10/29発売の明星「ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺」を食べました!
銀座にある「蝋燭屋(ろうそくや)」というお店の監修商品です!

10/29発売 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺

商品名に「ラーメンぴあ」とあるのがちょっと不思議に見えますが、
これは「ラーメンぴあ2019首都圏版」の新店部門No.1を獲得したのが、
こちらの「蝋燭屋」で、そこからカップ麺化に至ったためですね!

実は「ラーメンぴあ」とのコラボ商品は以前にも一度ありましたね!(=゚ω゚)

何らかの媒体で高い評価を得たお店のカップ麺化となると、
それだけで話題性が増すので、その狙いがあるのでしょう!

「ラーメンぴあ」としても知名度が上がることに繋がりますしね!

とはいえ、「麻婆麺」で新店No.1を獲得するというのは珍しいですね!

「麻婆麺」って、なかなか個性を出しにくい料理だと思いますし、
一般的にはもう少し王道寄りの味が選ばれそうな気がしますからね!

10/29発売 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺(内容物)

具材はあまり多くないですが、おおむね麻婆的なものが入ってますね!
ただねぎが入らないというのはちょっと珍しいような気がしますね!

調べてみるとお店の「麻婆麺」にはねぎも入っているみたいですが!

10/29発売 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺(できあがり)

仕上げに少し辛そうな赤い調味油をかけると完成となります!

まずはスープですが・・・これはよくできてるではないですか!(●・ω・)

カップ麺における「麻婆麺」や麻婆豆腐を指向したような商品って、
四川風麻婆としては「何かが足りない」とものが大半なのですよね!

たとえば四川風麻婆豆腐で使われる材料の風味があまり感じられず、
醤油や和味噌の風味のほうが前面に出て和風に仕上がっていたり、
方向性としてはおおむね四川風ではあるけど刺激が控えめすぎたり、
大抵が「あとこの要素があれば」と思わされるものなのですよね!

そういう視点から見ると、この商品はそうした欠落感がないのです!
これは自分としては非常にうれしいポイントになっていましたね!

きちんと豚をベースに中華系らしい調味料で味付けがほどこされ、
変に和風寄りに食べやすく仕上げられたような感じはほとんどなく、
そしてポイントである花椒がきちっと効かされているのですよね!(*゚◇゚)

それにしても最近はほんと日本にも花椒の風味が定着しましたね!
20年ぐらい前だと、マニアだけが購入するような調味料でしたが!

この花椒も単に強烈な痺れをアピールする激辛指向のものではなく、
四川風麻婆豆腐として必要なパーツとして組み合っているのですよね!

なので、ただ刺激が先行するのではなく、全体のまとまりが非常に良く、
それでいて刺激の強さも十分と、このバランスも実に見事でしたね!

食べていてずっと舌にピリピリッとした痺れがやってきますからね!
この強さであれば、四川風として十分に満足がいくレベルにあります!

唐辛子に関してはもうちょっと強めでも良かった気はしますが、
トータルの刺激としては十分に納得できるものがあったので、
それが自分の中で不足感につながるようなことはなかったです!

今回のスープの中で特にポイントになっていたのは調味油でしょうね!

豚脂をメインにすることで、麻婆に欠かせない豚の風味を与え、
それと同時に花椒の痺れを強く溶け込ませていましたからね!

決して「麻婆麺」としてこのお店ならではの何か強い個性や、
驚くような要素はないのですが、一つの四川風として見たときに、
欠点らしい欠点がない、そういう一杯と言っていいでしょうね!

スープの原材料はデキストリン、香辛料、豚脂、食塩、
たん白加水分解物、みそ、香味油、しょうゆ、糖類、酵母粉末、
豚・鶏エキス、酵母エキス、植物油脂、香味調味料です!

デキストリンが多く入っているのはとろみづけのためでしょうね!
実際に麻婆系として必要なレベルのとろみはありましたからね!

決してドロドロというようなそこまで強い粘度ではないですが!

麺は断面の丸い中太ぐらいの太さの油揚げ麺となっています!

一見するとごくごく普通の雰囲気の油揚げ麺ではあるのですが、
けっこう密度感が高く、もちっとした食感が強いのですよね!(*゚ー゚)

「もちもち」というよりは「むにむに」に近い気もしますが、
一般的な油揚げ麺のふわふわとしたような弱い食感とは違い、
いずれにしてもかなりしっかりした仕上がりなのはたしかです!

これを優しいスープに合わせると麺勝ちしてしまいそうですが、
今回は麻婆系のスープということに非常によく合ってましたね!

スープもよく絡むので、麺だけが目立つ感じはなかったです!

麺の量は75gで、カロリーは440kcalとなっています!
脂質は18.3gで、標準よりちょっと高めという感じですね!

具材は豚・鶏ひき肉、豆腐、ニラという組み合わせです!

お店の「麻婆麺」は麻婆豆腐がかけられるという方式なので、
このカップ麺の具材もそれに沿った内容になっていますね!

豆腐はそこまで多くないのですが、厚みはそこそこありますね!

つるんとした食感が特徴で、風味はそこまで強くないものの、
のど越しや豆腐の質感を楽しむという点ではなかなかいいです!

ニラはかなり少量ながら、全体の香味をよく高めていますね!

具材としてねぎをチョイスするという方法もあったと思いますが、
このちょっとしたアクセントを見るとニラが正解だったかもですね!

そして主役であるひき肉具材ですが、これが頑張っていますね!(`・ω・´)

豆腐とニラはあまり多いとは言えないぐらいの量でしたが、
ひき肉に関しては主役と呼ぶにふさわしい量はありますね!

でもって、粒の大きさが不規則であることもリアル感を高めていて、
なおかつこのギュッと詰まったような質感が非常に良かったですね!

なんだか炒めたひき肉のような本物感が宿っていましたからね!

何かものすごくわかりやすい特徴があるというわけではないですが、
「四川風麻婆麺」としての一つの理想をきれいに描いてくれてましたね!

個性は強くなくとも、自分はそれだけで十分な満足感が得られました!

「麻婆麺らしい味わい」を求めるなら、ほぼ確実に楽しめるでしょう!(゚x/)モキキッ

【関連記事】
ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺
ラーメンぴあ 麺LABOひろ監修 鶏そば醤油
Source: He can eat anything but himself!