さて、今日のブログは今日食べた1杯をお先にご紹介。

さぁー、そんなわけでぷらり?行ってきたのはこちら~(*´▽`*)

大つけ麺博 10周年限定企画
ラーメン日本一決定戦!!

@新宿 大久保公園
(西武新宿・東京都新宿区)

えへへ、また来ちゃった~(∀`*ゞ)エヘヘ
しかも、今日はいい天気で看板に青空が映えていていい感じです。

さてさて、基本のんびり屋なもので、第1陣はすっかり食べ損ねてしまったの私。
第2陣で友達とシェアして食べたりして、ラーメンフェスの楽しみ方を知りました(*´ω`)

さぁー、そんな訳で?本日より第3陣がスタート!

第3陣に出店しているお店のランナップはこんな感じ。

ちなみに会場入ってすぐの所には今食べられるラーメン屋さん一覧がこんな風に掲示されています。

ちなみに?もう2回ほど書きましたが、こちらでラーメンを食べる場合はまずは食券購入が必要。
LAWSONの「Loppi」で購入できる前売り券(Lコード:38388)は50円引きでちょっとお得。
ただし払い戻しはできませんのでご注意を~。

そして、当日券は入口すぐにある券売機で現金払い。
または交通系ICカード、いわゆる電子マネーを使って各ブース入口で支払いすることもできます。
※電子マネーを使う場合は現金チャージなどはできないみたいなので、残高はしっかりチェックしておきましょう!(‘◇’)ゞ

さぁー、前置きが長くなりましたがお店が入れ替わった会場をちょっとうろうろ。
すると友達からふいに声をかけられるという嬉しい偶然。
この後もたびたびそんなことが起こり、すっかりラーメンのお友達が増えたな~と実感(*^-^*)

ま、でもお話はそこそこに、お目当てのお店へ突撃ですー\(^o^)/

麺屋 桐龍 めんや きりゅう
(埼玉県川口市戸塚3-36-18)
こちらのお店で食べられるのはいわゆるガッツリ、大盛りの二郎系ラーメン。
案内によれば創業以来の継ぎ足しスープと桐龍専用小麦粉によるこだわりの麺がアピールポイント。

手前味噌ですが?昨日の夜、ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店のブログを書いていた私はすっかり二郎脳。

ここに突撃するきゃな~い!٩(ˊᗜˋ*)و♡

入口と書かれた通路側からまっすぐ正面、まずは注文口へ。

ここで食券をお渡しすると、お店の方から「ニンニクと玉ねぎはどうしますか?」とお伺い。
ニンニクちょっとは入れたいけど、後の事を考えてここは玉ねぎだけお願いします(・´з`・)

そうそうちなみに追加トッピングをしたい人はここでオーダー&お支払い。
そして、桐龍さんの有料トッピングはこんな感じ。

「とろーり半熟卵」と「豚増し(1枚)」が各100円で追加できます。

さて、ここで余談?というか大事なお話?
後調べなんですがつけ博では麺は茹で前150g、チャーシューは20g以下という大会規定があるそう。
どのお店がいいか投票する事になっていますし、バランスを取るためにそういう規定は必要ですよね。

なので、通常ガッツリ系のラーメンの目玉になっている豚ですが通常のらーめんに乗るものは小ぶり。
ですが!!この有料トッピングで追加できる豚はお店サイズ!
豚たっぷり食べたい方は、有料トッピングがおススメです!(=゚ω゚)ノ

さて、長々と失礼しました(*- -)(*_ _)ペコリ
注文口でオーダーを済ませた私は、食券の半券と「5-6」と数字が書かれた小さい券を渡されました。
一瞬なんだろう?と思った数字の書かれた券はラーメンを受け取るときの引換券
注文口でしたオーダーを受け取口で間違えないための工夫です。

さて、それでは引換券を握りしめ今度は受け取口側の列へ~(=゚ω゚)ノ

ラーメンが出来るのを待ちながら前方を見ていると、あ、受け取口の所に知り合いのラーメン屋さんのご店主さん。
お手伝いしに来るって聞いていたけど、ホントにいた~(*´▽`*)

こちらに気づいている気配はないけれど、ラーメンの待ち時間を飽きさせないように?
先頭にいるお客さんと気さくにおしゃべりしている姿に思わずほっこり。

そんな姿を眺めつつ待つことしばし、ついにブース内に動きが!!
そう!桐龍さんのラーメンの麺は太くてゆで時間がちょっと長くかかります。
ですが、茹で上がるとラーメンが一気に出てくるスタイルなのです~(*‘∀‘)ホエー

さぁ、そして、ここで気が付く引換券に書かれている「5-6」と数字の意味。
つまり私のラーメンは5というグループの中の6人目ってことだったんですねー(*‘∀‘)ホエー

同じグループの人達がどんどん受け取口へ進んでいき、引換券と引き換えにラーメンを受け取っていきます。
長くできていた列はあっという間進んでいき、ついに私が受け取る番。
ここでやっと私は知り合いの店主さんにご挨拶。
でも、ラーメンを受け取ったら…席を探して急ぎ移動~(∩´∀`)∩

よし!ここでいいや~ってことで着席!!

