さて、この日の私は自分の行動範囲からは遠い場所で用事を済ませてひと段落。
よーし!どこかでラーメンを食べてから帰ろう~っと(∩´∀`)∩

が、しかし!気が付けばまもなく午後3時。
ちなみにこの日は日曜日で中休みのあるお店ならばそろそろ昼営業は終了。
お店によっては昼営業のみで終了してしまっているお店もあるのが日曜日という日…。
でも、せっかくだし…と調べれみると通し営業で営業しているお店があるじゃあないですか~(=゚ω゚)ノ

さぁ、そんな訳で行ってきたのがこちらのお店。

麺屋 MANIめんや マニ
(本川越・埼玉県川越市)
2018,7,15訪問

こちらのお店の最寄り駅の西武新宿線・本川越駅より徒歩6分。
川越の有名観光地、「小江戸」のメインストリートの脇道を1本入った所にあります。

ほぼ1本道ではあるけれど、もちろん私は地図アプリを使ってお店までてくてく。

…そ、それにしても、すっごい暑い…(*´Д`)ハァハァ
なんとこの日の最高気温は35℃、アスファルトの熱気がこもって体感はもっと暑い。
お店に着く頃にはすっかり汗だくのびしょびしょですが、お店の前には目を引くものが色々。
すぐにでも涼しいところに避難したいところですが、後回しすると忘れがちなのでここはぐっと堪えてチェック。

まず店前のブラックボードはテイクアウトのご案内。

へぇ~、ラーメンのテイクアウトができるのか~(゜o゜)
しかもハーフラーメンというちょっとしたおやつ感覚のサイズもあるんですね。

そして、看板裏側は本日の限定のご案内。

こちらのお店の看板メニューは豚骨ラーメン系と思っていたので、意外とバラエティー豊富。
清湯系の醤油ラーメンや担々麺もあるんですね~(*‘∀‘)

その他には、店舗入口左脇に写真付きメニューがずらり~。

写真の右にはこちらのラーメン解説。

ふむふむ…丁寧な下処理で臭み抜き…コラーゲンたっぷりで美容にも…
それはいいじゃないですかー!!(≧▽≦)

たくさんメニューがあってちょっと迷ってしまったけど、やっぱりここは看板メニュー。
豚骨スープを使った1杯、しかも解説真ん中でイチオシされている特製角煮ラーメンにしよう~っと(*´▽`*)

さて、心が決まったので引き戸を開けて店内へ。
中に入ればカウンター内側にいた店員さんお二人から「いらっしゃいませー」のお声がけ。
ぺこりと軽く会釈を返してから、入口すぐにある券売機へ向かいます。

こちらの券売機は上の2段が黒、いわゆる熊本ラーメンのラインナップ。
その下の段は白で博多ラーメンメニュー、更に下には限定メニューが並びます。

むむむ、トッピングなどのボタンもいっぱいあって目がキョロキョロしちゃうな~(*´з`)

ちなみに券売機左上には限定メニューが書かれたホワイトボード。
どうやら、限定メニューの杯数はその都度書き換えられるようにしているのかな?

…と、そこでふと気づくメニューの前にふられた番号。

そして、ちらりと券売機右隣にあるブラックボードを見ればこちらのメニューにも番号が。

もしかして、と思って券売機をよく見てみればこちらにも番号がふられていました。
なるほど!券売機の前で迷わないように番号対応してあるんですね~(*^-^*)

では、私の決めた特製角煮は1番だ~\(^o^)/

お金を入れてボタンをポチリ、空いている程よい席へ移動したら食券を目の前に来た店員さんへ。
ちなみにこちらのお店の客席は、厨房の前に位置するちょっと高めなカウンターテーブル7席。
卓上調味料はなし、置いてあるのは箸立てと紙ナプキン。

紙ナプキン立てにはちょっと目を引く、ランチメニュー「ミニ角煮丼」のご案内。
…お、デフォルトの黒ラーメンにこれをセットで頼むのもいいかも~(*‘∀‘)

