10/8発売の明星「みかさ監修 ソース焼そば」を食べました!
東京神保町にある焼そば専門店の再現カップ麺となります!

10/8発売 みかさ監修 ソース焼そば(2018年)

それにしても焼そばの専門店ってほんと珍しいですよね!

ご当地焼そばが有名な地域だとそこそこ専門店もあるのかもですが、
そうでもない限りは焼そばはお好み焼き店か出店で食べるぐらいで、
あえて焼そばを専門店として出そうとは考えないでしょうからね!

この「みかさ」のカップ麺は昨年にも発売されているのですよね!
その人気が高かったことから、今年も発売に至ったとのことです!

実際に昨年出た商品は素晴らしいクオリティだったのですよね!(`・ω・´)

ソース焼そばって、あまり差別化がしにくい分野だと思いますが、
その中でよくぞここまで質の高いソースを作り出したものだと、
そううならせてくれるだけの内容だったことが記憶に残ってます!

昨年の「カップ麺Award」の9位にも選出していますしね!

10/8発売 みかさ監修 ソース焼そば(2018年)(内容物)

内容物は液体ソース、特製ソース、ふりかけとなっています!
具材についてはあらかじめカップの中へと入れられています!

この液体ソースが2袋構成というところがポイントなのですよね!
その点はもちろん昨年発売されたバージョンと変わっていません!

液体ソース+調味油とか液体ソース+粉末ソースなどはありえても、
液体ソースを2種類用意するというのは普通は考えないですからね!

10/8発売 みかさ監修 ソース焼そば(2018年)(できあがり)

手前に左に少しかけている色の濃いソースが「特製ソース」です!

こちらも液体ソースと同じようにかけて全体とまぜてもいいのですが、
特にかけ方に指定がないので、ときどきかけるという方法も可能です!

なので、それぞれの人が好みのかけ方をして食べるといいでしょう!

まずはベースの味ですが・・・このソースだけで十分完成してますね!(=゚ω゚)

やや酸味が強めでほどよいフルーツ感を感じさせるソースで、
下支えとしてビーフの風味が重ねられた味わいとなっています!

そしてこのソースの面白いのはほんのりスパイスが香る点ですね!

もともとウスターソースにはスパイスも加えられはするのですが、
このソースに関してはちょっぴりとカレー風味がするのですよね!

言われてみれば少しだけカレーの風味がするけどカレー味ではない、
このまさに絶妙なラインの隠し味具合がポイントとなっています!

このソースだけでもけっこう優秀な焼そばになっていますが、
それでもまだ「普通の焼そば」の範疇ではあるのですよね!

そしてここに特製ソースが加わると・・・一気に味が化けますね!(●・ω・)

この特製ソースによって「普通においしいソース焼そば」から、
「他にはない特別な本格感のあるソース焼そば」に変貌します!

ソース焼そばの核はもちろんソースそのものの味ではあるのですが、
炒め感であったり、具材の野菜の風味だったり、具材を炒めることで
様々な旨味が移った油脂の風味なども極めて重要な要素なのですよね!

そうした調理することによって生まれる焼そばの旨さに関する要素、
それをギュッと凝縮したのがこの特製ソースにあたるのですよね!

煮詰めたようなフルーツ感、炒め野菜の炒め感とその香ばしい旨味、
そして風味の移ったオイルのコク、それらがここに詰まっています!

これが加わることで、焼そばの持っている全ての旨味が何段も上がり、
まさにこの商品でしか味わえない味へと昇華してくれるのですよね!

もちろん一般的なカップ焼そばもそうした調理感は意識してますが、
大抵はソースの風味に動物系の旨味といろんな油脂を合わせたような、
シンプルなたし算になっていて、ここまでの厚みは感じないのですよね!

しかもこの商品の味の厚みは単に味を濃くしているのとは違って、
総合的な調理感や調理過程に生まれる旨味を厚くしているので、
様々な味も厚くなりつつ、かつまとまりがすごくいいのですよね!

