2018年10月23日に明星食品からファミマ限定で発売された「とら食堂 ワンタン麺」を食べてみました。

この商品は、福島・白河ラーメンの人気店「とら食堂」の味わいを再現したもので、まろやかな鶏・豚の旨みをコク深く利かせた醤油スープに、つるみのあるワンタンの食感がたまらない仕上がりとなって美味しくマッチした“とら食堂 ワンタン麺”となっております!

ご覧の通り、パッケージには“客を唸らせる情熱の一杯”と記載されているように、今回の一杯には、澄んだ醤油スープにしっかりとコク深い旨みが表現され、昭和44年創業・福島の名店にふさわしい深みのある納得の味わいに仕上がっているようですね!

また、こちらには、シンプルながらも鶏・豚による深みのあるまろやかな醤油スープが弾力ある麺にしっとりと馴染んだ仕上がりイメージが確認できます!

これは、後味すっきり…かつしっかりと旨みが利いたことで、非常に満足度も高く、最後まで飽きの来ない醤油スープといった仕上がりを想像させますね!!

他にも特徴として、ノンフライ仕様によって仕上がった太めの平打ち麺は、もちもちっとした弾力のあるコシがつるみのあるワンタンとともに舌ざわりの良い食感を表現し、まろやかな醤油スープがよく絡むことで、染み渡るような深い旨みを同時に楽しむことができるようです!

実際に食べてみて…

透明度の高い一見シンプルにも見える醤油スープには、しっかりと厚みのある旨みが表現されていることを思わせる脂が浮き、それによって非常に深みのある鶏・豚の旨みが染みるような美味しさを表現し、鶏の旨みが利いてはいるものの…変に甘ったるさもなく、醤油ならではのコクとキレとともに非常にバランス良く仕上がっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの名店の味を再現した「とら食堂 ワンタン麺」についてレビューしてみたいと思います!

とら食堂 ワンタン麺について

今回ご紹介するカップ麺は、福島の名店であり白河ラーメンの人気店「とら食堂」の味わいを再現したもので、澄んだ醤油スープに、鶏・豚の旨みを凝縮させたコク深い味わいに、つるみのあるワンタンが美味しくマッチした“とら食堂 ワンタン麺”となっています。

ご覧のようにパッケージには、“平打ち麺と旨みの詰まった醤油スープ”といった、今回のまさに特徴である麺とスープについて簡潔に表現されていますね!

さらに今回の一杯には、このコク深くも飽きの来ない旨みと後味の良い醤油スープに、つるっとなめらかなワンタンが入ったことで、弾力のある麺とはまたひと味違った食感が楽しめるというわけです!

ちなみに、フタの裏には「とら食堂」についての簡単な説明が記載されていて、こちらによると…現在2代目店主が味を引き継ぎ、全国的に有名な行列店とのことで、特に手打ち麺には“踊るような弾力となめらかな食感”が表現されているようで、深みのある醤油スープのみならず、こちらの仕上がりもまた気になるところ。。

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り406kcalとなっております。(塩分は6.7g)

カロリーは平均的といったところですが、塩分はやや高めな数値のようですね!
ちなみに1食105g、麺の量は65gとのこと。

そして、鶏・豚の旨みがしっかりと利いたシンプルながらもコク深いスープということもあって、その内訳を見てみると、やはりスープに占める数値が高いようなので、その味わいは名店ならではのこだわりの美味しさが表現されているものと思われます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、鶏・豚エキスや豚脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • チキンオイル
  • 香味油
  • 香味調味料
  • 植物油脂
  • 昆布粉末

といった、醤油ベースのスープには、シンプルながらもしっかりと鶏・豚の深みのある旨みが利き、醤油ならではのコクと合わさったことで、飽きの来ないすっきりとした口当たりの後に、じんわりと染みるような旨みが表現された美味い一杯を想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、粉末スープ、液体スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、今回つるっとしたなめらかな食感が表現されたワンタンがすでに入っていますね!

さらにその下の麺は、ノンフライ仕様によって弾力のあるコシとなめらかな食感を想像させる太めの平打ち麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • ワンタン
  • チャーシュー
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

このように今回のコク深い醤油スープに仕上がった一杯には、ワンタンをはじめ相性抜群と思われる具材が揃っているようですね!

