2018年12月17日に明星食品から発売された「千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」を食べてみました。

この商品は、東京・駒場にある二郎インスパイア系で超人気の行列ラーメン店“千里眼”監修によるコラボ第3弾となるカップ麺が登場です!

それも…超激辛でありながらもガッツリとした食べ応えが表現された“超激辛大盛カップめん”が強烈なインパクトを放つ仕上がりとなった“千里眼監修 辛辛辛辛辛(カラカラカラカラカラ)にんにく豚骨醤油ラーメン”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、今回は“辛”という文字が5つも並んだことで、店頭でも非常に目立って陳列されていたため、気になっている方も多いのではないでしょうか?

ちなみにこの商品、ローソンでの取り扱いのようですね!
(※他にはミニストップなんかでも取り扱っているようです。)

特徴としては、インスパイア系ということもあって、豚骨ベースの旨みがしっかりと利いた醤油スープに赤唐辛子を強烈に使用し、醤油ダレ・背脂を含むラー油オイルを合わせたことで、“辛辛辛辛辛”といった商品名に負けじとインパクト抜群な激辛豚骨醤油スープが表現されているとのことで、ご覧の通り“辛味による刺激が大変強いので〜”といった注意事項なんかもしっかりと記載されていますね!

つまり、豚骨醤油ならではの“こってり感”と、安定したブームである“激辛”が贅沢に楽しめるとあって、まさに…激辛好きには見逃せない一杯です!!

さらには…こちらに記載されているように、麺にはもちっとした弾力あるコシを想像させる極太麺が採用されているようで、大盛り仕様のガッツリ系としては申し分のない食べ応えのある一杯に仕上がっている模様!

他にも特徴としては、以前にも使用されていた千里眼名物であるお馴染みの辛さとサクサクな食感がたまらないハバネロを加えたことで辛さを増した“辛揚げ”こと“激辛揚玉”なんかも使用され、激辛スープに激辛揚玉、そして極太麺が大盛り仕様となったことでインパクト抜群な一杯が楽しめるようです!

実際に食べてみて…

“辛”が5つも付いた商品名というだけあって、辛さの方は激辛の部類に相当すると思われる強い辛みが表現され、さらに豚骨醤油スープとのことでしたが、思っていたほど脂っこくはなく、むしろ強い唐辛子の辛さによってキレのある口当たりと後味すっきりとした印象の味わいとなり、ガッツリ系でありながらも最後まで飽きることなく激辛豚骨醤油スープを極太麺とともに楽しむことができる仕上がりとなっていました!
これは特に、豚骨醤油ならではのガッツリ系・激辛系ともに存分に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの千里眼コラボ第3弾となる超激辛なのにガッツリとした食べ応えが楽しめる「千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、東京・駒場にあるガッツリとした食べ応えで人気のラーメン店“千里眼”とのコラボ商品となる一杯で、超激辛・ガッツリ系が融合した迫力ある一杯“千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン”となっています。

ちなみに、今回の発売時期に合わせて、“千里眼”実店舗の方でも期間限定で限定激辛メニューが提供されるとのことで、気になる方は公式Twitter(@senrigaaan)などチェックしてみてください!

そして、今回の“千里眼”監修の一杯は、以前ご紹介した“千里眼 ガーリックまぜそば”、“千里眼 辛辛辛まぜそば”に続く第3弾の登場ということで、初のスープタイプ、さらには辛さに際立った仕上がりということもあって、“辛辛辛辛辛”といった商品名から伝わるように、旨みの凝縮された激辛な味わいを期待してしまいますね!!

そして、千里眼と言えばこれですよ!ハバネロ仕様の“激辛揚玉”が良い食感とともに強い辛みも感じさせ、さらにはスープに揚げ玉ならではのほどよい油分なんかも滲み出すことで、よりスープが辛さを増して楽しめることと思います!

また、今回もパッケージには“千里眼”店長である“安川”氏の写真も掲載されています!
ではでは、超激辛かつガッツリ系のインパクト抜群な“千里眼”の一杯をじっくりチェックしていきたいと思います!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り507kcal(めん・かやく430kcal / スープ77kcal)となっております。(塩分は6.6g)

豚骨醤油のガッツリ系ではありますが、カロリーはそこまで高い数値ではないようですね!ただ、塩分は若干高めといったところ!
ちなみに1食122g、麺の量は90gの大盛り仕様です!

このカロリーの内訳を見てみても、スープはそこまで高い仕上がりではなさそうなので、脂ギトギトのような濃厚なこってり感ではないような気もします!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚・鶏エキスや豚脂をはじめ…

  • 香辛料
  • しょうゆ
  • 香味油
  • 植物油脂
  • かつおぶしエキス
  • 香味調味料

といった、豚骨ベースの醤油スープではありますが、その味わいを引き立てるかのように動物系・魚介系の材料が使用され、コク深くも後味すっきりとした激辛スープを想像させる材料が並びます。

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、酵母エキス)、スープ(豚・鶏エキス、豚脂、食塩、香辛料、しょうゆ、糖類、たん白加水分解物、香味油、酵母エキス、植物油脂、かつおぶしエキス、香味調味料、発酵調味料、醸造酢)、かやく(キャベツ、オニオン入り揚げ玉、香辛料、ニラ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、加工デンプン)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、酒精、乳化剤、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、酸味料、炭酸マグネシウム、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:明星 千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン: 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“あとのせかやく”、かやく入り粉末スープ、液体スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り極太麺が使用され、食べ応えのあるもちっとした食感が表現された油揚げ麺のようですね!

