2018年12月10日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」を食べてみました。

この商品は、東京・五反田にある四川火鍋の人気店「ファイヤーホール4000」のオーナーである“菰田欣也(こもだきんや)”シェフ監修によって商品化となった一杯が登場です!

それも…ポークの旨みに練り胡麻のコクを利かせた醤油ベースのタレには、汁なし担々麺には欠かせない花椒による爽やかな風味が香り、唐辛子とともに痺れる辛みをバランス良く表現した“ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“第5回中国料理世界大会個人熱菜部門”にて金賞受賞と記載されているように、中華料理の料理人として名高い凄腕シェフが監修の“四川汁なし担担麺”とのことで、こちらの期待感も非常に高まる一杯のようですね!

一方、こちらには麺に関する情報が記載されていますね!
これによると…今回使用されている麺は、“特製幅広麺使用”とのことで、もっちりとした食感を想像させる仕上がりイメージ写真からも汁なし担担麺ならではのコク深いタレがよーく絡みそうなちぢれが付き、弾力はもちろん、非常に食べ応えのある麺が採用されているようです!

他にも特徴としては、ポークの旨みに練り胡麻のコクを加えた汁なし担担麺ならではの濃厚さを飽きさせることなく調和させるかのようにちょうど良い香辛料が利き、これによってスパイシーな旨みが表現され、後味すっきりとしたコクと旨みを存分に楽しめる仕上がりのようです!

実際に食べてみて…

もちっとした非常に弾力のある超幅広麺には、濃厚とも言える汁なし担担麺ならではのコク深いタレがしっかりと絡み、花椒による風味もちょうど良く香ることで、全体としてのバランスは非常に良く、さすが有名シェフ監修というだけあって、濃厚な旨みがスパイシーに楽しめる絶妙な仕上がりとなっていました!
これは特に、汁なし担担麺ならではの花椒を利かせたコク深い旨みをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“ファイヤーホール4000”のオーナー菰田シェフ監修による一杯「ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺について

今回ご紹介するカップ麺は、四川料理・火鍋専門店で人気の“ファイヤーホール4000”のオーナーである菰田欣也シェフ監修によって、旨みが凝縮された濃厚な担担ダレに香り高いスパイシーな味の締まりを表現した“ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺”となっています。

ご覧の通りパッケージには、四川飯店グループ総料理長を務めた経緯を持ち、料理番組にも多数出演するなど幅広い活躍の菰田欣也シェフ本人の写真が大きく掲載され、これがまた多数並ぶことで、店頭でも一際目立つ一品となっていましたね!

そんな名高いシェフ監修の一杯とのことで、どんな味わいが表現されているのか?じっくりとチェックしてみたいと思います!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り488kcalとなっております。(塩分は3.4g)

汁なしカップ麺の割にそこまでカロリーは高い数値ではないようですね!そして、塩分もまた最近のカップ麺の傾向としてはかなり低めな印象となっているようです!
ちなみに1食109g、麺の量は70gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープと記載されたタレには、植物油脂や豚脂をはじめ…

  • ねりごま
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • ポークエキス
  • みそ

といった、醤油ベースの担担ダレにしっかりとポークの旨み・練り胡麻のコクを利かせたことで、汁なし担担麺ならではの濃厚さを表現し、そこに花椒や唐辛子といったスパイシーかつ爽やかな風味を併せ持った痺れる辛みがバランス良く仕上がった一杯を想像させる材料がシンプルに並びます。

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物油脂、粉末卵、大豆食物繊維)、スープ(植物油脂、豚脂、ねりごま、糖類、しょうゆ、香辛料、食塩、ポークエキス、デキストリン、みそ、酵母エキス、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、酒精、香料、乳化剤、カラメル色素、パプリカ色素、かんすい、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:サッポロ一番 | 製品情報 – サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“あといれ特製調味だれ”、かやく、“あといれ特製スープ”といった3つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り非常に幅の広いサンヨー食品独自技術による“超幅広”使用となったもちっとした弾力とほどよいコシを併せ持つ存在感抜群な麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

汁なし担担麺には、こういった肉そぼろが合うんですよね!さらに輪切りとなった唐辛子が使用されたことにより、痺れる辛みが良いアクセントとなっているようにも思わせますね!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどの幅広麺がもちっとした仕上がりとなり、厚さ自体はそこまでないものの、この絶妙な仕様の麺だからこそタレがよく絡み、さらにはほどよい弾力・コシが表現され、まさに飽きさせない食べ応えを想像させる一杯…といった印象の出来上がりです。

そこにまずは…こちらの“特製スープ”が入ります!
こちらは粉末状となっていて、何やらスパイシーな風味が確認できますね!

さらに、こちらの特製調味だれをいれてみると…こちらはピリッとした辛みを思わせるラー油のような油分が含まれているようで、ややどろっとした仕上がりのようです!

