6/11発売の明星「闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛」を食べました!
なんだか名前からして、いかにも牛が強烈そうな雰囲気ですね!

6/11発売 闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛

「以前に牛系ラーメンのお店のカップ麺があったような」と調べてみると、
日清の有名店シリーズから「マタドール」というお店が出てましたね!

今回の「闘牛脂」はそのマタドールから派生したまぜそば専門店のようです!
発想が似てる名前だなぁと思ったら、そもそも同じ系列のお店だったのですね!

そして今回のまぜそばは「卵黄ソース」がついているのが特徴です!

「卵黄ソース」というと、エースコックと日清が使ってますが、
ついにそこに明星も参入してくるという形になりましたね!

卵黄ソースが完全にカップ麺業界で安定した地位を得た感じですね!(*゚ー゚)

6/11発売 闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛(内容物)

内容物は液体ソースと卵黄ソースという組み合わせになっています!
具材についてはあらかじめカップの中に入れられる方式となってます!

6/11発売 闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛(できあがり)

卵黄ソースについては右手前の部分にだけちょっとかけています!
ちょっと切り口が太くしすぎたせいで多く出てしまいましたが;

まずはその味ですが・・・うおっ、いきなり牛脂がガツンと来ますね!(●・ω・)

牛脂ってそこそこクセがあるので大丈夫かと多少心配でしたが、
いやいや自分はむしろこの牛脂はかなり好みに合うようです!

原材料を見ると実は豚脂のほうが割合は多かったりしますが、
香りに関しては完全に牛が主役になっていると言えるでしょう!

もうそれだけで「牛まぜそば」という名前が説得力を持ちます!

タレのベースはやや甘めながらも醤油もしっかり主張するものです!

少し甘めでまったり、それでいて醤油の香ばしさもけっこう感じる、
もともと牛系はすき焼きをはじめ甘めの醤油ダレと相性がいいですし、
そこに醤油の風味も強く出すことで牛脂の強いパンチにも負けない、
牛脂・醤油・甘みととにかくパンチの効いたタレになっていますね!

そこに隠し味的に魚醤や魚介エキスなども加わっているのですが、
牛脂がドンと前面に出ているので、それほど目立つ感じはないです!

言われないと入っていると気付かないレベルとも言えますが、
一応は旨味の下支えとしてそれなりに機能している感じです!

一方でやや好き嫌いが分かれそうなのが、その塩分濃度の強さです!

もともとお店が出すまぜそばも全般的にカドは強めな傾向があるので、
この商品が特別に塩分濃度の強さに偏ってしまってるというよりは、
お店のほうがこれぐらいの強さを求めたという可能性もありますね!

特にお店のまぜそばは締めにご飯を入れて食べることが多いので、
その点も含めてやや濃いめの味付けであることがありますからね!

なので、この商品もご飯が欲しくなる人はけっこういるかもです!
単独で食べるとどうしてもカドが強いなぁと感じるぐらいですし!

そして卵黄ソースですが・・・うん、たしかによくあってますね!(*゚◇゚)

もともと牛脂に醤油とパンチの強いタレとなっていることから、
そこに卵黄ソースが加わるといい具合にそこを丸めてくれます!

卵黄ソースをかけずに食べても味はちゃんと成立してるのですが、
卵黄なしだとシャープ、卵黄が入るとややまろやかになります!

卵黄らしい味の丸みでは先行2社にも特に劣ってはいませんね!

ただ少し気になったのが、ちょっと醤油の風味が強い点ですね!
そのため、こちらの卵黄ソースもそこそこ塩分濃度が高いのです!

ベースとなっているたれの味が濃くなければ何ともなかったと思いますが、
たれの塩カドが強めなので、卵黄ソースはできることなら塩分を低くして、
カドも含めてたれをきっちり丸める姿勢を見せて欲しかったのですね!

ですが実際には卵黄ソースのほうもそこそこ高めになっていたので、
卵黄の丸さは出しつつも、カドについてはそれほど変化がつかない、
となってしまって、その点には少しもったいなさも感じましたね!

