11/20発売の東洋水産「長尾中華そば こく煮干し」を食べました!

青森の有名店である「長尾中華そば」のラーメンの再現商品で、
ファミリーマート/サークルKサンクスの限定となっています!

11/20発売 長尾中華そば こく煮干し

「長尾中華そば」ってよく名前を聞きますし、カップ麺としても
過去に何度か目にした記憶があるのですが、自分のブログを調べても、
「長尾中華そば」単独の再現カップ麺は過去に紹介してないのですよね!

「田中商店」とのコラボ商品が以前に同じく東洋水産から出てましたが!(=゚ω゚)

そう考えると今回の商品は満を持して出たと言ってもいいのかもですね!

また今回は東洋水産の看板商品である「正麺カップ」と同じ
「生麺ゆででうまいまま製法」が使われていることから、
かなり本気度の高い仕上がりであることが期待できますね!

11/20発売 長尾中華そば こく煮干し(内容物)

麺は一般的な「正麺カップ」の麺よりもいくぶん白くなってますね!
「正麺カップ」も白湯系だと、やや白い麺を使うことがありますが!

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープは後入れ仕様となっている点に注意が必要です!

11/20発売 長尾中華そば こく煮干し(できあがり)

少し白濁した醤油スープにシンプルなトッピングとなっていますね!

まずはスープですが・・・非常に飲みやすいバランス型の煮干スープです!(●・ω・)

煮干の旨味がはっきりと伝わるスープですが、それだけでなく、
ベースとなる動物系のコクや旨味がしっかりとやってきますね!

軽めの豚骨に鶏を合わせ、そこに豚脂のコクをほんのりと加えて、
ライトながらも一つの動物系スープとしてもきちんと成立してます!

そしてその支えの上でビシッと旨味を主張しているのが煮干です!

煮干らしい力強い旨さを主張しつつも、きついエグみはほとんどなく、
煮干系のラーメンが少々苦手でもいける範囲に整えられています!

あくまで煮干を中心としたバランス型の一杯と言っていいでしょう!(*゚ー゚)

そこに昆布も加わることでよりしっとりとした旨味も感じられます!

ただ決して煮干の存在感があまり強くないということではなくて、
どんぶりの底にはけっこう多めの魚粉が残るぐらいの強さはあります!

スープの原材料は魚介エキス、豚脂、しょうゆ、デキストリン、
植物油、香味油脂、ポークエキス、こんぶエキス、食塩、
チキンエキス、香辛料、砂糖、発酵調味料となっています!

主役はしっかりと煮干で、豚と鶏の両方でベースを作りながら、
豚脂でコクを、そして昆布でさらなる旨味を重ねていますね!

醤油もとがった感じはなく、ほんときれいにまとまった一杯です!
丸い味わいの中から様々な素材の良さが伝わってくる感じですね!

麺はやや平打ち気味で、パツッとした食感のノンフライ麺です!

ちょっと今回の麺の仕上がりには驚かされるところがありましたね!

「正麺カップ」の麺はプリ感としこしことした食感が強めの、
リアルでやや多加水寄りのものを得意としているのですが、
今回の麺は明らかに煮干ラーメン向けに調整していますね!

煮干系は豚骨系と並んで低加水のパツパツ系の麺が向いていて、
水分としっかりと抱いてプリンと弾けるようなタイプの麺よりも、
少し硬めで歯ごたえを残しながらバツッと弾けるような食感、
今回はそれを少なからず指向していることがうかがえましたね!(`・ω・´)

ちょっとした粉っぽさ、そして時間が経っても力強さがあって、
煮干系のラーメンに合わせるのにピッタリと言える仕上がりでした!

この麺ができたからこそ実現したカップ麺と言うこともできるかもです!

でもって、この白い色合いも煮干系のラーメンにはよく合ってますね!

「正麺カップ」系の麺=多加水の図式は変わりつつあるのかもですね!
より幅広いタイプの麺に対応できるようになってきてる感があります!

原材料に関してはいつもの「正麺カップ」の麺と特に変わらないです!
麺にこんにゃくが練り込まれるという特徴も共通していますしね!

麺の量は65gで、カロリーは378kcalとなっています!
脂質は10.4gで、ノンフライ麺系としては標準的ですね!

具材はチャーシュー、メンマ、ねぎという組み合わせです!

チャーシューはごくオーソドックスなカップ麺的な丸型のものです!

風味もそこまでリアル系ではなく、カップ麺具材らしいものです!
サイズはそこそこあるので、食べごたえは物足りなさはないですが!

もう1ランクぐらい上のチャーシューならよりうれしかったですね!(*゚◇゚)

メンマはほどよいリアルなコリコリ感が楽しめるものとなってます!
東洋水産のメンマは小粒ながらもなかなかリアル感があるのですよね!

ねぎもリアル系のもので、トータルとしては具は少なめながらも、
高級系カップ麺として最低限必要なポイントは押さえていますね!

ほどよくコクのある動物系にバランス型の煮干の旨味を効かせたスープは、
きれいにまとまっているがゆえにあまり語ることがなかったりもしますが、
それでも非常に食べやすく質の高い一杯であることは間違いないですね!

そして何よりそこに合わせられる麺のクオリティが今回は抜群でした!

麺で煮干ラーメンらしさをしっかり感じられるカップ麺は少ないですし、
この商品の最大の価値はそのあたりにこそあると言えるかもしれません!

煮干スープにパツッと弾ける麺、この組み合わせはやはり鉄板ですね!(゚x/)モギギッ
Source: He can eat anything but himself!