さて、まだまだ時系列ブログは7月中旬、この日は7月の3連休初日。
今日の私の用事は、夏は気温が上がる事で有名な「アツいぜ熊谷!」
最高気温が40℃を超えるとかなんと言っている中、熊谷へお出かけで~すヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

ま、そうは言ってもこの日の同行者はラーメンって感じでもないだろうしお昼はオシャレなイタリアンとかかな~。
そんなこと思っていると、「いいよー、ラーメン食べようよ~」と嬉しい一言。
えっ!?いいの?( ̄▽ ̄)
ここから先は相手の気持ちがわからないうちに?凄い勢いでネット検索 (笑)
まさか行けると思っていなかったので慌てて「熊谷 ラーメン」で調べます。

さぁ、そんな大慌てで調べた中から行ってきたのがこちらのお店。

きくちひろき
(熊谷・埼玉県熊谷市)
2018,7,14訪問

こちらのお店の場所はJR熊谷駅から徒歩約8分。
駅北口を出たら駅前の大通りをまっすぐ直進、「筑波」交差点を左折したらその道沿いです。

ま、でも、この日は同行者の方に車で近くまで連れてってもらいました。
こちらのお店は駐車場はありませんので、お車で行く際はコインパーキングなどをご利用下さい(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、ツレによるとこのお店の前を通ったことはあるそうで、ずっとこの骨が気になっていたそう。

ふっふっふっ~((* ´艸`))
分かる人には分かると思いますが、このでっかい骨は牛の大腿骨。
そして、私の大好きな一条流がんこラーメン総本家さんのお弟子さんであることの目印。
急遽、熊谷でラーメンを食べることになって知ったのですが、知ってしまったら行きたいと思うのは素直な気持ち。
思わずホネの前で自撮り写真を撮影しちゃう浮かれ具合(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁー!それでは気が済んだところで入店でーす。

あっ!暖簾はTシャツで出来てる~(°▽°)わら

普段、あんまりラーメン屋さんに行かないツレは興味津々。
まずは食券を自販機で買うんだよ~っと言いながら、全開の扉から見えた券売機の前へ。

こちらの基本メニューは「醤油ら~めん」「塩ら~めん」「つけ麺」の3種類。

醤油は左から「あっさり」「中間」「こってり」「赤鬼」、塩は「あっさり」「海老風味」「しそ風味」「青鬼」。

つけ麺はひやもりとあつもりがあり、デフォルトと辛いタイプの2種類があります。

ちなみにつけ麺の麺は茹で上がりに長めの時間がかかるとのこと。

家元のところも、行ったことがある早稲田のがんこラーメンもつけ麺がないので気になるな~(*‘∀‘)
ま、でも本当のことを言うと「鬼の顔した辛いラーメン」はもっと気になる!(≧▽≦)

ただ辛くて食べれなかったら困るしな~…と言うことで…

まずは定番?一番人気の中間醤油(背脂少々)にしましたー(∩´∀`)∩
ちなみにツレは「あっさり塩(ねぎ油入り)」をチョイス。
(ΦωΦ)フフフ…、やったね!定番のメニューを両方味わえるぞ~。

購入した食券を持って振り返ると「お好きな席へどうぞ」とのお声がけ。
客席は厨房を囲むL字カウンター12席、ほどよく2つ並びで空いていた席へ移動。

食券を渡したら、入口すぐにあるウォーターサーバーの所へ行ってお水の準備。

そして、席へ戻ったらカウンターの上をチェックします。
種類豊富な卓上調味料はコショウ、ガーリックパウダー、七味唐辛子、ブラックペッパー。

手前液体物は塩ダレ、つけ麺ダレ、酢、醤油ダレ。
おぉ~、すごいタレ勢ぞろいだ~(゜o゜)

お客さんのお好みにぜひ調節してくださいね、というお店からの配慮がわかるラインナップ。

ちなみに店内の案内にも、その事が書いてありました(*^-^*)

お、味を薄くしたい人用にはステンレスポットに入った「だし汁」があるんですね~(*´▽`*)

初めてのお店は見るものがいっぱいあって思わずキョロキョロしちゃいますが、やっとひと段落。
後は完成を待ちながら、目の前のお店に人の動きを眺めつつおしゃべり。

そんな中、見てしまった「鬼」に2人そろって思わず「おぉ!Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)」。
なんと鬼のラーメンは丼から三角形に切った海苔がはみ出している模様。

