さて、この日の私は同僚たちと久しぶりのラ部活。
しかも、ラ部活は夜が多いのですが珍しく昼のラ部活をしました~\(^o^)/

で?新入部員のリクエストから候補のお店をいくつかピックアップ。
その中から行ってきたのがこちらのお店。

風雲児 ふううんじ
(新宿・東京都渋谷区)
2018,11,20訪問

こちらのお店は2007年新宿にオープン。
まだまだラーメン食べ歩きに目覚めてなかった頃の私ですら知っていた超有名ラーメン店。

お店の場所は新宿駅南口より徒歩約6分。

駅前を走る「甲州街道」を渡ったら、右方向へしばし真っ直ぐ。
左側に入れる2つ目の脇道を入ったら、次は1つ目の右手に入れる道へ。

まぁ、お店自体はそこなのですがいつも並びがあるこちらのお店。
店前の並ぶスペースがいっぱいになった場合は、道を挟んだ向こう側の公園の方に列が伸びています。

ま、つまりこんな感じですよー(;´∀`)

さぁ、同僚2人と私がお店に到着したのはちょうどお昼のピークタイム。
少し時間をずらしても、この列それほど変わりないイメージですし並びます。

ま、そうは言ってもこちらのお店の回転は結構早い。

並び始めて約15分で店前、提灯が下がっている辺りまで移動。

ちなみにここにはこちらのお店の営業時間と定休日の案内あり。

そうそう、なんとなーく場所柄、人気店だから通し営業していそうなイメージ私にはありまして…
何回か「あ、そうだ中休みあるんだったー」と思ったことがあります(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、食べ終わった人が出てき次の人が店内へ。
そろりと除く店中券売機の前に空間ができたのを見計らって入店。

れっつごぉー!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

入口扉右横には券売機。

基本メニューは「らーめん」と「つけめん」、それぞれに特製設定あり。

そして、今ブログを書いていて気が付いたのですが「おみやげ つけめん(3食入り)」が買えるんですねー。
3食単位でしか買えないのはちょっとネック?だけど、コレちょっといいかもー(*‘∀‘)

さて、余談はさておき食券を無事購入。

そして、この食券を見て分かりますかね?
風雲児さんはらーめんもつけめんも並盛・大盛が同一料金で選べます。
ま、もちろん?私は大盛でオーダーするつもりです~(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみに麺量はらーめん並170g・大盛255g。
つけめんは並200g・大盛300g、そして特盛は+0で400g。

さぁ、それでは購入した食券を持って次は店内待ちをしている人達の列?へ~。
風雲児さんの店内は入口から奥へ長~く続くカウンター15席。
カウンターの内側が厨房スペース、そして客席後ろ壁伝いにずらーっと待っている人が並びます。
いわゆる背後霊スタイルってヤツで、初めてこれを見た時は圧迫感半端ない~と思いました(笑)

ま、でも、意外とこれはこれで外で待つより寒さ暑さが関係ないのはいいところ。
しかも、久しぶりに名物店主さんの姿をゆっくり眺めることもできます(*^-^*)

それにしても、最後に風雲児に来たのは約4年前。
外国人の方がかなりいらっしゃって、ずいぶんと変わったの客層にびっくり。
でも、相変わらずお変わりのない店主さんのマイルドな接客。
外国人のお客さんに向かって優しい笑顔で「セパレイト?トゥゲザー?」とお尋ねしていてなんだかほっこり。

さぁ、そうしているうちに遂に私たちの席に着く番。
ちなみに写真を撮った時間から計算したところ、外並びから座るまで33分でした!(‘◇’)ゞ

さて、席に着けば水の入ったグラスが到着。
並んでいる間に食券の受け取り、麺量の確認も済んでいるので後は完成を待つばかり。

とりあえずいつもの?卓上調味料のチェック。
置いてあるのはブラックペッパー、壺の中身は唐辛子。

低めのカウンターボードにはご店主、三宅重行さんのTwitterのご案内

そして、楽天で買える風雲児のお取り寄せらーめんのアドレス
あ、今気づいたのですがお店で買えるのはつけめんのみ。
こっちだとらーめんも買うことができるんですね!(=゚ω゚)ノ

