さて、この日の私は友達と一緒に日本橋へ行く予定。
ま、そうなると自然とその近辺のラーメン屋さんに行こうということになりますよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんな訳で友達と近辺のラーメン屋さんを検索。
その中から行ってきたのがこちらのお店。

人形町 兎屋にんぎょうちょう うさぎや
(人形町・東京都中央区)
2018,9,18訪問

こちらのお店は最寄り駅の東京メトロ日比谷線・人形町駅より徒歩約1分とすごい駅近。

まぁ、この日の私は自分に使い勝手の良かった都営新宿線・馬喰横山駅から。
いつものように地図アプリを使ってお店へ向かいました(∀`*ゞ)エヘヘ

それでは、友達と店前で合流したらまずは食券の購入。
こちらのお店の券売機は店外にあるので、じっくり見れて嬉しいですな(∀`*ゞ)エヘヘ

しかも、券売機の前にもひさしがあるので雨の日でも安心。
券売機横に両替機もあり、混雑する時間帯はお店の人もお客さんも大助かりですね。

ちなみにまだ暑い季節だったから?訪問した日は券売機の近くにはお茶の入ったウオータージャグが設置されていました。

こういう心遣いって、ホントありがたいですよね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、券売機に戻ってこちらの基本メニューをチェック。
あるのは「らーめん」と「つけめん」の2種類で、特製などはなく追加したいトッピングは別途買うタイプ。

麺量はらーめんが小150g→中225g→大300g。
つけめんは並盛225g→大盛380g、麺量は増えるごとに+¥100増えていく価格設定。

その他、気になったのは券売機からポップアップされている「小鬼(エビ辛し)」の案内。

きっとおススメ何だろうけど…初訪問だし、ここはシンプルにそのままで。
そして、今日は味玉より麺をいっぱい食べたいなってことでらーめん(中)に決定です(∀`*ゞ)エヘヘ

それではお互い食券を買ったら店内へ~\(^o^)/\(^o^)/

店舗正面は全面ガラスで中の混雑状況がよくわかる造り。
店員さん達は和食料理人さんの様ないでたちで和が似合う人形町らしい雰囲気。

力強い「いらっしゃいませー」のお声がけ、テキパキとした対応で食券の受け取り。
そして、空いている席へのご案内。

こちらのお店の客席は調理場を囲むL字型のカウンター10席。
ただイスが動かないタイプなので、ちょっと座るときにおよよよっとなっちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、それでは席に着いたらセルフサービスのお水の準備。
置いてある卓上調味料は白黒2種類のペッパーミル、酢、ひょうたんの中身は唐辛子かな?(*^-^*)

そして、低いカウンターボードにはこちらのお店のメニューと、

食べ方のご案内。

ふむふむ、つけ麺には柚子胡椒(+)、らーめんには生卵(+)がおススメなのか~(*‘ω‘ *)

まぁ、それもこれもまた次回の話だな~と思っている所にお店の方から紙エプロンの有無を聞かれます。
すーぐ汁はねしちゃうので素直に紙エプロンをお願いし装着!
準備万端な所に完成したらーめんが到着でーす\(^o^)/

らーめん(中盛)880円
うんうん、真ん中になるとが乗ってるちょっと懐かしい丼顔がいい感じ~(*^-^*)

それでは、早速いただきます。

まずはスープからごくり。

おぉ、アツアツ動物魚介~(*´▽`*)
気を付けないとヤケドするほどアツアツのスープ、シャバっとしているけど濃い旨味と醤油ノカエシがぐっと来る。
丸鶏と煮干を合わせた動物魚介系のWスープは、どこか懐かしくてホッとする味です。

さて、アツアツのスープにしっかりと浸った麺をドキドキしながらいただきます。
箸で持ち上げふーふー、少し冷ましてからがぶり、ずずずっと。

アツアツ、ぷりぷり~( *´艸`)♡
麺は中太ストレート、ぷりっとした歯ごたえ、コシもあってしっかりとした食べ応え。
そして、ちょっとやそっと冷ましたくらいでは温度が下がらないくらい程よくスープを含んでいます。
はふはふ、空気を吸い込みながら麺を啜り上げないとヤケドしそう~(≧▽≦)

さぁ、ここから先はのっけももいただいていきます。
まずは赤身が多め、さっぱりとしたもも肉のチャーシューはちょっと固めでパサっとしてる?

でも、スープに沈めてよーくスープを含ませてから噛みしめると肉の旨味がじわーっと出てきていい感じ。
なんだかこういう所もちょっと懐かしいかもー(*^-^*)

さて、それ以外にはカリコリとした食感のよいメンマ。

青菜特有のさっぱりとした水分がいい合の手になっている小松菜。

薬味のネギの粗みじん切りはたっぷり入っていて、食べていると自然に口の中へ。
ネギの風味がいいアクセントになって飽きさせません。

さぁ、そろそろ終盤なので味変に気になっていたひょうたんの中身を。
…お、これは七味唐辛子?かな(*‘∀‘)

ピリっと辛い唐辛子の味はほっとする甘しょっぱい動物魚介スープにいい刺激をプラス。
これはきっと有料トッピングで追加できる「小鬼(エビ辛)」も合うんだろうな~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、しばしそのまま食べ進めた後、スープに浸した海苔をぱくり。

そして、チャームポイントのなると。

最後に残っていた麺や具材を綺麗に攫い口の中へ入れて~♡(´~`)モグモグ

さて、さすがに出てきた時からアツアツだったスープも食べ終わる頃には少し温度が低下。
ま、それでも「冷めた」と言うにはかなりスープは暖かで私は汗だく
麺量も中盛にしたことでお腹もいっぱいになったので、スープは残して終了です。

ぷはー、ごちそうさまでしたー(*´▽`*)
ちょっと懐かしい感じの動物×魚介スープのらーめんにコシのある中太麺。
なんだかほっとする1杯でとっても美味しかったです。

ま…でも本当の所、私が想像していたラーメンと違う1杯で勝手にびっくり?しちゃいました。
実はこちらの「らーめん」の写真の見た時、中央のナルトから?なのか昔ながらの中華そばっぽいものを連想。
なので出てきたらーめんがWスープの動物魚介らーめんで驚いちゃっいました(∀`*ゞ)エヘヘ。

そんな訳で?どちらかと言うと同行した友達の頼んだ「つけめん」の方がこの日の気分だったかもしれません。
さぁー、そんな友達のつけめんがこちら~\(^o^)/

つけめん(大盛)950円

つけめんの麺はらーめんとはまた違う麺で平打ちのストレート、麺肌はつるりと滑らか。
麺の厚みが少し不均一になっていて、噛みしめると小麦の甘味がして美味しい(*^-^*)

つけ汁はらーめんと同様にシャバっとした動物魚介のWスープ。
ですが、!つけめんの方が動物系のスープが強い?のかこちらの方があっさりとしているように感じました。
ま、次の機会があれば、今度はつけめんを自分で注文して食べてみたいと思います(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年185杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

らぁ麺 兎屋さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都中央区日本橋人形町3-9-2


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」