今回ご紹介するカップラーメンは「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」です。

このEDGEシリーズは「驚き」と「やりすぎ」がテーマだそうなので、かなり刺激的なカップラーメンに仕上がっていそうです。

ベースはチキンベースでここにシゲキングの元で刺激を加えるのだそうです。

しかし、こういう特化型のカップラーメンはおいしさに当たり外れがあるんですよね。

確かにとがったコンセプトですが、果たしておいしいと刺激が共存できているのか、商品の紹介をしていこうと思います。

カップ麺の見た目 

カップ麺のふた

f:id:ku-neruasobu:20180603193641j:plain

黄色が基調のパッケージです。

ビタミンC1000mg配合と書いてありますが、カップラーメンでビタミンCを1000㎎も配合しているものはもちろん見たことがありません笑

横から見たところ

f:id:ku-neruasobu:20180603193650j:plain

書いてある絵のキングがとても酸っぱそうな顔をしています。

鶏スープの風味がこの酸っぱさに負けずに残っているか心配です…笑

添付の小袋

f:id:ku-neruasobu:20180603193708j:plain

液体スープとふりかけ(シゲキングの素)の2つの小袋が入っています。

シゲキングの素が曲者ですね。

酸味が苦手な方は調整したほうが良いと思います。

ふたを開けたところ

f:id:ku-neruasobu:20180603193722j:plain

なると、ネギ、卵、肉そぼろと色とりどりの具材が見えます。

ここではまだ酸っぱさの片りんは見えていないです。

やはり、シゲキングの素ですべてがガラッと変わるようです。

商品説明 

発売元:エースコック
発売日:2018年5月28日(月)
価格:205円 (税別)
カロリー:384kcal
食塩相当量:7.5g
カップ麺含まれるアレルギー物質:小麦、卵、乳成分、豚肉、鶏肉、大豆、ごま

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

食べた感想 

まずは作りたての写真をご覧ください。 
f:id:ku-neruasobu:20180603193738j:plain

見た目 

見た目は普通ですね。

普通の鶏ガラベースの塩ラーメンや醤油ラーメンのような見た目に見えます。

しかし、「驚き」と「やりすぎ」がテーマのEDGEシリーズはこの見た目通りにはいかないんでしょうね(笑)

具材 

味付鶏肉そぼろ、ねぎ、なると、卵

香り 

香りは鶏しおレモンというだけあって、酸味がとても強い香りです。

鶏スープのような香りもほんのりしますが、酸味のある香りが強すぎてそこまでわからないです。

味 

一口食べてみるとわかりますが、とても酸っぱい!です。

完全に鶏スープの味を隠してしまっています。。。

ほんのり後味に鶏塩の味はあるのですが、レモンのインパクトが強すぎてよくわかりません笑

食べられますが、とてもおいしいものではないですね。。。(酸味が大好きな人は好きな味なのかも…)

ネタとしてはありですが、鶏しおスープを味わいたい場合はシゲキングの素を少なめにしておいたほうが良いと思います。

そして麺は中細麺でスープがほどよく絡むのですが、レモンの酸っぱさで麺の味もあまりわからないです笑

具材もネギ、なるとの食感や卵のふんわり感、肉そぼろの肉感はいいのですが、味はレモンに完全に負けています。

とりあえず、最後までずっと酸っぱいレモン汁を飲んでる感じです(笑)

私もスープは最後まで飲めませんでした。

好きな人は好きかもしませんが、シゲキングの素はほどほどにしておいたほうが良いと思います。

まとめ 

  • レモン汁をずっと飲んでる感じです笑
  • ネタ的要素を求めていない人はシゲキングの素は少なめから徐々に入れたほうが良いと思います。
  • 酸っぱさで塩分はあまり感じないのですが、塩分相当量が密かに高いので、気になる方はスープを残すなど対策をしたほうが良いです。

Source: くうねるあそぶ、ラーメンたべる