2019年1月14日に東洋水産(マルちゃん)から発売された「マルちゃん正麺 うま辛辛辛担担麺 STRONG」を食べてみました。

この商品は、本格感のある麺でお馴染み“正麺”シリーズの新商品ということで、今回は唐辛子、花椒、ラー油を際立たせ、ポークを利かせた味噌ベースの担担麺らしい練り胡麻による濃厚な旨味とともに“旨辛”な味わいを表現した“マルちゃん正麺 うま辛辛辛担担麺 STRONG”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り今回の一杯には唐辛子、花椒、ラー油を強めに利かせたということで、パッケージには“STRONG”との文字がインパクトある表現となって記載されていますね!

それにしても“正麺”までもが“STRONG”、“辛辛辛”といった表現をするとは思っていませんでしたから…ある意味斬新な一杯に感じられるのではないでしょうか?

一方、こちらには“唐辛子3倍・花椒2倍のうま辛さ”と記載されているように、この比較数値は今回リニューアルによって同時発売されている“正麺 うま辛担担麺”と比較しているとのことで、インパクトあるパッケージではありますが、そこまで強烈な辛さではないと思われます!

とは言え、ポークを利かせた担担麺ならではの濃厚な練り胡麻の旨味がベースとなっているため、辛さ・旨さともに引き立つ“うま辛”な一杯が表現されていることには間違いなさそうです!

他にも特徴としては、マルちゃんではお馴染みの独自製法“生麺ゆでてうまいまま製法”によって、茹でたてのようななめらかな食感に仕上がり、辛みを増した濃厚な担担スープだけでなく、クオリティの高い麺までもじっくりと堪能できる一杯となっているようです!

実際に食べてみて…

仕上がりは非常に強い辛さを思わせる真っ赤なスープでしたが、旨味自体も負けじとコク深い濃厚な味わいを表現していて、その旨味・辛みが合わさったことによって、スープ全体の味わいが引き立って感じられ、まさに“うま辛辛辛”な味を楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、濃厚かつ辛みの強い担担麺を存分に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの唐辛子・花椒・ラー油を強めに利かせた“うま辛い”担担麺「マルちゃん正麺 うま辛辛辛担担麺 STRONG」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

マルちゃん正麺 うま辛辛辛担担麺 STRONGについて

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“正麺”の新商品ということで、以前ご紹介したこともある“正麺 うま辛担担麺”と比較して唐辛子3倍・花椒2倍の強い辛みが表現された白味噌・練り胡麻の旨味が利いた濃厚な担担麺“マルちゃん正麺 うま辛辛辛担担麺 STRONG”となっています。

そして、“STRONG”とのパッケージがかなりのインパクトある表現となっているため、個人的にはかなり斬新にも感じられる一杯ではあるんですが、元となっている商品と比較しての強い辛みということなので、そこまで強い辛みではないと思われます!

それでは、その唐辛子・花椒がどれほどまでの強い辛さとなっているのか?それが濃厚な担担スープとうまくマッチしているのか…この辺りに関してじっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り472kcal(めん・かやく285kcal / スープ188kcal)となっております。(塩分は6.8g)

カロリーはスープタイプのカップ麺としてはやや高めな数値のようで、塩分もまた高めな数値となっているようですね!
ちなみに1食124g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけでなんと188kcalもの高い割合を占めていることから、今回の一杯は担担麺ならではの練り胡麻のコクが濃厚に仕上がっていることを思わせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”やポークエキスをはじめ…

  • 香味油脂
  • 豚脂
  • ねりごま
  • すりごま
  • 植物油
  • 香辛料
  • でん粉
  • 豆板醤
  • チキンエキス

といった、ポークを利かせた味噌ベースの濃厚なスープには、白味噌・練り胡麻の旨味がコク深い美味しさとして表現され、そこに唐辛子3倍・花椒2倍による刺激的な痺れる辛みがプラスされたことで、まさしく“STRONG”とも呼べる“うま辛辛辛”な一杯を想像させる材料が並びます。

原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、こんにゃく、植物性たん白、植物油脂、大豆食物繊維)、添付調味料(みそ、ポークエキス、香味油脂、豚脂、ねりごま、すりごま、植物油、砂糖、香辛料、食塩、でん粉、しょうゆ、豆板醤、チキンエキス、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(味付挽肉、チンゲン菜、ごま)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、かんすい、酒精、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カラメル色素、パプリカ色素、香辛料抽出物、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
引用元:マルちゃん正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、粉末スープといった3つの調味料などが入っています。(液体スープ・粉末スープはともに後入れタイプ。)

そして、麺はご覧の通り中太といった仕様で、“正麺”ではお馴染みの独自製法によってつるっとなめらかな食感が表現された麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付挽肉
  • チンゲン菜
  • ごま

が入っています。

中でも挽肉は担担麺では欠かせませんからね!他にもチンゲン菜といった練り胡麻の旨味と相性抜群な具材がしっかりと使用されているようです!

