藤井寺に新しく開店した「麺家 六二助」に行ってきました!
近鉄藤井寺駅から普通に歩いて行けるぐらいの距離にあります!

藤井寺市はラーメン屋さんがあまり多くない地域ですからね!
このところ「麺屋一刃」さんがかなり存在感を高めてますが!

そんな中でも藤井寺の新店なので、その行方も注目されますね!

ちなみに今回は初訪問ながら「台湾まぜそば」を注文しました!

「台湾まぜそば」って、最近では専門店も増えてはきたのですが、
一般のラーメン屋での提供率はそれほど高くないですからね!

そう考えると、けっこう存在意義は高いと言ってもいいかもです!

もちろん台湾まぜそば以外のメニューも提供されてますが、
ここではちょっとその公表は控えておきたいと思います!

ブログ上でのメニュー紹介のために券売機の写真を撮っていたのですが、
「券売機の写真を撮るのはメニューを公にすることになるから・・・」と
ネット上でのメニューの公開を望まれていない旨を告げられましたので、
券売機の画像を含め、メニューの詳細に触れるのは避けることにしました!

券売機やメニュー表の画像を載せたり、メニューを記載するブロガーさんや
食べログユーザーの方は多いと思いますが、できればこちらのお店に関しては
店主さんの意向を汲んでメニューの公開は控えたほうがいいかもしれません!

「どうしても」という場合は、店主さんに頼めば許可をくれるかもです!(=゚ω゚)

これは推測ですが、今回はたまたまメニューの件でそう告げられましたが、
本当はネット上で自分のお店の料理についてあれこれ論評されるのも
店主さんとしてはあまり好ましく思われてないのかもしれません;

「今の時代だし止めはしないけど・・・」みたいな感じなのかもです!

実際に自分が訪問したときも地元のお客さんがちょくちょく来てましたし、
ネットの口コミに頼らない地元密着型の経営を目指しているのかもですね!

自分も含め、食べた料理の感想などをネットに公開することが多い人は
こちらのお店に関してはそうした点を踏まえておいたほうがいいかもです!

本来であればこの記事も公開しないほうが望ましいのかもしれませんが、
今回はそうした意向を伝える意味もあって記事化することにしました!

さて、こちらのお店では麺量は並と大が同料金となっています!
なので、もちろん麺量は大にしたうえで注文いたしました!

麺家 六二助 台湾まぜそば・大

うん、台湾まぜそばとしての基本は全て押さえたビジュアルですね!
台湾ミンチ、卵黄、ニラ、ねぎ、海苔、魚粉、にんにくが乗ります!

自分は過去に台湾まぜそばのはなびの関連店である「麺屋つばき」や、
麺屋こころ」、さらに大阪を代表する「マルショウ」などの店で、
台湾まぜそばを食べてきましたが、魅せ方では一歩劣りますかね!

こうして見ると台湾まぜそばの見せ方も意外と難しいですね!

他のお店と比較すると海苔が細め、ニラのカットがやや大きめ、
そしてにんにくの量が少なめといったところが挙げられますね!

にんにくの標準量に関しては「マルショウ」も少ないのですが!

さて、台湾まぜそばということで底からしっかりとまぜて食べます!

まずはその味ですが・・・台湾まぜそばとしてはやや大人しいですね!(●・ω・)

唐辛子系の刺激、そしてにんにくなどの香味が全体的に控えめです!

特ににんにくの量は「つばき」や「こころ」よりは圧倒的に少なく、
「ジャンクな台湾まぜそば」といった仕上がりとは少し違います!

むしろ「食べやすい台湾まぜそば」を指向している感があります!

台湾まぜそばの主役である台湾ミンチもやや甘みのある味わいで、
肉の風味を全体に広げながらも、甘みの優しさを伝えてきます!

台湾ミンチのほんのりとした甘さ、卵黄の持つまろやかさ、
この2つで全体を丸くまとめ、そこにニラやねぎなどの
香味が加わりますが、ワイルドさはそこそこという感じです!

素材はどれも台湾まぜそばに必須のものがそろっているので、
大きな方向性としては間違いなく台湾まぜそばではありますが、
刺激や香味よりもやや優しい風味に寄っているという印象ですね!

魚粉に関しても全体の味の中で強く主張をするわけではなく、
甘めの醤油ダレに軽く旨味を与えるような役割となってます!

途中でお酢を入れましたが、そこまで大幅な印象変化はなかったですね!(*゚◇゚)

というのも、がっつりジャンクな味で構成されているからこそ、
お酢を入れることでまろやかさっぱりな味に変わるわけですが、
もともとがある程度食べやすいようにチューニングされてるので、
お酢を入れても単にさらに食べやすくなるような感じでしたしね!

そんな中でこのお店の大きな個性となっていたのが粗挽き胡椒です!
粗挽きの黒胡椒が麺にあらかじめタレに仕込まれてるのですよね!

台湾まぜそばの辛味は唐辛子系によって構成されることが多いので、
胡椒の清涼感が時折顔を出すこの組み合わせは個性的ではありました!

このお店の台湾まぜそばの大きな特徴の一つと言えるでしょう!

麺家 六二助 台湾まぜそば・大(麺のアップ)

麺は台湾まぜそばとしてはやや細めの中太麺が使われています!

ラーメンなどではミネヤ食品製の麺が使われているので、
おそらくこの台湾まぜそばのミネヤの麺だと思われます!

麺の食感は台湾まぜそばとしては少々珍しかったですね!

台湾まぜそばの麺は表面にねっとりとした質感を出したり、
あるいは強いもっちり感をアピールすることが多いですが、
この麺はややワシワシとした食感があったのですよね!

麺の加水という点でも、一般的な台湾まぜそばよりは低いと思います!(*゚ー゚)

それゆえにタレとの絡みという点ではやや弱さもあって、
また噛んでいると麺そのものの主張も強めに出てきます!

なので、台湾まぜそばとしては珍しく、食べているときに、
バランス的にやや麺勝ちかも、と思ったりもしましたし!

だからこそ台湾まぜそばにしてはやや細めの麺なのでしょうね!
もし太麺だったら、完全にバランスが崩れてしまいますし;

このややワシワシ系の麺も特徴と言ってもいいかもですね!

そしてラストは無料で「追い飯」を追加してもらえます!
台湾まぜそばは食べ終わりに少し具材が残りますからね!(`・ω・´)

追い飯は量もちょうど良く、しっかり締めを楽しめました!

食べやすさを重視してまとめた台湾まぜそばという感じでした!(゚x/)モキンッ

お店の住所と地図 大阪府藤井寺市岡1-15-24
Source: He can eat anything but himself!