さて、この日の私は用事があって埼玉方面。
そう言えば、先週も川越に行っていたな~…なんて普段はあまり行かない場所に急に行く機会が増えることもある!
ま、そんなご縁?はもちろんラーメン食べ歩きにも大事に使わせていただきます(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー!そんな訳でこの辺りに来たら行ってみたいと思っていたお店へ行ってきました。
そのお店がこちら~\(^o^)/

中華そば136 ちゅうかそば いちさんろく
(東松山・埼玉県東松山市)
2018,7,13訪問

こちらは2018年4月中旬にオープンしたいわゆる「新潟燕三条系のラーメン」が食べれるお店。
SNS上であがるこちらのラーメンがとっても美味しそうで、ずっと食べてみたいと思っていたんですよね(≧▽≦)

ちなみに後調べですが、ご店主さんは埼玉県のガッツリ系ラーメンの有名店ジャンプ系列のお店などで修業した方。
お名前は「イサム」さんだとか…136もそこから来ているのかもしれませんね( ̄▽ ̄)フフフ

さて、それでは東京からはちょっと距離のあるこちらのお店への行き方です。
まずは東京方面から向かう場合は、池袋が始発の東武東上線を利用して東松山駅まで。
距離にして約50㎞くらいあるので、もちろん急行以上の電車を利用することをお勧めします(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんな訳で利用した東武東上線は運のいいことに?新車両~\(^o^)/♡

すごいピカピカ~(*^▽^*)♡
3人掛けのスペースは肘掛が1席ごとにあるシングルシート風。
長い方の席は2席ごとに仕切りがあって、カップルシート仕様?とってもゆったりしています。
全車両がこういう感じではありませんが、ちょい乗り鉄?なのでちょっと嬉しくて興奮しちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて、東松山駅までは急行電車で約1時間弱。
そして最寄り駅の「東松山駅」からお店までは徒20分くらいで、歩けない距離ではありません。

ま、でも、この日の私は午前中は通常の仕事をしていたので昼営業時間終了まであまり時間がありません。
ここは東松山駅東口のから出ているバスを使ってお店まで向かいます。

中華そば136さんのお店から徒歩1分以内にあるバス停は「加美町(かみちょう)」。

駅から乗るバスは「国際十王交通」が運行している「熊谷駅行き」。
それから「川越観光自動車」が運航している「マイタウン循環」の2路線。
乗り場はちょっと調べても見つからなかったのですが、多分1番と2番のりばからそれぞれ出ています。
どちらに乗っても約4分ほどで加美町バス停に着きますのでご安心を~(=゚ω゚)ノ

かく言う私も、乗る直前に「加美町に行きたいんですけど~」と運転手さんに行き先を確認。
すると、前からでる「マイタウン循環」の方が早く出るよと教えてもらいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんな訳で乗り慣れないバスはドキドキしますが無事に目的の加美町バス停。
バス停はちょっとお店を通り過ぎる形だったので、バスの進行方向後ろを振り返ればそこにはお店。

道路からもわかるように出された看板は、駐車場の場所も指示しています。

念願の中華そば136さん、とりあえず昼営業終了までに到着してほっと一息。
ちょうど一足違いで人が入ったばかりだったので、人影が動くまで店前をチェック。

のれんは白地に黒文字、文字の縁取りは赤でちょっとポップな印象。
お店のキャラクター?の黒ブタのロゴは、よく見てみると背中に赤い文字で「SEABURA(背脂)」って書いてありますね(*^-^*)

さぁ、その他には入口引き戸のガラスには営業日の案内と注意書きなどの張り紙。
ブログが遅すぎて営業日の張り紙はちょっと割愛(笑)、1番右側にはお客様への挨拶とお願い。

まぁ、並ぶ時は全員揃ってからとか、路上駐車はしないでくださいとか基本的なお願いですね(*‘∀‘)

真ん中は駐車場の場所や喫煙場所について。

そして、店内待ちがいっぱいな時の並び方。
店舗正面入口扉を塞がないようにして、建物横、フェンスに沿って並んでくださいとのこと。

ちなみに3枚目を読むと分かりますが、こちらの店内は6人まで中待ちが可能。

中待ちをする人は食券を購入してから、外待ちをしている人は食券は購入せず並ぶスタイルのようです!(=゚ω゚)ノ

さぁ、前の人が食券を購入し終えて動いた様子。
それでは、そろそろ入店でーす\(^o^)/

中に入れば「いらっしゃいませー」と男性と女性の声でお出迎え。
張り紙には基本1人営業と書いてありましたが、訪問した日は2人営業。
券売機の横から見える客席は、ほぼ満席ですがすぐ座れそうでいいタイミング。

さぁ、まずは入口すぐにある券売機へ向かいます。

こちらの基本メニューは上から「中華そば」「油そば」「つけそば」の3種類。
横の並びはデフォルト、特製、肉増し系になっています。

そして、ぱっと目についた張り紙を読むと、中華そばと油そばの麺量はデフォルトで200g。
基本的なラーメンの麺量は150g前後が多いので、ちょっと多めの設定です。

ちなみにつけそばは麺量が250g、茹で時間が9分ほどかかるそうです!(=゚ω゚)ノ

さて、チラリと見上げた券売機右上には背脂量についてのご案内。

オーダー時に頼める背脂の量は、脂無、脂少なめ、普通、中脂、大脂、鬼脂。
ま、見てわかると思いますが、下に行くにつれて背脂の量は増量されていきます(=゚ω゚)ノ

さぁ、なかなか来れない場所のラーメン屋さんなので、実は店内連食も考えていました。
ですが、並盛で200gだと2杯食べるのはちょっと無理かも…(・´з`・)
欲張らず1杯のラーメンを精一杯楽しもうと言うことで、私の初訪問のチョイスはこちら~\(^o^)/

