改めて、どうぞ本年もよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ
さぁ、そんな訳で?引き続きまだ終わっていない2018年のブログからスタート。

そして、この日の私は朝から連絡を友達と一緒にお昼ごはん。
私が行きたいと思っていたお店のリストから友達も興味アリというお店に行くことにしました。

そのお店がこちら~\(^o^)/

馬子禄 牛肉面 マーズルーぎゅうにくめん
(神保町駅・東京都千代田区)
2018,11,13訪問

こちらのお店で食べられるのは中国は甘粛省の蘭州市で100年以上もの歴史を持つ蘭州ラーメン。
そして、中国でも人気の蘭州ラーメンのお店「馬子禄」さんの日本一号店がこちら。
オープンしたのは2017年8月で結構前なのですが、食べたことのない蘭州ラーメン。
実はずっと気になっていたんですよね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、こちらのお店の最寄り駅は都営三田線・都営新宿線・半蔵門線各線の神保町駅。
神保町駅からは徒歩約3分ほどですが、私は自分に使い勝手のいいJR 中央線・JR 総武線の御茶ノ水駅から。

いつも通り、地図アプリを使って御茶ノ水橋口を出たら、駅前大きめの道を左方向。
靖国通りに突き当たったら道を渡って右折すれば、駅からは約徒歩7分でお店に到着。
そして、すでにお店に到着していた友達とここで合流。

店前には入店を待つお客さんがずらーり。

ちなみに到着時間は午後1時くらいでしたが、さすがの人気です。

それでは、並ぶ前に店前に大きく出ていた立て看板をチェック。

店舗正面左側にはどーんと大きい蘭州ラーメンの写真付き。

右側の方には並び方のご案内。

店舗前のスペースがいっぱいな時は、歩道を開けたガードレール沿いに並ぶようですね(‘ω’)ノ

ま、そうは言ってもこちらのお店、客席は全部で45席。
この位の並びはあっという間に進んでいき、3分ほどで店内へご案内。
まずは入口すぐのレジにてオーダーと支払いを済ませます。

ちなみにこちらのメニューは「蘭州牛肉面」のみ。
ただし麺は3種類、スタンダードの「細麺」・きしめん風の「平麺」・個性派の「三角麺」から選びます。

その他、追加トッピングとして「パクチー増し」「牛肉大盛」。
それからお好みオーダーとして「パクチーなし」や「ラー油 抜き」なんかもできます。

さて、友達も私もこちらは初訪問なので1番スタンダードな細麺でオーダー。
するとレジ担当の店員さんから「ラー油増しもできますよ」とのこと。
そこで辛い物は割と得意な友達はラー油増し、私は少し考えてやっぱりそのままの量にしておきました(∀`*ゞ)エヘヘ

それではお支払いが済んだらご案内~\(^o^)/

入口近くにある席は壁に向かって座るタイプのカウンター席。
でも、ほとんどの席がテーブル席で程々に空間を開けてありますが、ぎっちりと並べらている印象。
ちなみにテーブル席は2人掛けor4人掛けで、相席でのご案内もあり。

コンパクトなテーブルの上に卓上調味料などはなし。

ただし、テッシュは各テーブルの下に備え付けあり。
狭いテーブルを有効活用できてちょっと便利ですねー(*^-^*)

さて、席に着くとお茶の入ったグラスとお手拭きが到着。
ここで紙エプロンの有無と「黒酢をお持ちできますがどうしますか?」とのご案内。
どちらもあった方がよさそうなので、ここは素直にお願いします(*^-^*)

それでは、ここから先は完成までのんびりおしゃべり。
そして、ふと奥を見ればガラスの向こう側で麺を打っている職人さんの姿が見えます。

おぉ~、本当に打ち立てなんですね~(*‘∀‘)
ちょっと遠くてよく見えないけど、次来れたらもっと奥側に座りたいな~(*‘∀‘)

さぁ、そんなこんなで待つことしばし完成でーす\(^o^)/

蘭州牛肉面880円
細麺・ラー油パクチー共に普通

わぁ~、彩りがとても綺麗ですね~(*´▽`*)

そして、ふわーっと香るスパイス?とパクチーの香りがいい感じですー( *´艸`)

さぁ、それではいただきます。

まずはラー油を入れないようにして、スープをごくり。

あ!牛うんまーい(∩´∀`)∩♡
アツアツのスープはじわーっと染みる優しい牛の旨味。
牛骨、牛肉を使ったスープにアジア料理テイストのスパイスが効かせてあって体にも良さそう。
オーダーの時に「ラー油なし」と言うオーダーがあったけど、それもアリかも~(*‘∀‘)

