12/17発売のエースコック
「スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん」
を食べました!

ここ数年冬の定番となりつつある「ブタキムうどん」からの新作です!

12/17発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん

これまでは「ブタキム」のスープをちょっとソフトにしながら、
和風だしの旨さを加えるという方針だった「ブタキムうどん」ですが、
今年は「ブタキム」にチーズを合わせるという方向で来ました!

キムチとチーズはどちらも発酵食品ということで相性が良く、
過去にはカップヌードルなどでもこの組み合わせが出てますね!

なので一見奇抜そうに見えますが、相性は問題なさそうですね!(*゚ー゚)

12/17発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、調味油という構成になっています!
いつものように「ブタキムオイル」で仕上げる形になってますね!

内容物の組み合わせも過去の「ブタキムうどん」と同じですね!

12/17発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん(できあがり)

あら、ずいぶんと白い感じの仕上がりになっていますね!

過去の「ブタキムうどん」の記事の写真と見比べてみると、
「ブタキムオイル」の量が少なく、色もやや薄いですね!

まずはスープですが・・・ほう、ずいぶんまろやか仕上げですね!(●・ω・)

もともとこの「ブタキムうどん」は従来の「ブタキム」の持つ
ワイルドさを少し差し引いたうえで、そこに優しさを持ち合わせた
和風だしを重ねることでバランス感を重視した仕上がりなのですが、
今回はさらにワイルドさよりも丸みを強調する味となっていますね!

スープだけを飲むとたしかに「ブタキム」らしさはあるのですよね!

ガーリックなどの香味野菜が強めの豚骨醤油がベースとなっていて、
そこに「ブタキムオイル」によってキムチの風味がつけられていますが、
それでもやはりこれまでよりもずいぶんやわらかい味わいになってます!

いつもの「ブタキム」より4割ぐらいワイルドさが控えめと言えるかもです!

「ブタキムオイル」はいつもの「ブタキム」らしい味は出してますが、
色の薄さなどからもわかるように、それほど攻撃的ではないですしね!

そしてさらに今回はここにチーズが加わるのでさらにまろやかです!

チーズは軽く加えられているというよりはスープの根幹の一つに近く、
豚骨醤油と等価なぐらいの強さで主張する存在となっていますね!

ただ両者がぶつかったり、ケンカしているというような印象はないです!
豚骨醤油との交わりという点では上手くいっていると言っていいですね!(*゚◇゚)

また昨年まで特徴的だった和風要素は今年はかなり弱くなってます!

なので、昨年までが少し控えめなブタキム+和風だしだったのに対し、
今年はその和風だしがチーズに置き換わったような感じと言えますね!

ただ細かく見ていくと、豚骨醤油とチーズを同じぐらいの強さでベースとして、
そこに「ブタキム」要素がオイルによって付加的に加わるといった感じに近いです!

昨年がブタキム要素、豚骨醤油、和風だしがそれぞれ等価だったとするなら、
今年は豚骨醤油とチーズが優勢で、ブタキム要素が一歩後ろにいる感じです!

これはこれで「食べやすくまろやかなブタキム」として成立していますが、
もう少しブタキムのワイルドさを立てたうえで、ガツンとチーズとぶつかり合い、
そうすることで相乗効果が生まれるような方向を狙っても良かったかもですね!

どうもチーズに対して「ブタキム」の要素が遠慮している感がありました!

スープの原材料は食塩、乳化油脂、砂糖、植物油脂、乳等を主要原料とする食品、
粉末しょうゆ、ポークエキス、動物油脂、香辛料、香味油、ポーク調味料、
チーズパウダー、魚介エキス、ごま加工品、オニオンパウダー、酵母エキスです!

2年前の「ピリ辛ブタキムうどん」と原材料を比較してみましょう!