油そばも食べてみたかったけど、それは次回のお楽しみにします(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは食券を持って空いているカウンター席へ移動。

こちらのお店の客席は調理スペース前のストレートカウンター8席。

そして、通路を挟んだ向こう側には小上がりに4人掛けのテーブル席が2つ。

ただし、注意書きにもありましたがこちらの席は小さいお子様をお連れの方など独別な場合のみ使用。
訪問時、そういう感じのお客さんはいませんでしたのでもちろん使っていませんでした。

さぁ、食券を渡して背脂の量も伝えたら、カウンター席後ろにあるウォーターサーバーの方へ。
お水はセルフサービス、水のおかわりもこちらまで。
ちなみにここにはお子様用の小さいお皿とフォークも完備。
訪問時はいませんでしたが、結構ファミリー層も来店するんでしょうね(*‘∀‘)

それでは、席に戻ったらカウンター上をチェック。

卓上調味料は、一味唐辛子、ラー油、酢、醤油、おろしニンニク

そして、ブラックペッパーとホワイトペッパー。

白黒のコショウが両方が揃っているなんでだか嬉しいんだよねー(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、見るものもみてほっと一息ついて少ししたところで私のラーメンが完成。

特製中華そば(中脂)990円
おぉぉう~(*‘∀‘)♡中脂でも、結構背脂たっぷり~。

せっかくなので、別の角度からもパシャリ。

上に乗った真っ白い玉ねぎのみじん切り。

もさっ!どさっと乗った岩海苔はやっぱり燕三条系ラーメンには必須アイテムですよね~(*´▽`*)

さぁさぁ、それではいただきます!\(^o^)/

まずはスープからごくり。

うわー、うんめー(≧▽≦)♡
ほろりと苦い煮干の味わいを感じる醤油のスープはアツアツ。
そして、煮干し醤油スープにコクと旨味と濃厚さを加えるたっぷりの甘い背脂がとっても美味しい。

…あ、このスープをごはんと一緒に食べたい…(*´Д`)♡

ひとくちスープを頂いた瞬間にそう思った私は、思わず目の前に来たお店の方にお声がけ。
「すいません…ごはんって追加できますか?(*´Д`)」
すると「すいません、まだごはんは販売前でして…」と、もう分けなさそうな返事が返ってきました。

「あ、いえいえ、大丈夫です~(//∇//)」と返事をするものの何だか恥ずかしい。
そんな私に「提供できるようになったら、お店のTwitterで報告しますので」とのこと。
了解でーす(〃▽〃)ポッ…次に来るまでにおコメもあったらいいな~。

さてさて、それでは待望のご対めーん!

うわー(*´▽`*)すっごい美味しそう~♡

それでは、ふーふーと少し冷ましてからガブリ。
うんまい!!(≧▽≦)♡
麺は極太もちもちの幅広麺、ちょっとうどんのようでもありますがこれがすごい私の好み!!
並盛は麺量200gあるので多めと思っていましたが、麺が太いからあっという間になくなりそう。
むむむ~、大盛りの300gでも食べれる気がしますー(≧▽≦)♡

さて、続てい厚みもしっかりとあるチャーシュ-をいただきます。

うわっ!これめっちゃウマっ!!(@ ̄□ ̄@;)
程よい厚みもあるチャーシューは柔らかくて、口に入れるとほろりとほぐれます。
味の染み具合もバツグンで、これはチャーシュー増ししたい~( *´艸`)♡

さて、お次は岩海苔。

ちょっとスープでヒタヒタにしたら麺に絡めてぱくり、ずるずるずるっと。

煮干しの味に海苔の風味が加わってこれがまたいい味わい。
見た目はちょっとアレになるけど、やっぱり背脂煮干スープによく合います(*´ω`*)

さてさて、それ以外にはコリコリとした食感が小気味いいメンマ。
シャキシャキの玉ねぎの食感とフレッシュな野菜由来の水分がいいアクセント。
…なんですが!なんだか夢中になって食べていて写真が残っていなかった~Σ(゚Д゚)

そんなこともあるよね…(∀`*ゞ)エヘヘ
ま、大好きな味玉は割る前の写真もちゃんと撮っていましたよ。

ぱかー!\(^o^)/

味玉は滑らかな黄身の食感を残しつつ、白身はプリッとしている結構しっかりめの茹で加減。
程よくお出汁が染みていて美味しいです(*^-^*)

さぁ、スープの中に埋めておいたもう1枚のチャーシューもぱくり。

むふー( *´艸`)♡、やっぱうんまーい!

そして、残りわずかとなった所で一味唐辛子の味変。

甘い背脂煮干スープにピリっと辛い唐辛子はよく合いますね(*´ω`*)

さてさて、気が付けば美味しかった極太麺はすっかり私の胃袋の中。

残るとこはこれだけです。

背脂だし、全部飲んだらまずいかな~と思いつつ、思わず飲んじゃう。
いやいや、これは岩海苔を追いかけているんだよー(=゚ω゚)ノ

都合のいい言い訳を自分に言い聞かせて気が付けば完食。


はぁ~ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
皆の食べているのを見ていて、自分好みに違いないと思っていたけど想像以上に美味しかった~。
特にこちらの麺は、子供の頃に食べていたおばあちゃんの手打うどんをちょっと思い出すような麺でとっても好きでした。

それにしても、ひとくち食べるごとにあれもしたい、これもしたいと色々考えてしまう1杯。
なかなか来れないとは思うけど、次は…あーどうしようかな~(≧▽≦)♡


2018年137杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

中華そば 136さんの営業情報などがわかるTwitterはこちら

中華そば 136さんの食べログ店舗情報はこちら
埼玉県東松山市加美町11-45


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」