マクドナルドの冬の定番である「グラコロ」を食べてきました!

今年は「超グラコロ」と「濃グラコロ チーズフォンデュ」の2本立てなので、
食べ比べという意味も込めてその両方のグラコロを注文することにしました!

「超グラコロ」は簡単に言うと、ノーマルなグラコロのことですね!

2016年にもともとの「グラコロ」の味がパワーアップし、
名前も「超グラコロ」へと切り替わった経緯があります!

なので、「超」とノーマルが並行販売されているわけではなく、
ノーマルなグラコロの名前が「超グラコロ」になったわけですね!

そしてもう一方の「濃グラコロ チーズフォンデュ」は今年の限定です!
チーズフォンデュ風のソースを使っているというのがポイントのようです!

超グラコロ 2018&濃グラコロ チーズフォンデュ(パッケージ)

グラコロシリーズは急いで食べると案外熱かったりするのですよね!
なので、そのあたりに注意しながら食べるのもポイントになりますね!

まずはノーマルの「超グラコロ」のほうから食べることにしましょう!(*゚ー゚)

超グラコロ 2018

構成は上からバンズ、ソース、グラタンコロッケ、千切りキャベツ、
たまごソース、下側のバンズという組み合わせになっています!

ごくシンプルにウスター系のソースがかかってるのが特徴ですね!

もうちょっとひねったソースを入れる方法もあるのでしょうが、
あくまで基本版はシンプルな組み立てで来ているみたいですね!

まずはその味ですが・・・うん、安心して食べられるおいしさですね!(●・ω・)

コロッケとウスター系のソースは何だかんだで相性がいいものですし、
そこにマヨネーズに卵黄を多めに加えたようなたまごソースが加わり、
さらにグラタンコロッケのホワイトソースのまろやかさも入ることで、
ミルク感、まろやかさ、ソースのシャープな風味のバランスが良く、
まろやかでありながらピシッと締まりのある味に仕上がっています!

グラタンコロッケもザクザクとまでは言わないまでもサク感が十分にあり、
コロッケの衣の食感、ホワイトソースのアツアツ感をしっかりと楽しめます!

コロッケの中はホワイトソース、マカロニ、海老が入っています!

マカロニも海老も細かいので、ソースと一体化している感じですが、
それでもグラタンらしさを演出するという点では役立っていますね!

千切りキャベツは揚げ物に添えられることが多い野菜であることから、
このグラコロとの相性がいいと判断されて採用されているのでしょうね!

実際に全体の食感とさっぱり感を演出するのに貢献していました!

そしてバンズもこのグラコロ向けの特別な仕様となっています!(*゚◇゚)

普段のマクドナルドのバンズに比べると小ぶりでやわらかさがあり、
なおかつもちっとちょっとした粘り気を感じさせるものとなってます!

どうもこのバンズは生クリームとバターが入った蒸しバンズのようで、
この独自のしっとりとした食感は蒸しの工程が入るからなのでしょうね!

でもって、生クリームやバターといった素材はホワイトソースと相性が良く、
ちゃんとグラタンコロッケとの一体感を意識したものになってるのですね!

濃グラコロ チーズフォンデュ

そしてこちらが限定の「濃グラコロ チーズフォンデュ」となります!

全体の構成は基本である「超グラコロ」とほとんど一緒なのですが、
ソースがウスター系ではなくチーズフォンデュになってます!

下のキャベツのたまごソースに関してはおそらく同じだと思います!

まずはその味ですが・・・あぁ、たしかにチーズ感がけっこうしますね!(`・ω・´)

ソースが酸味のあるウスター系ソースからチーズ系になることで、
全体の方向性もよりまったりとして濃厚な印象へと変わってきます!

基本のグラコロはまろやかさとシャープ感を合わせる感じでしたが、
こちらはまろやかな味わいをより高める方向へとまとまっています!

このチーズフォンデュソースにはベーコンが入っていることから、
どことなくカルボナーラっぽい要素もちょっと見え隠れするのですが、
それ以上にアクセントになってるのはアルコールっぽい香りなのですね!

このチーズフォンデュソースには白ワインが入っているのですよね!

たしかにチーズフォンデュには白ワインを使うことがよくあるので、
それをこのソースに生かすという形を取っているわけですね!

シンプルなチーズソースだと、コロッケのホワイトソース、
たまごソース、チーズソースと似た路線でそろってしまいますが、
白ワインの風味によってチーズソースの個性がちゃんと立ってます!

それと同時にチーフフォンデュらしい特徴も感じることができます!

わかりやすさやメリハリという点なら基本の「超グラコロ」でしょうし、
まろやかさの中に個性が光るという点ではこの「濃グラコロ」もいいですね!

チーズによってホワイトソースの特徴が隠れることもなかったので、
どちらも1つのバーガーとしてきちっと成立したものになってますね!

栄養成分は「超グラコロ」が419kcal、脂質22.0gとなっていて、
チーズフォンデュのほうは450kcal、脂質24.7gと高くなってます!(=゚ω゚)

これは当然で、フォンデュのほうは「超グラコロ」からウスター系ソースを抜いて、
そこをベーコン入りのチーズフォンデュソースに置き換えたというものですので、
当然ながら脂質やカロリーはそれなりに上がることにはなってしまいますからね!

そうしたこともあって、価格もフォンデュのほうが50円高くなっています!

2つ食べるのがしんどいようなボリューム重視のバーガーではないので、
こんな感じで両方とも買って食べてみるというのも面白いでしょうね!(゚x/)モキキョン

【関連記事】
超グラコロ&濃グラコロ チーズフォンデュ
デミチーズグラコロ
グラコロ&トマトクリーム グラコロ
Source: He can eat anything but himself!