11/19発売のサンヨー食品
「東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン」
を食べました!

東京を中心とする「ばんから」というチェーンとのコラボ商品です!

11/19発売 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン

関西在住ということもあって、「ばんから」というお店は初めて聞きましたね!

豚骨ベースのラーメンを提供しているお店で、今回のカップ麺では
最もメインであるお店と同名の豚骨醤油ラーメンが商品化されました!

背脂+豚骨醤油という組み合わせのスープになっているようですね!(*゚ー゚)

11/19発売 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、調味油となっています!
かやくの袋には背脂顆粒らしきものも見えていますね!

11/19発売 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン(できあがり)

具材に関してはお世辞にもあまり豪勢とは言えないですね!

まずはスープですが・・・ベーシックなようで面白いですね!(●・ω・)

調味油を入れる前の段階だとごく平凡なスープではあるのですが、
調味油を入れて背脂顆粒を全体に広げるとその印象が変わってきます!

ベースのスープは比較的ライトで醤油感がしっかりした豚骨醤油系です!

ただ一般的に豚骨醤油と聞くともっと白濁してることが多いですが、
このスープの濁りはごく軽く、むしろ澄んだタイプに近いぐらいです!

なので、豚ベースの清湯醤油ラーメンといったほうが近い感じですね!

そしてここに調味油と背脂顆粒が入ると、一気に豚の主張が強まり、
それと同時にちょっとした甘みがいいアクセントになってきます!

原材料を見ると、どうもこれは糖類による甘さではあるようですが、
体感的には脂の持つ甘みを上手く再現できているように感じます!

調味油は豚脂をメインに植物油脂を重ねたものとなっていて、
これによってベースのスープの豚のコクをビシッと高めます!(*゚◇゚)

そしてこの油脂と背脂顆粒が絡むことでリアルな背脂感が出て、
いかにも背脂ラーメンらしいまったりとした味わいが出てきます!

さらにそれを甘みが脂の旨味を高めるような形で作用してきます!

一つ一つの要素が重なることで、ベースこそ普通のスープなのに、
「脂のコクと旨味を感じられるスープ」になってくるのですよね!

清湯寄りの背脂醤油ラーメンというと京都系ラーメンが思い浮かびますが、
このスープは鶏の要素が入っていないので受ける印象はけっこう違います!

京都系ラーメンは基本的に鶏によるすっきりとしたスープをベースに、
そこに背脂でコクを与えてメリハリをつけた味わいのスープなのですが、
こちらは清湯寄りながらも豚ベースなので全体的な厚みがあるのですよね!

さらに一味などで引き締めるのではなく、甘味を加えていることも、
京都系背脂醤油ラーメンとはちょっと違った印象を生み出しています!

「比較的澄んでいるのにまったり」な感触を強く受けるのですよね!
意外とあるようでない、そうした背脂醤油ラーメンになってますね!

スープの原材料は豚脂、糖類、ポークエキス、植物油脂、しょうゆ、
食塩、発酵調味料、香辛料、酵母エキス、たん白加水分解物です!

ほんと素直に豚と醤油系だけで組み立てたスープになってますね!
ポイントである糖類が2番目に来ているのが特徴と言えるでしょう!

麺は中太ぐらいの太さで、断面の丸いノンフライ麺となっています!

サンヨー食品はプリプリ感の強いノンフライ麺を使うことが多いですが、
今回もそれに近い系統ではありつつも、そこまで食感の主張は強くないです!

ただこれは意図的にいつもより食感を抑えている感じもしましたね!(`・ω・´)

というのも、スープがそこまでガンガン主張するタイプでないので、
食感が強い麺だとバランス的に麺勝ちになる可能性がありますからね!

むしろスープのタイプに比べて麺がやや太めになっていることから、
食感を少しゆるめることでバランスを取ってきた感がありました!

なので、自分としてはおおむねちょうどいいバランスに感じましたね!

麺の量は60gで、カロリーは500kcalとかなりの高さです!
脂質は27.2gで、後入れ調味油などで高くなっていますね!

麺の量は60gなので、ちょっと少なめと言っていいでしょう!
この麺量かつノンフライ麺で500kcalいくのはすごいですね!

具材はチャーシュー、背脂顆粒、ねぎとなっています!

具材は正直なところかなり貧弱と言ってしまっていいですね;

チャーシューはいかにもカップ麺的なもので、厚みもあまりないです;
ただ自分としては意外と好きになるタイプのチープさではありましたが!

ちょっとハムっぽいんだけど、ちょっといい味わいがあるのですよね!

ねぎはごくごく普通でサイズも細かく、普通の薬味という感じです!

そして背脂顆粒ですが・・・こちらは非常にいい活躍をしていますね!(=゚ω゚)

最近はどのメーカーもこうした背脂具材を使ってくることが多く、
これと後入れ豚脂を重ねることで背脂を演出することがありますが、
他社の背脂顆粒に比べるとねっちりとした質感が強かったですね!

そのため食べ始めのことはそのねっとりとした食感が印象的で、
それが背脂の持っているパワフルさを感じさせてくれましたね!

一方で食べ終わりになってくるととろっと溶けるようになって、
今度は背脂の優しい質感を感じさせるように変化してきます!

食べごたえ、パワフルさという点では他社以上のものがありましたね!
他社の背脂顆粒は単体では特に味がないというケースもありますからね!

スープの見た目から平凡なタイプのラーメンになりそうと思いきや、
豚骨スープに豚脂、背脂顆粒、甘味といろんな要素を重ねることで、
きちっと背脂醤油ラーメンらしいまったり感が演出されていて、
思っていたよりも個性的な味わいになっていたのは好印象でした!

ややまったりした背脂醤油ラーメンを求めるならいけるでしょうね!(゚x/)モギリッ
Source: He can eat anything but himself!