…と思ったら!途中から濃厚さをうかがい知る非常にどろっとした液体スープがずしっと入っていますね!これは味の濃さはもちろん、旨みとしても非常に濃厚な仕上がりを思わせます!!

そのため、こちらは調理中にしっかりとフタの上で温めておいた方が良さそうです!

そして、この調味だれとスープが入るとタレ自体はやや多めにも感じられ、現段階ではまだ花椒特有の爽やかな風味はそこまで強くは利いていないようにも思われます!

というより…この見た目からは、醤油ベースにポークがしっかりと利いたことで、タレに含まれる旨みが引き立っているようにも感じられますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り濃厚なタレには、しっかりと油分も含まれているため、味わい深くもコクのある旨みが広がり、その濃厚さをバランス良く調和させるかのように唐辛子など香辛料がスパシーに利いているようです!

そして全体にタレが馴染むと…何とも“超幅広麺”仕様ということもあって、見た目のボリューム感はなかなかのものですね!

そこに負けじと濃厚さを感じさせる担担ダレがしっかりとコーティングされたことで、どこから食べてもしっかりと旨みを楽しめそうな…何とも食欲そそられる仕上がりです!

食べてみた感想

一口食べてみると…あー、なるほど!!非常に濃厚ではあるんですが、練り胡麻の利かせ方がちょうど良いですね!

ポークの旨みを引き立てるかのように調整しているとも思える練り胡麻の感じは、これ以上強くなるとゴマゴマしてしまうというか…汁なし担担麺で練り胡麻を強く利かせると多少“くどさ”を感じてしまうわけなんですが、今回の仕上がりはその絶妙なところを保っています!

もっと言うと…しっかりとポークも引き立て、さらには練り胡麻のコクも美味しく表現しているため、濃厚でありながらも旨みとして楽しめる仕上がりとなっていますね!

そこに、唐辛子と花椒による痺れる辛みが味に締まりを感じさせるスパイシーな風味や刺激的な辛みをプラスし、飽きの来ない万人受けするとも言える汁なし担担麺が表現されています!

麺について

麺は、ご覧の通りもの凄いインパクトある幅広仕様の麺となっていて、食感は非常に弾力があり、厚さ自体そこまでないせいか、不思議と食べ飽きることなくテンポ良く進みますね!

そんな超幅広麺には、ポークの旨みをしっかりと利かせた濃厚な担担ダレがよく絡み、一口ずつに練り胡麻によるコクが美味しく口に広がっていき、その後からは花椒や唐辛子による痺れる辛みがスパイシーな風味となって後味良く抜けていきます!

そして、この幅広麺の特徴でもあるんですが、麺が全くブチブチと切れることなく伸びの良い仕様となっているため、ほどよいコシも兼ね備えた弾力がしっかりとした食べ応えを感じさせてくれます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの鶏・豚味付肉そぼろが入っていて、やや小ぶりではありますが、噛むとしっかりと肉の旨みが感じられる仕上がりとなっていて、濃厚な担担ダレに良い旨味をプラスしているようにも感じられます!

ただ、硬めの麺が好みだからといって調理時間を短くすると若干湯戻りが甘く、肉そぼろならではの弾力が感じられないので注意です!

また、こちらの唐辛子は噛むと想像通りのピリッとした辛みが表現された具材となっていて、こちらもまた花椒の痺れをうまく引き立てたことで、濃厚なタレを飽きの来ない程度に引き締めている良いアクセントにもなっているようです!

そんな具材を一緒に絡めて食べてみると…凝縮されたかのようなポークの旨みがより引き立ち、満足度の高い味わいが存分に楽しめるのではないでしょうか?

タレについて

タレは、ポークの旨みと練り胡麻のコクが醤油ベースのタレに味濃く表現され、唐辛子と花椒による風味立つ刺激的なアクセントがたまらないバランスの良い仕上がりとなっています!

これは醤油ベースだからでしょうか?想像以上にすっきりとした後味ではあるんですが、幅広麺にまんべんなくコーティングされたタレには味噌ならではのコクもあり、申し分ないほど旨みがしっかりと利いているため、最後まで全く飽きることなく“四川汁なし担担麺”を楽しむことができますね!

まとめ

今回「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」を食べてみて、ポークの旨みと練り胡麻のコクが絶妙なバランスとなって醤油ベースのタレに美味しく溶け込み、そこに痺れる辛みと爽やかな風味がスパイシーに香ることで、最後まで飽きの来ない仕上がりは、さすが名高い菰田シェフ監修だけあって、非常に満足度の高い一杯となっていました!

この“超幅広麺”の見た目のボリューム感もさることながら…“汁なし担担麺”が好みの方にとっては見逃せない一杯ではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。