11/5発売のエースコック「JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん」を食べました!
郷土料理をアレンジする新シリーズ「JAPAN FOOD記」が登場しました!

その第1弾商品となったのが、この山形の「ひっぱりうどん」です!

ちなみに「JAPAN FOOD記」で「にっぽん ふーどき」と読むようです!
「FOOD記」はもちろん「風土記」とかけたものなのでしょうね!

11/5発売 JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん

それにしてもエースコックからは新シリーズがよく登場しますね!

おそらくはエースコックが得意としているノンフライうどんの展開を
見据えての新ブランドと思うのですが、ノンフライうどんのシリーズは
すでに「NEW UDON STYLE」や「うどどん!」というものがあるだけに、
完全にエースコック内で乱立してしまっているという印象もしますね;

山形のひっぱりうどんは茹で上げたうどんを納豆やサバ缶の入った
醤油ダレに絡めて食べるという非常に個性的な郷土料理となってます!

さすがにそのままの形式でカップ麺化するのは難しいことから、
麺とタレを直接絡めたまぜそばスタイルでの登場となりました!

自分は「ひっぱりうどん」そのものを食べたことはないのですが、
大阪にある山形ラーメンのお店で「ひっぱりうどん」をモデルにした、
山形ひっぱり混ぜそば」というのを食べたのが記憶に残ってます!(*゚ー゚)

「ひっぱりうどん」と同様に麺に納豆やサバの水煮を絡めて食べる、
まさに「ひっぱりうどん」のまぜそばバージョンという感じでした!

なので、「ひっぱりうどん」がまぜそば化するのは意外性はなく、
今回は麺もうどんなので、かなり自然に楽しめそうな感じがします!

11/5発売 JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん(内容物)

内容物はかやく入り粉末スープと液体スープとなっています!
汁なし系商品なので、もちろんどちらとも後入れとなってます!

「ひっぱりうどん」というと、納豆とサバがポイントですが、
かやくについては完全に粉末スープと一体化してるのですね!

11/5発売 JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん(できあがり)

なんだかうどん+醤油ダレ+薬味といった感じの仕上がりですね!

まずはベースの味ですが・・・おっ、タレが工夫されていますね!(●・ω・)

自分の予想ではタレはベーシックな和風醤油味になっていて、
そこにかやく入り粉末スープで変化をつけると予想してましたが、
実際にはこのタレの段階で「ひっぱりうどん」らしさが出てますね!

というのも、タレをかけている段階から微妙に臭いのですよね!笑

納豆を思わせる香り、そしてサバと共通するような魚介臭さ、
このあえてちょっと臭いと思わせる香りがポイントですね!

なので、タレだけで麺を食べてもそこそこ「ひっぱりうどん」です!

もちろんこの段階では麺とタレのみで具は入っていないのですが、
「ひっぱりうどん」のポイントがちゃんと忍ばされていますからね!

このあたりは以前に「城東烈火」で「山形ひっぱり混ぜそば」を
食べたときに感じた風味を思い起こさせるものがありましたね!

そんな納豆とサバの2大要素を思い起こさせるタレではあるのですが、
原材料を見ると実はちょっと違った組み立てになっているのですよね!

タレの原材料はしょうゆ、植物油脂、動物油脂、発酵調味料、砂糖、
香味油、しょうゆ加工品、食塩、香味調味料、ニボシペースト、
ポーク調味料、カツオ風味調味料、香辛料という構成になっています!

納豆の風味についてはおそらく香味油か香味調味料あたりですかね!
あるいは香料で納豆ぽさを出しているだけなのかもしれません!

ただサバに関してはどうもタレには使われていないっぽいですね!
魚介系はなぜか煮干ペーストとかつお風味調味料が入っています!

素直にサバを使えば良かったのではないかと思ったりもするのですが、
サバの個性はたしかに煮干とかつおの中間的なところもあったりするので、
その2つを合わせることで、魚介臭さと旨味を両立したのですかね!