[ピリ辛ブタキムうどん(2016年)]
食塩、動物油脂、豚エキス、植物油脂、砂糖、香辛料、しょうゆ、
魚介エキス、香味油、でん粉、ポークコラーゲン、クリーミングパウダー、
酵母エキス、キムチパウダー

こうして見ると、明らかに豚要素と動物油脂が弱められていますね!
これがワイルドさが下がったことの大きな要因と言えるでしょうね!

そのかわり乳製品に近いものがずいぶんと多く加わっていますね!
チーズ要素をかなり強めに打ちだしてきていることがわかります!

麺は最近のエースコックらしさが出た分厚さのある油揚げ麺のうどんです!

エースコックのうどんはこのところいいものが多いのですよね!

日清や東洋水産と比べると、麺の厚みがかなり強めになっていて、
そのかわりちょっと幅がせまい細うどん風の見た目となっています!

そして食感がかなりしっかりとしているのがポイントなのですよね!(`・ω・´)

かといって、わしわし系の無骨な食感のうどんというわけでもないです!

食べ始めの頃はちょっとがっしりとした食感が強く出るのですが、
少し時間が経つと「パワフルなもちもち系」的な雰囲気が強まって、
「噛んで楽しめるうどん」としての個性がしっかりと出てきます!

このうどんは今ではエースコックの大きな武器の一つになってますね!

でもって、この商品は例年に比べるといくぶん味は優しめながらも、
一般的な和風だしのうどんと比較すればまだまだワイルドな味なので、
こうしたしっかりとした強さのあるうどんと上手く合うのですよね!

この点はこの商品の持っている大きな強みの一つと言っていいですね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは479kcalとなっています!
脂質は19.9gで、面白いことに2年前より高くなってるのですよね!

調味油が減ったかわりに、チーズによる油脂が加わったためでしょうね!
わかりやすい油脂感ではなく、スープに溶け込んだ油脂という感じです!

具材は豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子という組み合わせです!

基本的にはいつもの「ブタキム」とそれほど変わらないのですが、
ちょっと豚肉や白菜キムチのボリュームが下がってる気がしますね!

2016年バージョンなどは豚肉に関してはもっと充実してましたしね!(=゚ω゚)

このあたりはチーズによって少々コストがかさんだのかもですね!

あるいは今回の商品はいつものようにコンビニ限定商品ではなく、
スーパーでも扱っているので、それが一つの理由かもしれません!

それによって全体の製造コストを下げている可能性もありますし!

白菜キムチはシャキシャキとした食感が楽しめるやや浅漬け的なキムチで、
まぁいつもの「ブタキム」のキムチと変わらないと言っていいでしょう!

豚肉に関してはちょっと細切れっぽいですが、リアルな質感ではあります!

今回はなぜか1つだけブロック状の豚肉が入っていたのですよね!

細かい薄切り肉5枚分ぐらいのものが1つに固まったようなもので、
大きいことで湯戻しが進み切らず多少ジャーキー的になってましたが、
大きめの肉ということでちょっと得したような気持ちにはなりましたね!

おそらく製造工程上の何らかのミスでこちらに紛れ込んだのでしょう!
本来はこれをカットして薄切り肉にしているっぽい感じでしたからね!

ねぎはごく普通の薬味向けの乾燥ねぎですが、量がけっこう多いので、
全体にアクセントを加える薬味としての役割はしっかり果たしています!

輪切り唐辛子は2つだけだったので、存在感はほとんどなかったです!
ただ意識して噛むと、しっかりとした辛味は感じ取れましたが!

もともと「ブタキムうどん」はバランス重視型の味ではありましたが、
今年は例年以上に「ブタキム」の持っているワイルド感を抑え気味にして、
そこをチーズで補ったことで食べやすさに重点を置いた味になってましたね!

「ブタキム」のワイルドさを求めるとちょっと肩透かしになるかもですが、
スープとチーズの相性は良く、バランスのいい一杯ではありましたね!(゚x/)モキキョン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!