10/16発売の明星「六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油」を食べました!
ローソンのみで先行販売されている商品となっています!

10/16発売 六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油

「六厘舎」というと、豚骨魚介系つけ麺のパイオニアとして有名ですね!
カップ麺としてもつけ麺ではないですが過去に発売されています!

つけ麺をカップ麺化するのはどうしても難しいということもあって、
つけ麺の味をラーメンで再現したカップ麺になることが多いですね!

これまで「六厘舎」のカップ麺は日清から登場していましたが、
今回は明星からということで、製造メーカーが変わってます!

同じお店でも製造メーカーが変わるケースはときどきありますね!

ただ今回はつけ麺を再現した商品というわけではないようですね!

商品名にもつけ麺のポイントである「魚介」の文字がないですし、
どうも今回はお店の「中華そば」がモデルになっているようです!(=゚ω゚)

10/16発売 六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油(内容物)

カップのほうを見ると、白い粒状のものが入っているのが見えますね!
これが今回の商品のポイントなっている背脂顆粒になるようです!

こうした背脂風の具材は東洋水産など他のメーカーでも見られますね!

背脂顆粒と多めの豚脂とで背脂のこってり感を演出するのですよね!

10/16発売 六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油(できあがり)

そこそこ粘度が高めのドロリとした豚骨醤油スープになってますね!

まずはスープですが・・・おっ、想像以上にどっしりしたスープですね!(●・ω・)

「有名店シリーズ」の「六厘舎」が意外にライトだったことから、
こちらもそれほどどっしり来るスープではないのかと思いきや、
この商品はやや粘度も高くヘヴィさを強調した味わいですね!

豚骨臭がガンガンに攻め立てるほどのタイプではないですが、
ねっとりとしたスープ、しっかりと腰の据わった動物系のコク、
そこに合わさる多めの豚脂、そして背脂顆粒というように、
ヘヴィな濃厚系豚骨スープとしての個性がきちんとうかがえます!

もちろん魚介の要素はここには特に入ってはいないのですが、
その点が不満に感じられるようなことは全くなかったですね!

ただ食べる前に「六厘舎=魚介豚骨」のイメージができすぎていると、
食べたときに「あれっ」となってしまう可能性はなくはないのですが!

今回のスープはむしろ「無鉄砲」などのドロ系豚骨に近いような、
濃厚でドロ感のある豚骨スープで素直に勝負してくるタイプです!(*゚ー゚)

このタイプの豚骨ラーメンってカップ麺ではなかなか見ないので、
そういう点でも価値のある一杯というふうに言っていいでしょうね!

いわゆる博多系の豚骨ラーメンとも全くタイプが違ってますしね!
豚骨にヘヴィさやどっしりさを求める人にこそ向いている一杯です!

スープの原材料は豚・鶏エキス、豚脂、しょうゆ、小麦粉、でん粉、たん白加水分解物、
糖類、香味油、香辛料、食塩、香味調味料、チキンオイルという構成になっています!

こうして見ると主役は豚ですが、付加的に鶏のサポートも入れてますね!

ただ食べている感触としては、前面に出てくるのは主に豚となってます!

鶏油ぽさもあまりないですし、豚骨臭こそそこまで強くないものの、
鶏豚骨ミックスというよりは、純粋な豚骨のイメージに近いですね!

麺は湯戻し4分の中細ぐらいの太さの油揚げ麺となっています!

麺の太さだけを見ると「4分も待って大丈夫かな」と思うのですが、
この麺はきちんと規定の4分まで待ったほうがいいと言えますね!

少しフライングするとザクザクとした食感が少し残ってますし!

今回の麺は風味に関してはそこそこワイルドさもあるのですが、
その噛んだときにやってくるもっちり感はかなりの強さですね!

一見すると普通の麺でありながら、麺の食感には力が入ってます!(*゚◇゚)

そういえば実店舗でも、こうしたドロ系の濃厚豚骨ラーメンに
中細でしっかりとしたタイプの麺を合わせるケースはありますね!

今回はスープが強いので、普通の麺だと麺が負けたでしょうし、
こうした中細ながらも主張が明確な麺を選んだのは正解でしょうね!

麺の量は80gと多めで、カロリーは501kcalと高めになっています!
脂質は22.4gで、やはりこちらもけっこう高めではありますね!

具材はチャーシューチップ、背脂顆粒、メンマ、ねぎです!

背脂顆粒はスープにいくつか浮かんでいる白い粒状のものです!

これに豚脂が絡むことでリアルな背脂らしさを生むのですよね!(`・ω・´)

実際今回の商品では濃厚さの演出に大いに貢献していました!
このとろっとした質感が背脂ラーメンらしさを高めますからね!

他の具材もこのタイプのドロ系豚骨としては上手く合ってますね!
こうしたスープに合う具材はきっちりとそろえてきた感があります!

チャーシューチップはノーマルながらも肉感をしっかり与えてくれ、
メンマもほどよいコリコリ感で食感にアクセントを出してくれてます!

ねぎもリアル系で、店カップとして十分に納得がいく内容ですね!

普段は豚骨と魚介の調和をウリにするお店のラーメンではありますが、
今回はその一つの柱である豚骨の濃厚さがしっかりと表現されており、
「濃厚豚骨のお店としての六厘舎」の個性が上手く出ていましたね!

カップ麺としてはなかなかお目にかかれない濃厚系豚骨スープですし、
一つの豚骨ラーメンとして食べる価値が十分にある一杯と言えますね!

普段の「六厘舎=魚介豚骨」のイメージは捨てて食べてみましょう!(゚x/)モギギンッ
Source: He can eat anything but himself!