9/17発売のエースコック「スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば」を食べました!
「大盛いか焼そば」と「ブタキムラーメン」の要素を合わせた商品です!

9/17発売 スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば

いかとキムチ、これはなかなかいい組み合わせのように思いますね!
この2つの組み合わせって海鮮チゲなどでは定番でもありますしね!

商品説明には「大盛りいか焼そば」と「ブタキムラーメン」を融合とあるので、
この2つの商品の持っている味を合わせたような商品になってるのですかね!

ただ「王道具材のコラボレーションが実現」とも書いてあるので、
味は変えずに具材だけをミックスしている可能性もありますね!

どちらのタイプなのかは実際に食べて確かめるしかないですね!(*゚◇゚)

9/17発売 スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、ふりかけという組み合わせです!
いつもの「いか焼そば」の「めちゃうまふりかけ」とは違ってますね!

9/17発売 スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば(できあがり)

おっ、思っていたよりも赤みの強い色に仕上がりましたね!
というか、液体ソースの油脂がかなり真っ赤なのですよね!

まずはその味ですが・・・ベースは間違いなく「いか焼そば」ですね!(●・ω・)

油脂に関してはその色から判断しても大きくアレンジしてますが、
ベースのソース部分に関してはおそらくほとんどいじってませんね!

「いか焼そば」らしい強めのソース感とフルーティーな風味が効いて、
そこにいかの風味がじんわりと広がるように味わいとなっています!

なので、たしかに油脂については大きく変えてきてるのですが、
「いか焼そばとは別物」と思わせるようなギャップはありません!

「いか焼そば」好きの人であれば十分に気に入る可能性が高いです!

ソースの原材料を従来の「いか焼そば」と比較してみましょう!

[今回のいかキムチ焼そば]
ソース、植物油脂、糖類、動物油脂、発酵調味料、食塩、
たん白加水分解物、魚介エキス、香辛料

[従来のいか焼そば]
ソース、糖類、動物油脂、発酵調味料、食塩、植物油脂、
たん白加水分解物、魚介エキス、香辛料

両者を比較すると植物油脂の位置以外は全く同じなのですよね!

ただトータルの油脂の量に関してはむしろ減っているので、
普段の「いか焼そば」のソースから油脂を減らしたうえで、
新たに赤いピリ辛系の植物油脂を多く加えたのでしょう!

端的に言うと「油脂を入れ替えたいか焼そばのソース」ですね!

それは言い換えるなら、この商品は「ブタキム」との融合ですが、
ソースのほうに「豚」の要素は加えられていないとも言えます!

「ブタキム」は豚骨スープとキムチ風味の油脂が合わさってますが、
そのうちの豚骨要素は今回の「いかキムチ焼そば」には加えられず、
また動物油脂に豚脂が増えたというような傾向も見られません!

そしてその油脂ですが・・・ここが「ブタキム」らしい要素ですね!(`・ω・´)

ただし、先にも触れたように「豚」の要素は特にありません!
あくまで「ブタキム」の「キム」風味の油脂だと言えますね!

「ブタキム」は後入れの赤い油脂によって味を決めてきますが、
その油脂を「いか焼そば」のソースに加えてきた形になります!

食べていて「いかにもキムチ風味らしい」と思うほどではないですが、
軽いピリ辛感とピリ辛系の調味油らしい個性が強く合わさることで、
「ブタキム」の持つキムチ要素の主張は明確に感じることができますね!

要は今回の味はベースのソース部分は「いか焼そば」そのままで、
油脂を「ブタキム」の調味油に置き換えたものと言えるでしょう!

別の言い方をすると「いか焼そば」+「ブタキムのキム要素」味ですね!

「いかキムチ」という名前もそうですが、「ブタキム」との融合ながら、
豚要素はなく、「キム」の部分だけ合わさってるのもポイントです!

それぞれの個性となっている部分をそのまま合わせる形はいいですね!
そうすることによって、ちゃんと両方の個性が生きてくれますからね!

