12/17リニューアル発売の明星
「銘店紀行 伝統のからみそ 龍上海」
を食べました!

セブンプレミアムシリーズなので、セブン&アイ限定発売です!

山形県の「龍上海」という辛味噌ラーメンで有名なお店の再現商品です!

「龍上海」のカップ麺は以前にどんぶり型でも発売されていましたが、
どうも自分はこれまでには食べたことはなかったみたいですね!

12/17リニューアル発売 銘店紀行 伝統のからみそ 龍上海

この「龍上海」は今年の7月にも一度発売されているのですよね!

ただそのときは販売地域が狭く、大阪も範囲外だったのですよね;

ですが今回のリニューアルに伴って販売地域が広がったので、
今回こうして大阪でも普通に購入することができました!(=゚ω゚)

12/17リニューアル発売 銘店紀行 伝統のからみそ 龍上海(内容物)

おぉ、なかなか具材が充実しているのが見て取れますね!
ねぎを取り出した後に写真を撮ったので色合いは単調ですが!

それでも肉などの茶色系の具材が豊富なのは間違いなさそうです!

12/17リニューアル発売 銘店紀行 伝統のからみそ 龍上海(できあがり)

うん、やはり具材の量に関しては十分なものがありますね!

まずはベースのスープですが・・・非常に素朴な味わいですね!(●・ω・)

辛味噌をまぜる前のこちらのスープは「味噌汁風」と
形容されることもけっこう多かったりするのですよね!

たしかにそれはうなずけるもので、実際味わっても味噌汁に近いですね!

煮干をベースにした優しさのある魚介だしにきつさのない味噌が加わる、
この組み合わせは最もベーシックな味噌汁に近いものと言っていいでしょう!

一応原材料には鶏肉エキスなど、動物系のものも入ってはいますが、
前面に出て主張する感じではなく、裏で軽く支えるような感じなので、
やはり「素朴で優しい魚介風味の味噌汁風スープ」という印象が残ります!

ほんとにこの段階でスープだけ味わうと、あまりラーメンぽくはないですね!

面白いのはカップを開けたときはけっこうにんにくの香りがしたのですが、
実際に食べてみるとそうした刺激はほとんど感じなかったところですね!

そして辛味噌を食べてみると・・・グッと味が締まってパンチが出ます!(`・ω・´)

ベースのスープが素朴で刺激的な要素をほとんど持ってないのに対し、
こちらの辛味噌は非常ににんにくが強く、ピリッとした辛さも見せます!

なので、非常にパンチを重視した辛味噌と言ってもいいでしょうね!

すると素朴なスープとのバランスがどうなるかが一つの注目点ですが、
面白いことにどちらかだけにバランスが偏ったりしないのですよね!

優しいスープを押しやるように辛味噌が暴れるということでもなく、
かといって辛味噌の存在感があまり立たないというわけでもなく、
素朴さをしっかりと残しながら辛味噌のパンチが生きてきますね!

ベースに目をやるとやはり優しく、下支えはしっとりしながら、
前面ではガーリックの香味とピリッとした刺激がアクセントを出す、
決して何かものすごく個性的な味わいになってるわけではないものの、
優しさとパンチが上手く折り重なり、上品に相乗効果を見せています!

「安心できながらもパンチもある」、そんな不思議なバランスですね!

好き嫌いが分かれないタイプの辛味噌ラーメンと言ってもいいかもです!

味噌は鋭くなく優しい、また油脂の重さなどはそれほど感じない、
それでいて辛味噌の存在感は明確で、パンチも十分感じられる、
意外とありそうでないタイプの辛味噌ラーメンと言えそうですね!

スープの原材料はみそ、デキストリン、たん白加水分解物、香辛料、
発酵調味料、香味調味料、鶏肉エキス、にぼしエキス、糖類、
にぼし粉末、酵母エキス、食塩、豚脂、酵母粉末となっています!

スープのベースは煮干で、そこに軽く鶏肉が加わっている感じですね!
このスープの構成から見ても、ベースが優しいのが伝わってきますね!

煮干に関してもあくまでしっとりした感じで、最近よくあるような
煮干のワイルドな旨味をガンガン立てるタイプとは別物ですからね!

麺は幅が広くてそこそこ厚みのあるノンフライ麺となっています!

ちょっと麺がペラッとはがれている部分が多少あったりしますが、
それでも縦型カップのノンフライ麺としては極めて秀逸ですね!

どうしてもどんぶり型と比べると縦型は麺の制約が大きくなって、
それゆえに麺のクオリティがいくぶん落ちてしまったりもしますが、
この麺はどんぶり型と比較しても十分な内容を備えていますね!(*゚ー゚)

表面はつるみがあり、噛むとしっかりとしたもっちり感もある、
それでいて油揚げ麺のようなネガティブな香りは持っていないので、
お店の再現カップとしても納得がいくだけのものとなっています!

縦型カップのノンフライ麺としては明星は他社を一歩リードしてますね!

麺の量は70gで、カロリーは377kcalとなっています!
脂質は8.1gで、やはりけっこう軽めの数字となってますね!

実際に食べていても油脂感が目立つような感じはなかったですし!

具材はチャーシューチップ、メンマ、ねぎ、なるととなってます!

なるとはごく普通ですが、意外と彩りの面で活躍していますね!

今回の商品は茶色系の具材がメインとなっていることもあって、
ちょっと色が違う具材が入ることでビジュアルが映えますからね!

ねぎもリアル感のあるもので、具材としてもしっかり楽しめます!

そして圧巻の存在感を見せてくれるのがチャーシューとメンマです!(*゚◇゚)

チャーシューはやわらかめで甘めの味付けのものなのですが、
一般的なチャーシューチップよりも味・食感がしっかりしてます!

この肉具材であれば、クオリティの面でもほとんど申し分ないですし、
また何よりこれだけの量が入っていてくれれば満足度も高いですね!

メンマはコリコリ感も強く、風味もなかなかしっかりしているうえに、
個数で見ても20個前後と、相当なレベルでたっぷりと入ってますね!

標準でこれだけメンマが入っているカップ麺も珍しいでしょうね!

でもって、他の方の商品紹介を見ても具材の量がかなり多いので、
たまたま自分のものだけ多く入っていたわけでもなさそうですしね!

具材に関しては非の打ちどころのないレベルにあると言えますね!

素朴な優しい味噌スープの中に辛味噌がビシッとパンチを効かせる、
この優しさの中から顔を覗かせるパンチはなかなか絶妙なバランスで、
他にはないタイプの辛味噌ラーメンとして個性を発揮していましたね!

麺もレベルが高く、そして具材については完璧と言えるぐらいでしたし、
安心して手に取ることができるタイプの一杯と言っていいでしょうね!

冬向けにしっとりと温まることができる味噌ラーメンでございました!(゚x/)モギンッ

【関連記事】
銘店紀行 伝統のからみそ 龍上海
銘店紀行 至高の鶏白湯醤油 らーめん弥七
銘店紀行 漆黒の醤油スープ 新福菜館本店
銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田
銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま
銘店紀行 家系伝承の味 横浜ラーメン六角家
Source: He can eat anything but himself!