そして後入れ粉末スープを入れると・・・節系が優位になりますね!(*゚◇゚)

それによってたしかに魚介の旨味はわかりやすくなるのですが、
「ひっぱりうどん」のサバ感は「節系」とは少々違うのですよね!

というのも、もともとサバ缶のサバの水煮を使うわけですから、
節系の香ばしさよりは、ちょっと魚臭いぐらいのほうが合うのです!

その点で言うなら、タレだけのときのほうが再現はされていましたね!

粉末スープが入ると魚粉によってサバの旨味と香ばしさは上がりますが、
そのかわりサバの水煮っぽい感じは一歩後退するといったところです!

その分だけわかりやすく万人受けしやすい味にもなっていますが!

そして納豆を思わせる風味もそれと同時にいくぶん強まります!

これは粉末スープに発酵大豆パウダーが入っているためですね!
どうもこれが今回の納豆風味のポイントになっているようです!

そしてこのパウダーによってごく軽い粘り気も出るのですよね!

さすがに実際に納豆を入れたときのように糸を引いたりはしませんが、
ごく軽い麺にまとわりつくような粘りが出ているのは好印象ですね!

麺はエースコックが得意とするノンフライうどんとなっています!
この麺についてはやはり欠点らしい欠点は見当たらないですね!

この麺を食べるためだけに購入する価値があると言ってもいいです!
ほんとそれだけエースコックのノンフライうどんは秀逸な内容です!

幅はほどほどで、厚みもそこそこあり、そして何と言っても、
うどんらしいもっちり感がしっかり堪能できるのが見事ですね!(`・ω・´)

もちろん実際のうどんはこれよりも太いものが一般的ですが、
カップ麺でできるノンフライうどんでは現在の最高峰でしょう!

そしてこの麺が素晴らしいのは、ノンフライ麺特有の臭みがなく、
きちんと小麦のふくよかな旨味を感じさせてくれるという点です!

この風味については、まさにリアルなうどんを思わせてくれますね!

麺の量は70gで、カロリーは329kcalとなっています!
脂質は8.2gで、汁なし系であることを考えるとかなり軽めです!

麺量70gは、汁なし系としてはちょっと少なく感じられるかもですね!

具材は大豆加工品、ねぎ、焼き海苔という組み合わせです!

このうち大豆加工品が納豆にあたる存在ではあるのですが、
残念ながらそれほど納豆ぽい雰囲気は感じられないですね!

サクサクとした食感で、ちょっとだけ納豆の粘りがあるような、
そんな気もしますが、意識してもそれほど納豆らしくはないです!

でもって、量についてもそれほど入っているわけではないですしね!

カップ麺における納豆具材は過去にペヤングが何度か使ってますが、
納豆のリアル感という点ではペヤングのほうが数歩上ではありますね!

こちらはおそらく具材にまでコストを回せなかったのでしょうね!
どうしてもノンフライうどんにコストがかかってしまうでしょうし!(=゚ω゚)

他のねぎと刻み海苔はどちらも薬味といった役割になってます!
なので、具材らしい具材はほぼ皆無と言っていいぐらいですね;

ただ、ねぎは全体の香味を高める点で大きく貢献していますし、
海苔による香ばしさは非常にいい効果を見せてくれていますね!

特に海苔が入ることで全体の印象が数割は上がっていましたし!

麺は間違いなく優秀ですし、タレもしっかり工夫がされていて、
ちょっと節系の香ばしさの強さがやや蛇足的な面もありましたが、
それでも「味わいの再現」という点ではなかなか頑張ってましたね!

それだけに具材も含めてよりリアル感があれば良かったのですが、
それを狙うとどうしても300円近い価格帯までいくのかもですね!

具材に弱さはありますが、しっかりと雰囲気は楽しめる一杯でした!(゚x/)モキュキュキュギュ
Source: He can eat anything but himself!