そしてここにふりかけが加わると・・・おっと、かなり辛くなりますね!(*゚ー゚)

ふりかけはあくまでキムチぽさを高めるだけの要素かと思いきや、
このふりかけのメインはむしろ辛味にあるとすら言えますね!

ふりかけなしの状態なら中辛と辛口の間ぐらいの辛さですが、
ふりかけが入ると辛口~大辛ぐらいの辛さのレベルまで来ます!

辛いものが苦手な人だと、けっこう苦戦するぐらいかもです!

でもこれぐらいピシッと辛味を立ててくれるほうがいいですね!
「いかキムチ味」ならではの個性も立ってくれますからね!

そこにキムチの風味と、エースコックらしい玉ねぎの風味が重なり、
さらに付加的にかつおの風味も軽く旨味を添えてくれています!

従来の「いか焼そば」のふりかけにはアオサや紅生姜などの
焼そば向けのふりかけらしい要素が多く加えられていますが、
今回のふりかけは純粋にスパイスのみで構成されています!

また「いか焼そば」のふりかけにはポーク調味料が入ってますが、
こちらのふりかけには入っていないのも一つの特徴と言えますね!

要するに今回の商品は「ブタキム」との融合とは言われていながら、
むしろ豚系の原材料は「いか焼そば」より減ってるのですよね!

このあたりからもあくまで「キム」要素との融合なのが見えますね!

麺はいつもの「いか焼そば」と同じタイプの麺となっています!

けっこう太めでありながらカドメンのようながっしり感はなく、
ほどよいプリプリ感と力強さを見せてくれる麺となっています!

カドメンが導入されたときにスーパーカップ1.5倍シリーズの
ラーメンは全てカドメン的ながっしり麺に切り替わりましたが、
この「いか焼そば」にはカドメンが導入されなかったのですよね!

当時はそれをちょっと残念に思うこともあったりしたのですが、
こうして改めて食べるとあまりがっしり感の強い麺よりも
これぐらいのほどよい弾力のほうが焼そばには合ってますね!

今回のピリ辛ソースにもしっかりと寄り添う麺になってました!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは673kcalとなっています!
脂質は27.4gで、大盛系焼そばとしてはおおむね標準的ですね!

従来の「いか焼そば」と比べると、脂質は-1.2gとなっていて、
カロリーも-30kcalと、ちょっと軽めになってるのですよね!

赤い油脂がかなり目立つので脂質は増えているのかと思いきや、
むしろこちらのほうが若干さっぱりした感じになってるのですね!

具材はイカ、白菜キムチ、ねぎという構成になっています!

「いか焼そば」の主役であるイカと「ブタキム」のキムチを合わせ、
さらに香味メインにするべくキャベツに替えてねぎが入っています!

ねぎを導入したのはトータルとして見るとプラスになっていますね!

具材に関しては主役の2つがあるので、キャベツなしでも不足感はなく、
そこで風味への貢献度が高いねぎを導入したという形なのでしょうね!

ソースも少しピリ辛で、ふりかけによってスパイス感が高まる中、
具のほうからも香味の面で側面支援をする形となっています!

そして白菜キムチはそこそこ大きめで風味も食感もなかなか良く、
「いかキムチ」の名前に負けないだけの存在感を発揮しています!

もう一つの主役であるイカに関してもいいものを見せてくれますね!(=゚ω゚)

やはりイカ具材が入ると、それによって海鮮の旨味が広がるので、
ソースだけでは出せない味の個性がグッと高まってくれるのですよね!

やはり主役となる具材が2種類入っているというのは大きいですね!
具材の満足度という点では従来の「いか焼そば」よりも上ですね!

「いか焼そば」のソースと「ブタキム」のキムチ調味油を合わせ、
さらにふりかけによって辛口に仕上げることで全体を引き締める、
そして具材の面でもイカと白菜キムチという2本柱を立てるなど、
いか+キムチの豪華さをしっかりと感じ取れる仕上がりでしたね!

両者の長所をそれぞれ味わうことができるなかなかの良作でした!(゚x/)モキギュッ

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!