日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」を食べてみました。(2019年1月21日発売・日清食品)

この商品は、1月22日の“カレーの日”にちなんで“大阪発祥! 今話題のスパイスカレートリオ”のひとつとして日清食品お馴染み“日清焼そばU.F.O.”から登場したもので、ポークをベースにクミンをはじめ様々なスパイスを利かせたスパイシーなキーマカレー味に仕上がった“日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば”となっております。(税抜き180円)

そして、このカレーの日に“最新トレンドのスパイスカレーをどうぞ!!”ということで、大阪発祥の新たなトレンド・ブームとなっている“スパイスカレー”の味わいが3商品同時発売され、ご覧通り“クセになるあとがけ本格スパイス”が味の決め手として別添され、どれもスパイシーな味わいがじっくりと楽しめる仕上がりのようです!

また、パッケージの背景にはスパイスカレーのお店を思わせる木目調があしらわれ、色とりどりの各種スパイスのイメージを掲載したことによって、見るからにスパイシーな風味が伝わってきますね!

一方、こちらには赤唐辛子やクミン、パセリなど数種類もの香辛料を使用したことによる色とりどりの賑やかにも見える別添された“クセになるあとがけ本格スパイス”によってスパイシーなキーマカレーの仕上がりイメージなんかも確認できます!

ちなみにこの別添されたスパイスは、お店の“スパイスカレー”の特徴でもある“あとがけスパイス”をアレンジしているとのことで、こちらを食べる直前にかけることによって、本格スパイシーな香り立つ風味を楽しめるようですね!

他にも特徴として、大阪発祥・新たなトレンド“スパイスカレー”を“U.F.O.”らしくアレンジしたキーマカレー味ということもあって、具材には味付肉そぼろが使用され、ポークをベースにしたスパイシーなソースを美味しく引き立てたことで、スパイシーな風味だけでなく旨味からもしっかりと楽しめる仕上がりのようです!

実際に食べてみて…

ポークを利かせたソースには、スパイシーさが際立った風味豊かなスパイスカレーのお店のような雰囲気ある香りが別添された“クセになるあとがけ本格スパイス”によって表現されていて、“U.F.O.”ならではの歯切れの良いストレート麺とともに、最後までやみつきになる味わいを存分に楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、スパイスを利かせたカレーといったテイストを手軽に焼そばで楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの大阪発祥・新たなトレンド“スパイスカレー”の味わいを“U.F.O.”らしくアレンジした一杯「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、1月22日の“カレーの日”にちなんで登場した“大阪発祥! 今、話題のスパイスカレートリオ”のひとつとして発売されたもので、ポークをベースに各種スパイスを利かせ、さらに大阪発祥・新たなトレンドとなっている“スパイスカレー”のお店のように“あとがけスパイス”によってスパイシーさに際立ったキーマカレー味が特徴的な“日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば”となっています。

ご覧のように、パッケージにはスパイスカレーのお店を思わせる木目調のデザインや、いくつもの香辛料が記載されたことで、見るからにスパイスカレーならではのスパイシーな風味が伝わってくるようですね!

そもそもカレーといったテイスト自体スパイスの利いた味わいではあるんですが、この大阪発祥“スパイスカレー”では…なにやら多様なスパイスの使い方が特徴とのことで、思っている以上に本格スパイスが楽しめる仕上がりのようです!

ちなみに今回は“大阪発祥! 今、話題のスパイスカレートリオ”として以下の商品も含め、計3商品が同時発売となっているようです!

そして、どれも“クセになるあとがけ本格スパイス”が別添され、それぞれのアレンジによる仕上がりに対してのスパイシーさが楽しめるとのことで、他の商品の仕上がりなんかも気になるところではないでしょうか?

それでは、今回の商品がどれほどまでのスパイシーさが表現されているのか?ポークを利かせたキーマカレーの味わいと合わせて、じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り485kcalとなっております。(塩分は4.2g)

カップ焼そばの割に思っていたほどカロリーは高い数値ではないようですね!そして、塩分もまた同じくやや低めなようです!
ちなみに1食110g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂や香辛料をはじめ…

  • 野菜調味油
  • ソース
  • 食塩
  • フルーツペースト
  • カレー粉
  • ポーク調味料

といった、ポークをベースにカレーらしい野菜やフルーツなどの材料が使用され、コク深くも旨味がしっかりと利き、そこにいくつもの香辛料を利かせたことで、本格スパイシーな味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(植物油脂、香辛料、野菜調味油、ソース、食塩、糖類、還元水あめ、フルーツペースト、カレー粉、ポーク調味料)、かやく(味付肉そぼろ、人参)、スパイス(オニオン、クミン、唐辛子、胡椒、パセリ)/加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、かんすい、酒精、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)
引用元:日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、あとがけスパイスといった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り“U.F.O.”ならではのコシのある中太といった仕様で、この歯切れの良さはこのシリーズでしか楽しむことのできない独特な食感が特徴的と言えるでしょう!

そんなすすり心地の良い麺が今回も同じく採用されているようです!

また、麺の裏には、具材として…

  • 味付肉そぼろ
  • 人参

がすでに入っています。

キーマカレーを表現するには欠かせない肉そぼろが(やや量的に少なくも見えますが…)しっかりと使用されているようですね!これがソースにどう旨味を滲み出しているのか?気になるところ。。

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

さきほどの麺がひとまわりふっくらと仕上がり、弾力ある張りなんかも確認できることから、意外としっかりとした食べ応えなんかもありそうな一杯…といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどの液体ソースを注いでいきます!
この液体ソースは、ややどろっとしたものでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておきましょう!

