9/3発売のエースコック
「スーパーカップ1.5倍 バーミヤン監修 刺激のコク旨麻婆麺」
を食べました!

中華料理レストランの「バーミヤン」とのコラボ商品です!

9/3発売 スーパーカップ1.5倍 バーミヤン監修 刺激のコク旨麻婆麺

「バーミヤン」とのコラボというだけでもなかなか興味深いですが、
お店のほうでもこれとほぼ同名のメニューが9/6から販売されています!

こうした双方向のコラボというのはけっこう珍しいですよね!(*゚ー゚)

「麻婆麺」という路線自体はオーソドックスではありますが、
「バーミヤン」らしさがどう表現されてるかがポイントですね!

と言っても、自分は「バーミヤン」に行ったことがないですが;

9/3発売 スーパーカップ1.5倍 バーミヤン監修 刺激のコク旨麻婆麺(内容物)

内容物はかやく入り粉末スープと液体スープとなっています!
かやく入り粉末スープだと具材への期待は少々難しそうですね!

9/3発売 スーパーカップ1.5倍 バーミヤン監修 刺激のコク旨麻婆麺(できあがり)

とろみもけっこう強めで、なかなか本格感を感じる見た目ですね!

まずはスープですが・・・おっ、これは思っていたよりも本格派ですね!(●・ω・)

「バーミヤン」が大衆中華料理レストランということもあって、
日本人に受け入れられやすいタイプの日本風麻婆豆腐かと思いきや、
きちんと四川の要素がそれぞれ散りばめられているのがわかります!

まず何と言ってもポイントになっているのは花椒の風味ですね!

ガチガチの本格派四川麻婆豆腐のような痺れは感じませんが、
花椒の持つ清涼感が刺激よりも風味としてしっかり生きてます!

この花椒の香りと風味によって四川ぽさを上手く出していますね!

これを支える風味も豆板醤のちょっと鋭い風味であったり、
豆鼓の持っている多少の塩辛さも感じる豆の風味であったり、
このあたりの存在感もきちんと感じられるのがいいですね!

一方で甜麺醤の甘さに関してはずいぶん控えめと言えます!

なので、甘さが控えめでシャープ路線の味わいと言えるでしょう!

そうした味を作り出している鍵の一つは間違いなく醤油ですね!(=゚ω゚)

たしかに豆板醤、甜麺醤、花椒などの四川要素は入っていますが、
最も強いのが醤油なので、ここが多少違った印象を与えます!

醤油が強いので、全体的にすっきりとした風味を持ってますし、
油脂感もやや控えめなので、シャープな印象を残すのですよね!

なので、「四川風の麻婆豆腐らしい素材を上手く散りばめつつも、
油脂を軽めに、醤油を使うことで調整した麻婆」といった感じです!

なので、和風系とは違うものの完全に四川系一色でもないのですよね!

花椒や豆板醤の刺激や辛味もそこまで強烈には立ててないので、
「食べやすく調整した四川系麻婆麺」とも言える感じですね!!

自分としては醤油は控えめにするかわりに、甜麺醤や豆鼓醤の持つ、
特有の味噌系の風味がもう少し強いと良かったとも感じますが、
このあたりは「バーミヤン」との再現性も絡んでいそうですね!

液体スープの原材料はしょうゆ、植物油脂、発酵調味料、ポーク調味料、
果糖ブドウ糖液糖、醸造酢、みそ、魚介風味調味料、食塩、香味油です!

粉末スープの原材料は食塩、砂糖、香辛料、ポーク調味料、酵母エキス、唐辛子です!

こうして見ると粉末スープのほうがあくまで下支えという感じですね!
醤油も味噌系の要素も全くこの中には入っていないですからね!

麺は断面の四角い中太ぐらいの油揚げ麺となっています!

これはおそらく「カドメン」の流れを汲んでいるのではないですかね!

食感はしっかりとがっしり感があり、しかも時間経過による劣化が弱く、
標準3分ながら6分ぐらい経っても十分な食感を残していましたね!

スープが強い中でもしっかりと麺が主張を分け合ってましたが、
今回は麺のほうはもうちょっと弱いバランスでも良かったかもです!

それぐらい全体がスープに飲まれるほうが一体感が出ますしね!(*゚◇゚)

麺の量は90gで、カロリーは470kcalとなっています!
脂質は16.8gで、麺量を考えるとむしろ低めの数字ですね!

油脂が少ないのも、全体のシャープな印象を高めてますね!

具材は豆腐、鶏・豚肉そぼろ、ねぎという組み合わせです!

この中で最も活躍してくれていたのは間違いなく豆腐ですね!(`・ω・´)

カップ麺の豆腐としてはごくオーソドックスなタイプですが、
量もほどほどあり、麻婆豆腐らしさを高めてくれてましたね!

一方の鶏・豚そぼろは・・・これは完全にダメなやつですね;

味がなく、スカスカとした食感のいわゆるスポンジそぼろです;

麻婆ということで、とりあえずひき肉系を入れたのでしょうけど、
正直なところ、これは入っていてもほとんど役に立たないですね;

ねぎも非常に細かい青ねぎで、存在感はあまりなかったです!

具材は貧弱でしたが、豆腐が頑張っていたのは良かったですね!

てっきりもっと日本風の麻婆豆腐味なのかと思っていたら、
刺激は控えめながらもきちんと四川風の要素がそろっていて、
きちんと「食べやすい四川風麻婆豆腐」になっていましたね!

もう少し醤油が控えめで甜麺醤が強ければベストでしたが!
刺激的な味を望むならば自分で花椒を投入してもいいでしょう!

良くも悪くも食べやすく、そしてそこそこ本格的な一杯でした!(゚x/)モキゴーン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!