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの粉末スープと液体スープを入れたところがこちら!

液体スープには、鶏・豚の旨みと思われる脂がしっかりと含まれていたようなので、調理中はフタの上で温めておくと良いでしょう。

では、よーくかき混ぜてみましょう。

シンプルながらも鶏・豚の旨みが利いたと思われる厚みがスープにしっかりと表現され、あっさりとした中にも深みのある味わいに仕上がった一杯、といった印象の出来上がりです。

何と言ってもこの透明度の高い醤油スープに浮かぶ鶏・豚の脂が良いですね!
シンプルとは言え、しっかりとした旨み・飲み応えを感じさせるコクや深みはまさに名店ならではといったところ!これは見た目からも食欲そそられますね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…おっ!しっかりと鶏・豚の旨みが厚みを感じさせていて、醤油ならではのコクが非常に美味しく引き立っていますね!これは止まらなくなるやつ…!

そして、その旨みには全く嫌みがなく、こってりし過ぎていないところが抜群な飲み心地、さらに後味の良さを感じさせてくれます!

さらにこの鶏と豚のバランスも良いんじゃないでしょうか?鶏の旨みは変に甘さもなく、醤油スープを引き立てるかのように豚の旨みが一回りも二回りも美味しく利いているようですね!

麺について

麺は、先ほどもお伝えした通り、ノンフライ仕様によって手打ちを感じさせるもちっとした弾力のあるコシが表現されていて、平麺ということもあって、“コク深さ”と“あっさりさ”を兼ね備えた醤油スープがよく絡みます!

それによって、すすり心地抜群な平麺からは、一口ずつに鶏・豚による旨みが醤油のコクとともに美味しく表現された味わいが口に広がっていき、同時に醤油のすっきりとしたキレによって後味も非常に心地良く感じさせますね!

んー、これは実店舗の方とも比べてみたいものです。。

トッピングについて

トッピングにはまず、何と言ってもこちらのワンタンが入っていて、仕上がりは非常になめらかな食感が表現され、手打ち感のある平麺とはまたひと味違った美味しさ・食感を楽しむことができるのではないでしょうか?

また、このワンタンは3つ入っていて、数としては少なく感じるかもしれませんが、湯戻りによって思っていたよりも食べ応えのあるサイズに仕上がっていたため、そこまで物足りなさも感じさせません!

また、こちらのチャーシューは、カップ麺ならではの薄めにカットされたものではありましたが…コク深い醤油スープとも相性良く馴染み、しっかりと肉の旨みなんかも表現されていたため、麺やスープ、ワンタンなんかと一緒に絡めて食べてみると良いでしょう!

そして、こちらのメンマは、若干数が少ないようにも感じられましたが…コリコリとしたほどよい食感が表現されていて、今回のようなシンプルな一杯にも相性ぴったりです!

スープについて

スープは、醤油ならではのコクとキレによって、どこかシンプルさを感じさせるあっさりとした印象の仕上がりではありますが、そこに鶏・豚の旨みが利いたことで、醤油スープに深みのあるコクが表現されています!

さらにその旨みは、こってりすることなく、上質な旨みとしてバランス良く溶け込み、まさに名店「とら食堂」ならではの美味しさが飽きの来ないスープとして表現されているように感じられますね!

この後味すっきりとした醤油スープには、ご覧のようにしっかりと鶏・豚の旨みが脂として利いたことで、満足度の高いコクと抜けの良いバランスが最後まで全く飽きさせません!

まとめ

今回「とら食堂 ワンタン麺」を食べてみて、口に入れた瞬間シンプルにも感じられる醤油スープには、しっかりと鶏・豚の旨みが利いたことで、後からじんわりと染みるまろやかな深みとコクが美味しく感じさせ、さらに醤油ならではのキレによって口当たり・後味ともにすっきりとした一杯に仕上がっていました!

このバランスの良さはたまりませんね!シンプルながらも安定した美味しさが表現されたスープには、何度も食べたくなるような飽きの来ない味わいに仕上がり、さらに弾力のあるもちっとした麺や、なめらかなワンタンによる食感が良いアクセントとなって、最後まで一気に食べ進めてしまうのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。