そして、こちらの写真では少しわかりにくいかもしれませんが…ほんの少しだけ油分も含まれているようで、カレーならではのスパイシーな味わいがポークによって味わい深く引き立っていることを思わせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう!
若干どろっとしたものではありましたが、ほどよく油分も含まれていることから、麺にもすんなりと馴染んでいきます!

そして、同時に液体スープにも使用された香辛料によってスパイシーな風味が一気に香り立ちます!これが後にかける“クセになるあとがけ本格スパイス”によってさらにスパイシーさが際立つというのですから…かなり本格的スパイシーな風味を想像させます!

ソースが全体に馴染むと…先ほどの油分はそこまで脂っこい仕上がりというわけではないようで、あくまでポークの旨味がカレーの味わいを引き立て、スパイシーなキーマカレーの味わいを美味しく表現するために相性良くマッチしているようです!

そして、ここに味の決め手となる“クセになるあとがけ本格スパイス”をかけていきます!

ちなみにこのスパイスには…

  • 粗びき黒こしょう
  • 赤唐辛子
  • 粗びきクミン
  • オニオン
  • パセリ

が使用されているようです!

ご覧のように、この色とりどりな各種スパイスが使用されたことによって、風味はまさにスパイスカレーのお店のような深みのある本格的にも感じられるクオリティの高い雰囲気ある香りが確認できます!

このように、大阪発祥だという新たなトレンド“スパイスカレー”の特徴のひとつでもある“あとがけスパイス”によってスパイシーな味わいを楽しめるようで、今回の商品も彩り・風味ともに非常にスパイシーさが突出した仕上がりのようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…スパイスの利いたキーマカレー味ということで、ポークの旨味がしっかりと利いてるわけですが、キーマカレーだからでしょうか?ソースの味わいとしては肉の旨味が際立ち、若干カレーの感じが弱いというか…もうひとつキレのある味の濃さがあっても良かったように感じられますね!

これは、以前ご紹介した“日清焼そばU.F.O. チーズカレー”の時もそうでしたが、麺がソースをすぐに吸っているのか、カレーの粉っぽさなのか…口当たりに感じる味わい自体が弱く感じられます。。これは他の“U.F.O.”では思ったことがないので、カレーといったテイストだからなのかもしれませんね!

とは言え、ポークがしっかりときいた味わいにスパイシーな風味が香り立つことで、口に広がる本格スパイスからは、通常のカレーでは味わうことのない満足度の高い香辛料が存分に楽しむことができるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太仕様のほどよく弾力・コシのある仕上がりとなっていて、スパイスの利いたキーマカレー味のソースがしっかりとコーティングされたことで、一口ずつにポークを利かせた味わい深い旨みが口に広がっていき、すすり心地抜群だからからこそスパイシーな風味もまた引き立って感じられますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付肉そぼろが入っていて、肉そぼろというだけあってやや小さめではありますが、じっくりと味わってみると…ポークの旨味を引き立てるかのようにしっかりと肉の旨味が感じられ、これはこれで美味しい具材となっているようです!

また、こちらの人参はパッケージにあった仕上がりイメージと比べて、かなり小さめにカットされたものではありましたが…カレーといったテイストには合わないわけがないですからね!野菜やフルーツを利かせたキーマカレーソースにもぴったりです!

そしてこれですね!大阪発祥“スパイスカレー”の特徴でもある“あとがけスパイス”をアレンジし、今回のトリオ3商品に共通して別添された“クセになるあとがけ本格スパイス”に含まれる様々な香辛料です!

これによって、実に雰囲気あるというか…スパイスカレーのお店のような本格スパイスの風味を楽しむことができます!

ちなみに、この香辛料には赤唐辛子も含まれているんですが、辛み自体はソースの味わいを引き締める程度のものでしたので、辛みが心配な方も、ぜひこのスパイスの風味を楽しんでみてください!

ソースについて

ソースは、ポークの旨味がベースとなり、クミンをはじめ様々な香辛料が使用されたスパイシーなキーマカレーソースに仕上がっています!

そして、先ほどもお伝えした通り、口当たりには若干キレというか、しょっぱさが足りなくも感じられるため、もう少しソースの量が欲しいところではありますね。。

ただ、今回のテイストは“キーマカレー”ということもあって、挽肉・ポークの旨味を楽しむという点では忠実に再現しているとも言えるのかもしれません!

このように、今回の一杯はスパイス際立つキーマカレー味なので、お好みによってソースそのものを追加してみたり、手間かもしれませんが挽肉を追加アレンジして、よりキーマカレーの味わいを味濃く楽しんでみても良いかもしれません!

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」を食べてみて、ソースに利いたポークの旨味や具材に使用された肉そぼろによって、キーマカレーソースの旨味自体が引き立てられ、そこにふんだんに使用された香辛料によるスパイシーな風味が満足度の高い本格スパイスを存分に楽しめる仕上がりとなっていました!

このように、大阪発祥の“スパイスカレー”はスパイス自体が想像以上に利いたことで、本格スパイシーなカレーが楽しめるようですね!これはスパイシーなカレーが好みな方にも納得の香辛料に感じられるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。