味の方向性については昨年とほとんど違いはないと言えますね!
なので、昨年の味が気に入った人は今年も十分に楽しめるでしょう!

さすがは焼そば専門店の監修品だなと今年も感じさせられますね!

ソースの原材料はソース、糖類、植物油脂、食塩、しょうゆ、香味調味料、
ソース加工品、ビーフエキス、香味油、カレー粉、醸造酢、香辛料です!

この原材料は2種類のソースを材料をミックスしたものでしょうね!

こうして見ると、あまり偏りのない構成になってるのが特徴ですね!
何か特定の要素が目立っているという感じがあまりないですしね!

隠し味としてカレー粉が入っているのがポイントなぐらいですね!

なので、原材料だけからはその凄味はなかなか読み取れないですね!

麺はかなりしっかりとした食感の太めの油揚げ麺となっています!

もちもち系の太めの汁なし向けの油揚げ麺ということで言えば、
明星はどのメーカーと比べても優秀な麺を持ってるのですよね!

麺は太くすればそれだけである程度の力強い食感にはなりますが、
この麺はそうした単に太いだけで生まれる良さだけにはとどまらず、
もっと本格的で適度な弾力やコシを見せてくれるのですよね!(*゚◇゚)

ソースが極めて本格的なだけに、麺も高いクオリティが求められますが、
この麺は十分にその要請に応えてくれる仕上がりと言っていいでしょう!

ソースだけでなく麺の質も高いので、大盛仕様でありながら飽きが来ず、
最後までサラリと食べさせる力があるのもこの麺の良さでしょうね!

麺の量は130gで、カロリーは719kcalとなっています!
脂質は29.3gで、やはりそれなりに高い数字ではありますね!

ただ単に油脂の量で押し込んでくるようなソースではないので、
その油脂がきちんと調理感に直結していたのが良かったですね!

昨年と比べると麺量は同じで、カロリーは-3kcal、脂質は-0.7gです!
おおむね誤差の範囲内と言ってもいいぐらいの違いでしょうね!

具材はキャベツ、チャーシューという組み合わせになっています!

カップ焼そばとしてはキャベツの量はちょっと控えめですね!
ただチャーシューも入っているので具の不足感はなかったです!

チャーシューはごく普通のチャーシューチップではあるのですが、
食感はやわらかめながらも、風味は肉らしさをきちっと持っており、
肉具材が入ることで全体の本格感を高めるのにも貢献してましたね!

ふりかけはアオサ、かつお節粉末、紅生姜、胡椒となっています!

このふりかけもバランスの取り方が絶妙と言っていいでしょうね!(*゚ー゚)

カップ焼そばのふりかけって、アオサと紅生姜が目立ちすぎることがあり、
それがソースの風味を抑えてしまうようなこともあったりしますが、
このふりかけは存在感がありながらそうした目立ち方はしていません!

アオサ、かつお節、紅生姜と焼そばに必要なポイントは押さえながら、
それぞれの存在感はほどほどにして全体の味わいとしっかりまとまる、
このあたりの調和感の高さもこの商品の質の高さを物語ってますね!

昨年の特製ソースが醸し出すその本格感の高さにうならされましたが、
今年もクオリティの高さは変わらず非の打ちどころがなかったですね!

「大盛はどうしても量が多くて」という人は仕方ないとは思いますが、
そうでない限りは極めて幅広い人にオススメできる内容と言えますね!

普通は大盛仕様になると多少なりとも大味になったりしがちですが、
この商品は他のどのカップ焼そばよりも本格派と言っていいですし、
「これぞ焼そば専門店の監修品」と呼ぶにふわさしいものですからね!

今後そのままレギュラー商品化しても全くおかしくない優秀な一杯でした!(゚x/)モギギギギッ

【関連記事】
みかさ監修 ソース焼そば(2018年)
みかさ監修 ソース焼そば(2017年)
Source: He can eat anything but himself!