そんな極太麺の裏には、具材としてキャベツがすでに入っています!
これを見る限り、カップ麺としてはかなり量が多く感じられますね!

調理してみた

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

この極太麺を見てみると…弾力ある食感を思わせる仕上がりとなっていて、激辛な豚骨醤油スープをガッツリと楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

ここに、まずは先ほどの“かやく入り粉末スープ”が入ります!

こちらには“にんにく”が含まれているのでしょうか?食欲そそる風味が若干確認できますね!また、この具材にはニラが含まれています!

さらには、こちらの液体スープを入れていきます!

こちらは唐辛子による強い辛みを思わせる赤みを帯びた醤油ダレとなっているようで、激辛好きにはたまらない…いかにも辛そうなスープが広がっていきます!

今回の“千里眼”は、激辛・ガッツリ系といった濃厚とも言える一杯とのことでしたので、スープに使用する調味料などの量もかなり多めに感じられますね!ここに旨み・辛みが詰まっているようで、なんとも仕上がりが楽しみなところです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染んだら最後に“あとのせかやく”をふりかけて完成です!!

ご覧のように、スープの表面には超激辛な味わいを思わせる真っ赤な油分が浮き、その下には豚骨の旨みがしっかりと表現された豚骨醤油スープが仕上がり、何と言っても激辛な強い辛みを感じさせる“激辛揚玉”が印象的な一杯となっていますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…唐辛子による強い辛みがほんの少しだけ遅れて感じられるため、一瞬そこまで辛くない?と思いますが…すぐにその激辛な仕上がりに気付きます!!

しかし、食べられないほどの強い辛さではなく、“にんにく”の旨みや豚骨醤油の味わいをちゃんと楽しめる程度の激辛となっていて、個人差はあるものの、辛いは辛いんですが…痛みを伴う一歩手前くらいの辛さに感じられます!

そのため、この辛さと旨みとのバランスは非常に良く仕上がっているようにも感じられ、豚骨醤油の割に後味すっきりとした飲み心地の良いスープであるため、辛くて美味い…ついスープが止まらなくなりますね…!!

麺について

麺は、もちっとした食感が強い食べ応えを感じさせますが、変にブヨブヨとした食感ではなく、ほどよいコシ・締まりなんかも感じられる好印象な麺となっています!

そのため、ガシガシ・ワシワシと食べ進めるといった麺となっていて、極太な仕様にもかかわらず、食べ飽きることのない歯応え抜群な食感が楽しめるのではないでしょうか?

また、そんな極太麺には、超激辛な味わいがプラスされた豚骨醤油ベースのスープがよく絡み、一口ずつに豚骨や“にんにく”などの旨みと、唐辛子による強い辛みを贅沢に楽しむことができます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“激辛揚玉”がたっぷりと使用されていて、サクサクとした非常に良い食感に仕上がり、ハバネロを使用したというだけあって、非常に強い辛みを感じさせることで、豚骨醤油スープにも旨み・辛みが滲み出す美味しい具材となっています!

そして、もちろん“激辛揚玉”単体でも楽しむことができますが、ご覧のようにスープに浸すことで、スープにも辛みが滲み出し、揚げ玉ならではのちょうど良い油分がスープの美味しさをより引き立てます!

また、こちらのキャベツはそこまでシャキシャキとした食感の良い仕上がりではありませんでしたが…量も非常に多く、食べ応え抜群な今回の一杯を引き立て、さらにはこちらにもしっかりと超激辛なスープが絡んでいるため、こういった具材からも強烈な辛みを楽しむことができるでしょう!

そして、こちらにニラは若干量も少なく、今回のスープが非常に存在感強い仕上がりのため、印象薄い仕上がりではありますが…スープには“にんにく”も含まれているとのことでしたので、こういったニラ本来の旨みなんかもスープに良い味を引き立てているものと思われます!

そして、こういった具材を絡めて食べてみることによって、“激辛揚玉”からの強烈な辛み・食感などが加わり、強い辛みをより引き立てて楽しむことができます!!

スープについて

スープは、思っていた以上に後味すっきりとした豚骨醤油スープがベースとなり、そこに“にんにく”や背脂の旨み・コクを利かせ、さらには赤唐辛子を強烈に利かせたことで、超激辛な味わいとなって満足度の高い仕上がりとなっています!

しかし、脂っこくはないものの、しっかりと旨みとしての濃厚さは表現されていて、まさにガッツリ系にふさわしい存在感の強いスープは今回のようなコシの強い極太麺にも相性良く感じられますね!

また、辛さについては先ほどご説明した通りで、超激辛というだけあって、しっかりとした辛さは表現されてはいるものの、食べられないほどの辛さではありません!

とは言え、美味くて辛いともなると…やはり止まらなくなります!!
そして食べ進めていくうちに汗もまた止まらなくなりますね。。

寒さ吹き飛ぶ超激辛な味わいはクセになること間違いないでしょう!

まとめ

今回「千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」を食べてみて、“辛”が5つも付くという商品名だけあって、赤唐辛子による超激辛な味わいが豚骨醤油スープに含まれる旨みとともにバランス良く仕上がり、インパクトある味わいでありながらも激辛好きにも納得の辛さと食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはりこういった旨みも感じられて、強い辛みも表現された仕上がりは中毒性ありますね。。“千里眼”監修の超激辛な味わいが表現されたカップ麺は相当満足度も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。