10/15発売の日清からの新作
「日清焼そば U.F.O. 湯切りなし 麻辣あんかけ風焼そば」
を食べました!

あんかけ系の「UFO 湯切りなし」シリーズからの新作です!

10/15発売 日清焼そば U.F.O. 湯切りなし 麻辣あんかけ風焼そば

この「湯切りなし」シリーズもずいぶんと定着してきましたね!

最初に登場したときは期間限定系の商品に終わるかと思いきや、
「五目あんかけ」系の商品はレギュラーとして定着しましたしね!

そして期間限定系としてはピリ辛系の商品がちょくちょく出ますね!
以前にもこのシリーズから「大辛」が登場していますからね!

今回の商品もその流れに沿っているというふうに言えそうです!
でもって「麻辣」味は今年のトレンドでもありますからね!

10/15発売 日清焼そば U.F.O. 湯切りなし 麻辣あんかけ風焼そば(内容物)

内容物は粉末スープととろみの素という構成になっています!

作り方を見るとこの2つを「同時に入れる」とあるのですよね!

これはおそらくお湯の温度が高いときにとろみの素を入れたほうが
しっかりととろみがつくという狙いが込められているのでしょう!

なので、規定の4分待ってから左半分に粉末スープを入れて、
右半分にとろみの素を入れて同時にまぜる方式にしました!

同じところに入れてしまうと溶け残る可能性がありますしね!

ちなみにとろみの素はややラー油っぽい赤い色合いでした!(*゚ー゚)

10/15発売 日清焼そば U.F.O. 湯切りなし 麻辣あんかけ風焼そば(できあがり)

この商品は必要なお湯の量がけっこう少なめなのですよね!
湯切りがないので多めに入れてしまうと失敗してしまいます!

まずはその味ですが・・・おっ、意外と風味に厚みがありますね!(●・ω・)

決してこってりとか、まったりといった風味ではないのですが、
豆板醤ぽい味噌系のピリ辛と花椒の香りを主軸に据えながらも、
塩カドが立つような鋭い味ではなく、その奥に丸みを帯びた
きちんとコクを感じさせる味わいになっているのが好印象です!

「麻辣」は味としてまとまりのいい組み合わせではありますが、
一方でその2つの要素だけでは単調になりがちでもあるのですよね!

ただ今回のスープからはそうした単調な印象はほぼ受けません!

唐辛子の辛味も軽めで、花椒の痺れもごく軽いものということで、
刺激としての「麻辣」(麻=花椒の痺れ、辣=唐辛子の辛味)は
それほどアピールしてくるような仕上がりにはなっていませんが、
刺激は軽めでありながらもちゃんと満足させる味になっています!

自分の場合は辛味が好きなので、刺激は強めに欲しくなるのですが、
今回は刺激が軽くてもそうした不満はほぼ抱かなかったですね!

一応舌に軽くピリピリ感が残る程度の花椒の主張はありますし!

スープの原材料は糖類、豚脂、香味油、食塩、粉末みそ、香辛料、
植物油脂、チキン調味料、粉末しょうゆ、ポーク調味料、酵母エキスです!

こうして見ると麻辣を主軸にした味噌味を基本に甘みをつけ、
そこに豚脂、香味油、チキンによってコクを与えた感じですね!(*゚◇゚)

麻辣+甘みというと回鍋肉や麻婆系の味が連想されがちですが、
この商品の味はそうした甘味噌的な風味は特に持っていません!

あくまで麻辣だけで単調にならないよう補足的に甘みが入る感じです!

このシリーズはお湯の量が少ないうえに湯戻し時間が4分とやや長く、
なおかつとろみの素を入れてからちょっと長めにまぜる必要があるので、
どうしてもスープがぬるめになってしまうという弱点を抱えていますが、
シリーズも重ねることでそのあたりは気にならなくなってきましたね!

どうしてもぬるめに仕上がるのがダメだという人もいるとは思いますが!

麺は中細ぐらいのストレート麺で、やや歯切れのいい食感となってます!

いつものUFOの麺が強いもっちり感をアピールしてくるのに対して、
こちらはスパッと切れ、なおかつかなりやわらかめに仕上がります!

なので、普段のUFOの麺らしさを求めると多少ズレる面もありますね!

自分も最初の頃はその食感の違いに違和感を多少持ったりしましたが、
今ではこのやわらかさがこのシリーズの個性だと思えてきましたね!

こうしたやわらかめの麺とあんかけ系のソースって合いますからね!

「普段のUFOとは別物」と割り切って食べるのがいいでしょう!(=゚ω゚)

麺の量は85gで、カロリーは530kcalとなっています!
脂質は24.2gで、体感的な味わいよりも脂質は高めですね!

おそらくスープにけっこうしっかり豚脂が入ってるのでしょう!

スープにとろみがあるので、麺とスープの絡みは非常にいいですね!
スープがたっぷり絡んでくるので、麺量以上の食べごたえを感じさせます!

具材は肉そぼろ、チンゲン菜、赤唐辛子という構成になっています!

決して見た目の面では豪勢とは言い難い量になってはいますが、
肉そぼろもチンゲン菜もきっちりと存在感を見せてくれています!

ただ赤唐辛子に関しては細いこともあってほぼ目立たないですね;
日清の輪切り唐辛子はちょっと細すぎるような印象がありますね!

肉そぼろは量はほどほどながら、肉感や味はしっかりしています!

もともとややすっきりとした味わいのスープになっているので、
肉が口に入ってきたときに広がる肉の風味の効果は大きいです!

そしてチンゲン菜は今回の具材の中で主役と言える感じですね!(`・ω・´)

このシャキシャキとした食感、青菜らしいほんのりとした苦味、
そのあたりが全体の味わいの中でいい変化をつけてくれてます!

キャベツではなくチンゲン菜を起用したのは正解だったでしょうね!
キャベツだとここまで味のメリハリがつかなかったように思いますし!

麻辣と呼ぶには刺激も弱く、一見するとインパクトは控えめながらも、
味の骨格がしっかりとしていたので、むしろ印象は良かったですね!

強い刺激だけを求めるとちょっと肩透かしになるところもありますが、
麻辣を軸にした総合力で見るとなかなかの完成度にあると言えますね!

食べやすい味わいの中に花椒と唐辛子系の風味が光る一杯でした!(゚x/)モキリュッ

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!