1/21発売のまるか食品「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」を食べました!
北海道名物の羊肉料理である「ジンギスカン」を焼そばにした商品です!

1/21発売 ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば

「ジンギスカン味の焼そば」とだけ聞くと変わり種っぽいですが、
どうもこの商品、その内容を見るに本気度が高そうなのですよね!

というのも、具材にしっかりと羊肉を使っているようなのです!

羊肉具材なんてカップ麺では通常は使われるものではないですし、
今回開発してもこの商品以外には使い道がなさそうに思うのですが、
それでもしっかりこの商品のために作ってきたのはすごいですね!

本気で「ジンギスカン」らしい味を再現しにかかってるのですかね!

今回はデザインも北海道らしく「時計台」が描かれていますね!(*゚ー゚)

1/21発売 ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば(内容物)

内容物はかやくと液体ソースという組み合わせになっています!
ペヤングシリーズとしてはごくごく普通の構成と言えますね!

1/21発売 ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば(できあがり)

おっ、ジンギスカンらしくいろんな種類の野菜が入ってますね!
ジンギスカンは野菜も入っていてこその料理でもありますからね!

まずはその味ですが・・・おおぉ、これは再現度がかなり高いですよ!(●・ω・)

食べてすぐにやってくるのはジンギスカンのタレらしい風味です!

醤油ベースでフルーティーな甘み、そこに香味野菜が加わって、
焼肉のたれと比べるといくぶん「果実感のある醤油だれ」感が強く、
それによってけっこうすっきりと食べられる味わいになっていますね!

ただ、一方で植物油脂がそれなりに多く加えられているので、
そういう点では油脂の分厚さもきっちりと備えられています!

でもそれだけだと、単にジンギスカンのタレを再現しただけですが、
すごいのはその風味の後で明らかにラムっぽい香りが来る点ですね!

タレの風味が広がった後で、グッと羊肉っぽい香りが上がってくる、
それによって一気にジンギスカンらしい雰囲気が高まってきます!

言い換えると、ラムの香りが苦手な人は避けたほうがいいレベルです!

もちろん実際のジンギスカンほど羊臭いというわけではないので、
「あまり香りが強いとダメだけど、そこそこまではいける」ぐらいなら、
この焼そばの風味はちょうどいいぐらいのバランスと言えるかもです!

でもこれだけしっかりとラムの香りを立ててきたのは驚きでしたね!(=゚ω゚)

ラムの香りを生かしてくるカップ麺なんてほとんど見ないですし、
なおかつそれなりに人を選ぶことになる香りでもありますからね!

ソースの原材料は糖類、しょうゆ、植物油脂、食塩、たまねぎ、
はちみつ、りんご、香辛料、発酵調味料、醸造酢、レモン果汁です!

この組み合わせはたしかにジンギスカンのタレらしさがありますね!

最も有名な「ベルの成吉思汗たれ」と原材料を比較してみましょう!

[ベル 成吉思汗たれ]
しょうゆ、てん菜糖蜜、砂糖、醸造酢、食塩、たんぱく加水分解物、
玉ねぎ、果糖ぶどう糖液糖、発酵調味料、香辛料、にんにく、ハチミツ、
生姜エキス、みりん、オニオンエキス、酵母エキス、生姜、調味料(アミノ酸等)、
酸味料、カラメル色素、香辛料抽出物

もちろん原材料の並びなどの細かい点は全く違っているのですが、
醤油と糖類を軸に玉ねぎを中心として野菜をいろいろと加えながら、
またお酢などの酸味を加える要素が入っている点も共通しています!

両者の最大の違いは油脂が多く含まれているかどうかでしょうね!
焼そばのソースは油脂によって調理感を出す必要がありますからね!

面白いのは、今回のタレに動物系の要素が全く入ってない点です!

鶏・豚・牛もなければ、今回の主役である羊肉の要素もありません!
そうでありながら、ソースからはしっかりラムの風味が上がってきます!

このあたりは香料によって演出しているというふうに見られますが、
ただそこに収まらない厚みがソースにあったのはたしかなのですよね!

麺はいつものペヤングらしい中細ぐらいの油揚げ麺となってます!

ほんと普段のペヤングの味で、ラードによる香ばしさがあって、
そのスナック感がソースと麺を上手くつないでくれるのですよね!

汎用性が高く、なおかつスナック感がプラスにはたらいてくれる、
この麺があるからこそいろんな商品が作れるとも言えるでしょう!

今回の麺は特にそうしたスナック的要素と相性が良かったですね!(*゚◇゚)

麺の量は90gで、カロリーは548kcalとそこそこ高めです!
脂質も26.7gと、麺量と比較するとちょっと高くなってます!

ただ植物油脂なので、重たくなるような油っぽさは強くなく、
むしろ全体の調理感を高めるような効果が上手く出てましたね!

具材はキャベツ、羊肉チップ、にんじん、もやしとなっています!

キャベツは普通ながら、ジンギスカンのタレとは非常に相性が良く、
他の2種類の野菜と交わることによって魅力も高まっていましたね!

にんじんはコリコリ感が強く、食感・風味の双方でアクセントとなり、
もやしは太めであることで、シャキッとした存在感が出ていました!

そして主役の羊肉チップですが・・・うん、なかなかの完成度です!(`・ω・´)

基本的にはチャーシューチップ的な板状の肉具材ではありますが、
噛んだときに出てくる風味が他の肉とは少々違うのですよね!

食べた瞬間からガンガンにラムの風味を出すわけではないですが、
噛んでいる途中からじわっとそれらしい風味がやってきますね!

でもって、量がしっかり入っているというのもポイントが高いです!
おそらく平均して10枚以上は入っているというふうに見られますし!

人を多少なりとも選ぶであろう「ジンギスカン」を題材にしながら、
その個性をしっかりと打ち立ててきたのはさすがだと言っていいです!

「ジンギスカン」好きの人なら買いだめコースかもしれないですね!

自分としても最低でもあと1回はリピートしたくなる力がありましたね!(゚x/)モギギン

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!