1/7発売の明星からの新作
「一平ちゃん 夜店の焼そば 焦がしにんにくうま辛みそ味」
を食べました!

「焦がしにんにくたまり醤油味」との同時発売となっています!

1/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 焦がしにんにくうま辛みそ味

「一平ちゃん」シリーズの焼そばで「焦がしにんにく」というと、
昨年11月に大盛で「焦がしにんにくたまり醤油味」が出てましたね!

今回登場した「たまり醤油味」のほうはおおむね当時の内容が同じで、
単に大盛からレギュラーサイズに変更して発売されたもののようです!

そしてこちらの「焦がしにんにくうま辛みそ味」は新作となります!

1/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 焦がしにんにくうま辛みそ味(内容物)

内容物は液体ソース、辛みそペースト、ふりかけとなっています!
今回はマヨは入っておらず、かわりに辛味噌が入っていますね!

また袋のデザインがいつもに比べてずいぶんシンプルな感じです!(*゚ー゚)

1/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 焦がしにんにくうま辛みそ味(できあがり)

いつもに比べるとやや大人しい雰囲気のビジュアルですね!
やはりマヨの白が入らないというのが大きいのかもですね!

まずはベースの味ですが・・・意外に素直な味噌味となってますね!(●・ω・)

ほんのり甘めながらも一定の赤味噌的なキレもある味噌に、
軽めにガーリックが効いたシンプルな味噌味となっています!

焦がしの要素は言われてみるとそういう感じもするぐらいで、
ガンガンと焦がしの香ばしさが前面に出るわけでもないです!

かといって、もう1つの主役のにんにくもほどほどの強さなので、
この時点では素直な味噌味という印象のほうが強く残ります!

そしてここに辛味噌が入ると・・・ややシャープになりますね!(=゚ω゚)

辛味噌はベースのソースに比べるとガーリックがやや強く、
マー油が入っているので一定の焦がし要素も持っています!

とはいえ、マー油は言われないと気付かない人もいそうで、
「言われてみれば少し香ばしいかも」というレベルですね!

辛さは軽めながらもピリッと刺激を与えるぐらいの効果はあり、
ただそれと同時にちょっとした甘さも加えてくるのですよね!

さらにふりかけが加わると・・・ガーリック感が強まりますね!(`・ω・´)

ふりかけはアオサと香辛料、フライドガーリックですが、
この中で明らかに目立っているのはガーリックですね!

今回の商品の特徴はソース、辛味噌、ふりかけがそれぞれの
個性を発揮することで全体としてまとまっているというよりは、
全体がおおむね同じ方向を向いて味を強調している感じです!

ベースのソースと辛みそも甘みやガーリック感は共通してますし、
ガーリックという点ではふりかけも同じ要素を持っているので、
良くも悪くもきれいにまとまっているという印象が強いです!

一方でアクセントであるガーリックや焦がし要素もほどほどなので、
全体としてインパクトがやや弱いといった感想も残るのですよね!

ソースと辛みその原材料はみそ、糖類、植物油脂、豚脂、しょうゆもろみ、
食塩、ポークエキス、ビーフオイル、香味油、香味調味料、香辛料、
たん白加水分解物、ビーフエキス、酵母粉末、酵母エキスとなってます!

味噌を基本としながらも醤油もろみが加えられていたり、
動物系にビーフが使われているなどの個性もありますね!

そうすると焼肉+味噌ダレをイメージしてるのかと思いきや、
商品説明には「焼き鳥ダレの味わい」とあるのですよね!

あまり焼き鳥で味噌というようなイメージはないですが、
意識すると「焼き鳥に合わなくもないかも」とは思えます!

とはいえ、原材料に鶏系は全く入っていないのですが!

麺は5分湯戻しの太めでもっちりとした油揚げ麺となってます!

この商品に関しては太麺を選択したのは正解でしょうね!

もともと味噌系のタレは味としての主張が強くなるので、
細麺だとバランス的にソースが勝ちがちになりますしね!(*゚◇゚)

でもって、この商品の麺は油揚げ麺臭はそれほど強くないので、
いい意味で麺の主張がはっきりとする効果が出ていますからね!

麺の量は90gで、カロリーは492kcalとなっています!
脂質は19.7gで、カップ焼そばとしては意外と軽めですね!

具材はキャベツのみで、細かいうえに量もかなり少ないです;
そのため箸休めの機能が弱く、単調さを感じさせる遠因にもなってます;

「一平ちゃん」でもここまでキャベツが貧弱なのは珍しいですね!

味噌ダレにあまり強く焦がしにんにく油も効かせにくいでしょうし、
それゆえに全体的に控えめになってしまったという感はありますね!

なので、焦がしやにんにくといったインパクトにはあまり期待せず、
ノーマルな味噌味焼そばととらえたほうが楽しめるかもしれません!

「一平ちゃん」としてはちょっと大人しい印象の残る一杯でした!(゚x/)モニッ

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!