もしもうちょっとこちらの卵黄ソースの塩分が薄めになっていれば、
これをかけたときとそうでないときでメリハリがついたと思いますが!

もしかするとあえて塩カドに変化が出ないようにしたのかもですが!

この商品の塩分ですが、なんと9.5gというとんでもない数値を叩き出してます(;゚ω゚)

汁あり商品ではときどき10gを超えるようなものもあるのですが、
汁なし商品では7gを超えるケースですらかなり珍しいぐらいなので、
9.5gという数値は規格外と言っていいぐらいの高さと言えますね;

とはいえ、この数字ほどの塩辛さを感じるわけではないのですが!

おそらく多めの油脂が麺全体をコーティングすることによって、
実際の塩分量ほどには塩カドを感じないからだと思いますが!

ただ、食べた後に喉が渇いてしまうという欠点は感じましたが;

汁あり商品だと塩分が多くてもスープを飲むのを避ければ済みますが、
汁なし商品は回避のしようがないので、さすがに要注意ではあります;

高血圧などを気にしている方は避けたほうがいいと言えるでしょうね;

たれの原材料は豚脂、糖類、卵黄ソース、しょうゆ、牛脂、食塩、
豚・鶏エキス、香味調味料、卵黄油、ソース、醸造酢、魚醤、
たん白加水分解物、香辛料、かつおエキスとなっています!

中心は油脂で、糖類は体感的な味よりも多めに入ってるようですね!
油脂と醤油が強めなので、少しマスクされている感じでしょうかね!

こうして見ると牛の要素は牛脂だけになってはいるのですが、
食べるとちゃんと牛の主張がガツンと来てくれるのですよね!

またまぜそばらしく酢の酸味を利用した味の軽い引き締めや、
ソースといった隠し味的な要素も入っているみたいですね!

麺は湯戻し5分のかなり太めのまぜそば向け油揚げ麺となっています!

この麺ですが・・・思っていた以上にレベルが高いのですよね!(`・ω・´)

5分湯戻しのまぜそば向けの油揚げ麺ってわしわし食感のものや
かなりパワフルな方向に寄せたような食感のものが多いのですが、
これはそうした力で攻めるようなタイプの麺とは違ってますね!

もちっとしていながらも粘り気を強く感じさせるようなことがなく、
パワー系ではないながらも十分な弾力をしっかり楽しませてくれる、
単に中間的なのではなく、強すぎる麺と弱すぎる麺の欠点を排除し、
まぜそばに求められる要素だけを絶妙に兼ね合わせた麺と言えます!

別にまぜそばだけでなく、焼そばなどでも十分すぎるほど活躍できますし、
汁なし向けの太麺の油揚げ麺としては最高峰に近い麺と言っていいでしょう!

これだけの麺を作れるあたり、明星の技術力の高さを感じさせられますね!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは759kcalとなっています!
脂質は36.1gで、さすが油脂系の油そばだけあって高いですね!

具材はキャベツと牛肉チップという組み合わせになっています!

キャベツはごく普通ですが、実はこれがけっこう活躍してくれます!

というのも、全体的にたれの味が濃いめになっているので、
キャベツを麺を一緒に食べるとちょうどいいのですよね!

普段はキャベツというと箸休め的な役割を演じることが多いですが、
この商品の場合は麺と一緒に食べることで味の緩和役になる感じです!

牛肉チップはリアルな牛肉という感じとはちょっと違っていて、
牛肉で作ったハムというような印象を与えるものとなってます!

なので、食べても牛肉特有のコクというのはそれほど感じなくて、
もっとシンプルにさっぱりと食べられる肉具材となっています!

なので、たれのワイルドさとはちょっとずれた感じもありますが、
これはこれでそれなりに楽しむことのできる具材ではありましたね!

塩分濃度の高さに関してはちょっと迷ってしまうところもありましたが、
牛脂の香りを軸に強めの油脂と醤油感を立てた風味のたれの完成度は高く、
なおかつ卵黄ソースについてもなかなかいいはたらきをしていましたね!

塩分も含めてとにかくワイルドに攻め立ててくるまぜそばでございました!(゚x/)モキューン
Source: He can eat anything but himself!