな気が全くしないのですよね;

愛情が深くなりすぎて、すぐに強い不安を抱えてしまいますからね;

それにしても今年は昨年と違って元気に過ごしてくれているのだから、
文章も元気にいこうと考えていたのに、何とも内向きになってますね;

そういえば血液検査に関しては年々数値が改善してるのですよね!

昨年までは肝臓の数値にちょっとだけ問題があったのですが、
今年は完全に正常値に戻るなどいい流れも多く見られます!(●・ω・)

なので、全体としては「この調子で」というところなので、
これからもにゃんこをしっかりとケアしてあげたいですね!

にゃんこ14周年!(美人なお姫様)

さて、ここからは最近撮ったにゃんこの写真を公開していきます!
やはりせっかくの記念記事は楽しく書いていかないとですしね!

何だか自撮りしてる女の人みたいな表情になっていますね!笑

ちょっとだけ顔を傾けて、つぶらな目がきれいに映えてますね!
この写真はかわいいというよりは、美人さんという雰囲気ですね!(`・ω・´)

このにゃんこさんは写真を撮られるのがあまり好きでないので、
毎年この記事を書くのを意識し始める8月後半ぐらいになると、
チャンスをうかがって写真をたくさん撮って選んでいます!

動物はどうしても自分の意思で動くので撮影が難しいのですよね;
好きに撮影できるカップ麺とは撮る難しさは全く違いますね!

にゃんこ14周年!(ころんとしたお姫様)

なでていると、ときどきこんなふうにコロンとなるのですよね!
そしてシュッと猫パンチを出してきて遊ぼうとしてきます!

この表情はいかにも遊びたくてやんちゃになってるものですね!

爪が伸びているときはこの体勢になるとパンチを食らわないよう
警戒が必要ですが、今は爪が短いのであまり危険性はないです!

年は取りましたが、やんちゃな性格と甘えん坊は変わらないですね!
さすがに若かった頃に比べるとあまりバタバタはしないですが!

とにかく暇があったら今も自分について回ってますしね!

にゃんこ14周年!(おねむなお姫様)

これは寝ていたところにお邪魔して写真を撮ったものですね!
なので、心なしかちょっと眠そうな表情に見えますね!

数年前は寝ているときの写真を撮ることが多かったですが、
そういえば今年は例年ほど寝ている場面を見てませんね!

どうも自分が起きるとこの子も一緒に起きるようなのですかね!
それだけ自分の行動をこの子が監視してるわけでもありますが!

とにかく自分が帰宅したときや、2階から降りようとしたときなど、
自分の動きを察知する能力にはものすごく長けていますからね!

2階から降りようとすると、1階にいるときは階段の下にちゃんと来ていて、
2階の向かいの部屋にいるときは同じタイミングで出てきて一緒に降りる、
そして帰宅するときちっと玄関のところまで来て待っていますからね!

その後は「こっちに来なさい」という目をしながら鳴かれて、
リビングへと連れて行かれていつものなでろ命令が下ります!

そんないつもの生活もしっかりと大事にしていかないとですね!
そうした当たり前の日々がかけがえのないものになりますからね!

これからもまだまだ長くこの子と楽しく暮らしてまいります!(゚x/)モキュキッ
Source: He can eat anything but himself!