そして、カウンターの上にはリングでまとめられたラミネート加工されたご案内。
1枚目は麺の硬さのについて。

続いて替え玉のご案内。

九州の豚骨ラーメン系なら替え玉は必須だよね~(*´σー`)エヘヘ

そして、学生さんは替え玉が割引ですか~(*‘∀‘)

この辺りは高校生をよく見かけるし、学生さんには嬉しいサービスですよね~。

そう思いながらもう1枚めくるとそこにはずらりと小江戸ビール。
(ΦωΦ)フフフ…、さすがにこれはオトナの楽しみで。

そして、さすが川越!小江戸ビールの種類がとっても豊富です。
そう言えばアイドルタイムのゆったりした店内、奥の席にいた先客さん達はビールを美味しそうに飲んでいました。

さて、暑かったし1杯飲みたいところですが、駅までまた戻ることを考えるちょっと躊躇。
遠くまで帰るんじゃなきゃ1杯飲みたかったな~
…と思っているうちに私のラーメンが完成です( ̄▽ ̄)エヘヘ

特製角煮ラーメン(黒)950円
おぉ~(≧▽≦)マー油の香ばしい香りがたまらーん!

では、冷めないうちに早速いただきます。
まずはスープからごくり。

おぉ~(*´▽`*)、食欲が湧いてくる~♡
ベースの豚骨スープはサラリとした質感、臭みもなくとってもまろやか。
そして、熊本ラーメンの1番の特徴であるマー油、焦がしニンニク油の香ばしさがたまりません。

ま、余談?なんですけど、このラーメンを食べた時間は午後15時過ぎ。
実はこの日のお昼ごはんは12時くらいに食べていた私はそこまでお腹が空いていた感じではありません。
ですが、この香ばしいニンニクの風味はとっても食欲をかきてますね!(≧▽≦)

それではお次は麺!

解説にもありましたが、特に何もオーダーしなかった私の麺はやや硬めの茹で上がり。
麺はもちろん九州豚骨ラーメンらしい、低加水の歯切れのいい極細のストレート麺。
食べ始めはさっくりとした歯ごたえ、次第にスープを少し吸ってシコシコとした食感に変化するのがいい感じです。

さぁ、お次は一番の目玉の豚バラ角煮をいただきます。
でっかい角煮に思い切りがぶり!

お、うんまい!( *´艸`)♡
大きな角煮は甘めの味がじっくりと染みていて噛みしめると肉に染みた味付けがじゅわー。
脂身はふわふわで柔らかく、赤身ほろりで口の中でほぐれて美味しいです。

さて、角煮以外には九州ラーメン系では私の中で1番欠かせないアイテムのキクラゲ。

コリコリとした食感がとっても大好き!(≧▽≦)
キクラゲ自体の味は淡泊ですが、スープの中をくぐらせて食べるとちょうとどいい。

そして、こちらも大好き生キャベツ!

豚骨の甘味とは一味違う野菜特有の甘味ある水分が合いの手として欠かせません(≧▽≦)
生キャベツだからこのサクサクとした食感、スープに浸って甘味が段々増していくのもいいんですよね。

さぁ、そろそろほどよい半熟の半味玉をぱくり。

滑らかな黄身、外側の白身の部分にもしっかりと甘めの味が染みています。

お、沈んでた角煮すごい分厚い~(*´▽`*)♡

スープの中から見つけた宝は、よく温まっていてとっても美味しいな~(∀`*ゞ)エヘヘ。

ま、でも今日は流石にスープは残して終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
美味しい角煮はでっかくて、ごろ~り結構なボリューム。
そして九州豚骨ラーメンの中では1、2を争う好きな具材キャベツもキクラゲもたっぷり入ってて嬉しかった。
その上、半味玉も乗っていてこのお値段はすごくお得!

きっかけは「せっかくここまで来たんだから~」と言う私の欲張りでした。
でも、思い切って途中下車して食べに来てホント良かった~(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年139杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

麺屋MANIさんの営業状況などがわかるTwitterはこちら

麺屋 MANIさんの食べログ店舗情報はこちら
埼玉県川越市連雀町8-3


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」