…なるほど…鬼の顔の正体?は鬼の角をイメージした海苔。
そして、赤鬼は唐辛子、青鬼はどうやら青唐辛子を使用した辛味をプラスしているみたいです。

店内を飛び交う「青鬼」コールに思わず今度来れたら「鬼」にチャレンジしてみたいね~とお互いぽつり。
そんなことを言っている間に私たちのラーメンも完成です(*^-^*)

醤油ら~めん 中間醤油(背脂少々)750円
+味玉100円

おぉ~、スープたっぷり、小ぶりな背脂が表面を覆いつくしてます~(*´▽`*)

ではでは、早速いただきます。
ふーふー、としてからスープごくり。

おぉ~じんわり、優しい~( *´艸`)♡
牛骨スープに魚介を利かせたあっさりとしながらも、旨味のしっかりとしたスープがベース。
そこに程よい醬油のカエシと背脂の甘味がとってもいい感じです。

実はがんこ出身と言うことでちょっとしょっぱめだったりするのかと思っていました。
ところがどっこい!結構じんわりと染みる優しめの味わい。
でも、ちゃーんと元祖がんこラーメンの味わいがあって、遠く離れたこの地にもがんこがあると思うと嬉しいです(*´▽`*)

さて、続いてめーん\(^o^)/

ふーふー、としてからガブリと齧り付けばプリっとした歯ごたえ。
麺は黄色がかった細麺ストレートでがんこラーメンで食べる麺と似てる気がします(*^-^*)

それでは、麺とスープ以外のものもいただきます。
まずチャーシューは程よい厚み、脂身赤身のバランスがよくてほろりとほぐれる。

こりゃ、うんまーい!(≧▽≦)
これはチャーシュー増しとかしてもいい!(≧▽≦)
白いごはんがあってもいい!!…が、後で券売機の写真を見返したらごはんは提供してないお店でした(苦笑)

さて、それ以外には甘めの味付けシャクシャクメンマ。

プラスでトッピングした味玉は持ってみるとやわらかい。

割ると黄身が飛び出しそうなので、まずはそのままがぶり。

むふ~( *´艸`)よく味染みてる~
味玉の白身の外側はしっかり茹で、内側の黄身に近い部分はとろとろ。

ひとくち目で黄身に達しなかったので、さらにもう一回がぶり!(^o^)

おぉ~、黄身はほぼ液体ですね~(*‘∀‘)
スープに黄身が流れ出すのはあまり好きでないので、まずはそのままちゅーっと黄身を少しいただきます。
滑らかな黄身の味わい、卵液がこぼれ出さない程度になったら後は麺を卵の中に入れて絡めてちゅるり。
むふふ~( *´艸`)うまーい。

さて、気が付けば麺と具はすっかり食べて残すところはスープのみ。
このままごちそうさまをするのが名残り惜しい私は、七味唐辛子で味変を。

ごくり。

お!キリっと味が絞まってうまい!(≧▽≦)

けど、さすがにスープが多くて飲み切れない~(≧▽≦)
と言う訳で、この辺で終了です。

ごちそうさまでしたー
はぁ~、美味しいかった~(*´▽`*)♡
がんこラーメンが好きだから、きくちひろきさんに食べに来れたのはもちろん嬉しい。
でも、それを知らずに食べに来てもこちらのラーメンはじんわりと美味しいお出汁がたまらない1杯でした。

あ、そうそう、ちゃんと味交換もしましたよー(*´σー`)エヘヘ
こちらがツレの食べた1杯。

塩ら~めん
あっさり塩(ねぎ油入り)730円

こちらのスープは透明感のある黄金色。

でも、もちろん旨味はしっかり、塩味はまろやか。
完成直前にジュワっとかけてくれる油の熱でネギに火が入り、いい香りがしてこちらもとっても美味しかったです(*^-^*)

元祖がんこラーメンにはないつけ麺や、先述した「鬼の顔した辛いラーメン」も気になります。
まぁ、なかなか熊谷には行く機会がないと思いますが近くに来たらまた食べに行きたいです(*^-^*)


2018年138杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

きくちひろきさんの営業状況などがわかるTwitterはこちら

きくちひろきさんの食べログ店舗情報はこちら
埼玉県熊谷市本町2-125


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」