さて、それでは次は辛いところを、ごくり。

ごほっ!!(≧◇≦)か、辛い!!
いやいやいや、さすがにこれはダイレクト過ぎたか~と思ってお茶でリセット。

しかし、そうしている間に既に食べ始めていた辛い物得意な友達が私にアドバイス?
「これ結構辛い、ラー油増ししなくてもよかったかも…」
ま…マジか…( ;∀;)

そんな訳で、ちょっとドキドキしながら麺に手をつけます。
麺を持ち上げてふーふー、ずずずっ~。

あ!辛い!(≧◇≦)
…けどこれうんまーい(≧▽≦)

優しかった牛のスープに加わったラー油の辛味は確かに思うよりもビリビリと来る。
でも、使われているスパイスの香りや風味がほどよく効いていて、何とも後引く旨味になっています。

そして、どんな麺なんだろうと思っていた蘭州ラーメンの麺はぐぃんぐぃんとした伸びと弾力。
大盛り設定がないので少なかったらどうしようと思っていたけど、結構しっかりとした食べ応え。
これ結構お腹いっぱいになりそうです~(*‘∀‘)♡

さて、しばし麺とスープを堪能したらのっけものの牛肉をぱくり。

うわー、やわらかい~(*´▽`*)
脂身がなく見るからにさっぱりとしてそうだなと思った牛肉。
口に入れてみると柔らかく、スープをしっかりと含んでい美味しいです。
なるほど、これは追加トッピングの牛肉大盛が重宝されそう(*^-^*)

そして、ちょっと変わり種の具材としていちょう切りの大根。

ちょっと固めに煮てあってほどよい食感。
こちらも美味しいスープをよく含み、食べれば大根の甘味とスープを一緒に楽しめてとてもいい感じ(*´▽`*)

さて、薬味には粗みじん切りにされた葉ニンニクとパクチー。

私はそこまでパクチー好きっていう訳でもないのですが、このスープにはパクチーは必須!
友達とも「これはパクチー増しありだねー」と激しく同意しちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ。

いやー、それにしても段々と辛さで汗がじわじわ。
そろそろ、ここは辛さをマイルドにするために黒酢を投入。

ちなみに?こちらの入れ物フタの上の空気穴を抑えることで出る量が調節できます。
実は?私も友達もここを抑えなたらお酢を出そうとしていて「出ないー」ともがいていたら、店員さんが教えてくれました(〃▽〃)ポッ

さぁ、いきなり味が変わり過ぎちゃうのも嫌なのでレンゲの上に黒酢をたらーり。

少しスープに馴染ませつつ、麺をちょいっと黒酢に浸してつけ食べ。
おぉ!!めっちゃ合う!!((๑✧ꈊ✧๑))
コクのある黒酢の酸味、スープと混じり合うことで華やかな香りも感じられます。
辛いけど後を引くスープがさらに美味しく感じられ、ついつい私も友達ももうちょっと、もうちょっと黒酢を追加。

そして、終盤になって気が付いたのですが結構辛いのは最初の方。

段々と食べ進めていく上に浮いているラー油が先になくなり後半になるほど辛味は引いてきます。
ちなみに?慣れているお客さんはどうやらラー油増しを別皿で頼んでいるようでした(‘ω’)ノ

さぁ、そろそろ食べ終わり。
その頃になって中から出てきたのは小ぶりなサイコロサイズの牛肉。

これ!すごく小ぶりなのにぎゅっと旨味が詰まっててすごく美味しかったです!
こっちの肉もいっぱい食べたい!メニューにないけどごはんと一緒に食べてみたいですー(≧▽≦)

ま、そんな感じでないものねだりな妄想をしつつ、後引くスープを思わずごくごく。
気が付けば汁完しちゃいました。

はぁー、ごちそうさまでした~(*´▽`*)
黒酢も追加したからか、食べ終わるころには私も友達も汗だく。
薬膳的な効果もあるのでしょう、身体の芯からぽっかぽかになりました。

初めての蘭州ラーメン、日本のラーメンとはまた一味違うけど美味しかった~。
この異国情緒漂うスープと麺、他の平麺や三角麺も気になるしこれはまた食べに来ようっと(๑´ڡ`๑)♡

年始の営業について
お店のホームページによると「馬子禄 牛肉面」さんは2019年1月3日(木)までお休み。
2019年1月4日(金)より通常営業再開とのことです(*- -)(*_ _)ペコリ

2018年219杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

馬子禄 牛肉面さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都千代田区神田神保町1-3-18

馬子禄 牛肉面さんの公式Twitterはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」