桐龍のらーめん850円
うわー(*´▽`*)おいしそう~♡
持ち運んでいる時から、ずっしりと重量感のあった入れ物。
プラスチックカップから伝わってくる温度は熱く、注がれたスープは結構たっぷり。

カップをくるりと回して反対側から見てみると、たっぷりの背脂が…

これまたたまらーん(≧▽≦)

さぁ、そしてちょっと気になる標高はこんな感じ(∀`*ゞ)エヘヘ

うむ、これくらいならハイキングコース?ってところかな~(笑)

さて、それでは遊んでないでいただきます!(*´▽`*)
ごくり。

あはー(*´▽`*)とろ~り甘~い。
とろみを感じる甘い豚骨醤油のスープはほどよくしょっぱくて美味しいです~。
プラスチック製のレンゲを持っては来たものの、これはレンゲなしでカップ直で飲む方がいいかも(∀`*ゞ)エヘヘ

続いて細かく刻んだタマネギみじん切りのそばのスープもごくり。

細かいみじん切りだとスープに味を加えるんですね~(*‘∀‘)
粗めの玉ねぎみじん切りもいいけれど、こういうのもいいかも。

さぁ、それではお楽しみの麺をいただきます。
まずは私の定番?野菜をかき分けて…

野菜のミステリーサークル~…

からの、えいやー!\(^o^)/

うひゃー(≧▽≦)うんまそー!
スープの中から出てきた麺は平打ちの幅がある太麺。

ふーふーと少し冷ましてがぶり。

うんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
もちもちとした麺に甘い豚骨醤油がよく馴染んでるぅ~。
麺表面のちょっとグニグニ?とした感じも気持ちよく、きっと食べ進めるほどに美味しくるぞ~。
程よく麺から小麦がスープに染み出て美味しくなるぞ~(≧▽≦)♡

さぁ、しばし麺をわしわしモチモチ食べたあとは豚をぱくり。

お!!香ばしい~(*´▽`*)♡
赤身はぎゅっと旨味が詰まっていて、脂身はとろふわ~。
豚のフチをぐるりと囲む部分のしっかりとした味付けと炙ってある?のか香ばしい風味が食欲をそそります。

そうそう先述しましたが、通常のトッピングで乗ってくる豚はこの系統のラーメンにいしては薄いです。
うーん、もう1杯食べようか迷ってなかったら有料トッピングしてよかったな~( ̄▽ ̄)エヘヘ

さて、ここから先は自由にガッツガツ、ずるずる。
そうやって食べ進めていくと、自然と麺と野菜が混然一体となり天地ガエシが完成。

そして、野菜と麺を一緒にいただきます。
頭の中はもやっし!めん!もやっし!めん!の大号令。

麺ともやしそれぞれの食感の違いを楽しみながら、あーやっぱり少しニンニクいれたかったな~。
ま、この後あるからダメなんだけどね~なんてついつい思ってしまいます(*´з`)

さて、気が付けば残すところあと少し。
ぷかぷかと浮かんでいるふわふわアブラをレンゲで追いかけては口の中へ。

お店でするようなコールはできないけど、背脂たっぷり乗っててコレ嬉しいな~(*^-^*)

さぁ、それでは気が済むところまで食べ尽くしたらスープは全部飲まずに終了。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)♡
もう1杯食べようと思っていたけど、びっくりするほどまんぷくはっぴー。
後で知った大会規定の麺量は150gですが、体感ではそれ以上に感じました。
どろどろの濃厚ではないけど、麺の小麦感の強さとスープの厚みがそう感じさせるのかもしれませんね。

ちなみに?余談ですけど、私の近くに座った大学生くらいの女の子3人組。
みんなそれぞれ違うラーメンを買っていたのですが、そのうちの1杯が桐龍さんのらーめんでした。
ニコニコ楽しそうにおしゃべりしながら食べている姿に思わずほっこり。
そこで思ったのですが、二郎系ラーメンのお店はなかなか女の子だけでは入りづらいこともありますよね?
だからこそ、こういうラーメンイベントで気軽に食べることが出来るのはいいな~と思いました(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年202杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」