さて、余談?はさておき、座って2分で私たちのらーめんが完成~\(^o^)/

つけめん(大盛)800円
すげー、早い~!!(@ ̄□ ̄@;)!!
これは長年の感?先にオーダーを聞き、食べている人達のペースを見ながら次のラーメンを作っているのでしょう。
座ってから2分ってびっくり驚異のスピード、余りの早さに同僚たちも大興奮です(≧▽≦)

さて、食べ始める前にちょっと観察。

麺皿の方はシンプルに麺のみ。
ちなみに後で調べてみましたが、特製にしてもプラスされたトッピングはつけ汁の中に入っている様子。

そして、つけ汁の方はこんな感じ。

ぷかりと浮かぶ魚粉の山が特徴的ですね(*‘∀‘)

さて、それではそろそろいただきます。
まずは麺をそのままぱくり、ちゅるりーん(・´з`・)

麺は中太、ゆるいウェーブがかかっていてつるつる、もちもち。
食べた最後にふわりと小麦の甘味と香りが感じられて美味しいです(*^-^*)

さぁ、お次はつけ汁の方へ麺をどーん、ちゅるりーん(・´з`・)

ふわー(*´▽`*)ほっとする~♡
風雲児さんのスープの特徴は鶏白湯、そこに魚介も合わせたいわゆるダブルスープ。
鶏の甘味と魚介の塩気が優しいつけ汁でなんだかとってもほっとする味。

ま、実は今まで私こちらに来るといつもらーめん。
なので、つけめんお初なんですけどね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、つけ汁を使ったのにぷかぷか浮かぶ魚粉の山が麺をひとくち入れても崩れない。

なんと頑丈な…と思いながら、えい!魚粉の山を崩して…

そして再びめーん!
魚粉まみれの麺にがぶり、ちゅるりーん(・´з`・)

うんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
魚粉の山を崩す前のつけ汁はどちらかと言うと優しいイメージ。
でも、これをスープに溶かした途端、俄然パンチ力が上がってすごいインパクト。

ただ、ちょっと失敗?これは一気に崩さず少しずつ溶かしていく方が良かったのかも。
実は後半にはちょっと辛いかな~?と思うほどで、すごーく汗だくになりました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、つけ汁の中には細切りの刻みチャーシュー

シャクシャクとした食感のメンマ。

さて、終盤は唐辛子を使って味変。

チラリ隣にいた人が麺の上に唐辛子を振っていたので私もマネして麺の上へ。

ピリっと辛い唐辛子のアクセントがこうすると分かりやすい。
つけ汁の方へ入れたなら、もっと唐辛子を入れないといけないと思うのでこれはいいですね。
さすが先人の知恵ってヤツですー(笑)

さぁ、麺をじゃんじゃん入れても崩れないしっかりとした海苔。

これは定番の?海苔巻きとしてぺろり。

そして、最後は卓上ポットのスープ割り。

そうそう、こちらのつけめんにはレンゲが付かないんだよね…

ってことでそのまま、だー!!\(-o-)/

まずはスープ割りが混ざらないようにそっとゴクリ。
ふむふむ、スープ割りのベースは和風寄りの節ベースですね~(・´з`・)

さて、熱い和出汁が加わって程よい温度になったスープ割り。
残そうと思いながら、水とスープをエンドレスしているうちに…あれ汁完しちゃいましたー(∀`*ゞ)エヘヘ

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
はぁー、風雲児さんのつけめん初めて食べたけどこっちも美味しかったー。

先述しましたが、私はこちらに初めて来た時に「らーめん」を食べました。
とても美味しかったので、実はつけめんの方が人気と聞いても来るたびにらーめんをオーダー。
ある意味、今回つけめんを食べようと思ったのはちょっとした好奇心だったのです。

そこで分かったことは…つけめんもすっごい美味しかったー!(≧▽≦)
こうなると、もう次からはどっちを食べようか迷ってしまいます。
そんな訳で?つけめんの美味しさもわかって良かったけれど、ある意味ちょっとした悩みができてしまいましたとさ(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年221杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

風雲児さん公式ホームページはこちら

風雲児さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビルB1F

らーめん(大盛)を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら
Source: 「らーめんになりたい!」