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

麺は茹でたてを思わせる弾力ある仕上がりとなり、この状態からどこまで濃厚な仕上がりとなるのか…この時点では想像も付きません。。(※調理時間を若干短めにする場合は、この状態で先に軽く麺をほぐしておくと良いかもしれません。)

そして、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
この液体スープは、ラー油が含まれた担担麺らしいドロッとしたものでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

さらに、先ほどの粉末スープも入れていきいます!

唐辛子3倍・花椒2倍ということで、粉末スープもやや多いようにも感じられ、この時点ですでに濃厚さが伝わってくるような味噌・練り胡麻の旨味が食欲そそる風味となって漂ってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと…ご覧の通り一面真っ赤な仕上がりとなり、いかにも辛そうなスープが表現されているようですね!

これがポークや練り胡麻の旨味と合わさったことで、どう美味しくマッチしているのか気になるところ。。

このようにスープは一面真っ赤ではありますが、すぐその下には濃厚な旨味が表現された担担スープが潜んでいるため、旨味と辛さがうまく表現された“うま辛辛辛”という商品名にふさわしい仕上がりを思わせます!

食べてみた感想

一口食べてみると…担担麺らしい練り胡麻の旨味が濃厚に表現されていて、そこに唐辛子・花椒による強い辛みが徐々に利いてきますね!

ただ、先ほどもお伝えした通り唐辛子3倍・花椒2倍の元となる比較商品がそこまで辛い仕上がりではないため、今回の“うま辛辛辛担担麺”も思っていたほど強烈な辛みというわけではないようです!

そのため、担担麺ならではの練り胡麻による濃厚な味わいが調和されているようにも感じられ、濃厚ではあるものの…心地よいすっきりとした後味なんかも感じられるのではないでしょうか?

麺について

麺は、正麺ならではのつるっとなめらかな仕上がりとなっていて、ずしっとした密度の高い重量感が生麺のような茹でたての麺を表現しているようです!

そんな麺には、担担麺らしい練り胡麻・味噌の濃厚なコク・旨味が利いた担担スープがよく絡み、一口ずつにポークなどのぶ厚い旨味が口に広がっていき、花椒による爽やかな風味が後味良く抜けていきます!

また、今回そこまで強い辛みではないと思われますが、一応唐辛子がしっかりと利いてはいるので、思い切りすするのだけは注意した方が良いかもしれません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付挽肉が入っていて、挽肉ということもあって若干小ぶりではありますが…濃厚な担担スープもよく吸ったことで、噛むと肉の旨味とともに美味しさ引き立つ味わいがじゅわっと滲み出てくる担担麺と相性抜群な具材となっているようです!

また、味付け自体はそこまで強くは感じられませんでしたが、今回の担担スープが非常にインパクトある仕上がりとなっているため、旨味そのものを引き立てるには申し分ない具材と思われ、ポークの旨味との相性も当然ばっちりです!

また、こちらのチンゲン菜も若干小さめにカットされてはいるものの…シャキシャキとした良い食感、そして素材本来の旨味がしっかりと感じられる具材となっていて、こちらもまた担担麺には欠かせない風味と旨味が表現されているようです!

スープについて

スープは、ポークの旨味をしっかりと利かせた味噌ベースのコク深い仕上がりとなり、そこに練り胡麻の旨味がスープに厚みをプラスしたことで、非常に濃厚なスープが表現されています!

また、今回“STRONG”ということで、通常の“うま辛担担麺”と比較して唐辛子3倍・花椒2倍による痺れる辛みが少しずつ利いてきて、食べ進めていくうちにうっすら汗をかく後引く辛さがプラスされています!

とは言え、食べられないほどの強烈な辛みでは全くなく、むしろ濃厚な担担スープにキレとすっきりとした後味を感じさせるような相性抜群な辛みと言えるでしょう!

また、花椒についてもビリビリ痺れて味の感覚がわからなくなるようなものでもなく、爽やかな風味を伴うことで、濃厚な担担スープにちょうど良いアクセントにも感じられ、唐辛子とのバランスもまた良いですね!

濃厚ではありますが、それをうまく調和したことで、ただただぶ厚い旨味となって存分に担担麺の美味しさを堪能できるのではないでしょうか?

旨味・辛みともに際だった今回の一杯は、担担麺ならではの濃厚な味わいが表現されてはいましたが、そこまで強烈な辛みには感じられないかもしれません。
そのため、お好みによってさらに香辛料をプラスして、より“STRONG”な味わいで楽しんでみても良いでしょう!

まとめ

今回「マルちゃん正麺 うま辛辛辛担担麺 STRONG」を食べてみて、ふんだんに使用したポークの旨味を利かせた白味噌・練り胡麻を加えたことで、コク深い濃厚な担担スープに仕上がり、そこに唐辛子3倍・花椒2倍といった“STRONG”な痺れる辛みがプラスされたことによって、担担麺ならではの濃厚さとしっかりとした辛みを同時に楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

そして担担麺自体、練り胡麻による濃厚な旨味が甘さも伴って感じられるため、これくらい強い辛みが表現されていた方が、全体としてのバランスも良く、旨味そのものも引き立って楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。