1/21発売のサンヨー食品
「蟻月 博多もつ鍋風ラーメン 濃厚にんにく白みそ仕立て」
を食べました!

セブン&アイ系列のみで扱われている商品となっています!

1/21発売 蟻月 博多もつ鍋風ラーメン 濃厚にんにく白みそ仕立て

「蟻月(ありづき)」という、もつ鍋のお店の再現商品ですね!
東京・大阪、さらにもつ鍋の本場である福岡にもお店があります!

実は自分はこれまでもつ鍋を食べたことがないのですよね(;゚ω゚)

なので、もつ鍋の味の再現度をはかることはできないのですが、
逆にこの商品からもつ鍋の特徴を学べたらいいなと思ってます!

もつ鍋を食べたことがない人でも楽しめる味を期待したいですね!

1/21発売 蟻月 博多もつ鍋風ラーメン 濃厚にんにく白みそ仕立て(内容物)

なんと、驚いたことにカップの中に2つも小袋が入っています!

縦型カップで小袋を中に入れるのはエースコックぐらいですが、
今回は2袋必要だったので、サンヨー食品も中に入れたのですね!

さすがに2袋ともフタに張り付けるというのは不可能ですからね!

1/21発売 蟻月 博多もつ鍋風ラーメン 濃厚にんにく白みそ仕立て(できあがり)

おっ、鍋料理の再現カップ麺らしく具材は充実していますね!
しかも「もつ」というカップ麺では珍しい具材まで入ってます!

「もつ」系の具材がカップ麺で使われるのはこれが初ではなく、
こちらのブログで紹介した分でも過去に2商品ありましたね!

肉道場 ホルモン焼そば(サンヨー食品:2011年)
池乃めだかの浪花のホルモン入り焼そば(エースコック:2012年)

これを見るにサンヨー食品はもつ具材のノウハウはあったのですね!
ちなみにこの商品も含めて、どの商品も豚腸が使われているようです!

さすがにコスト的に牛の腸を使うのはちょっと難しいのでしょうね!

まずはスープですが・・・うおっ、強烈なにんにくの風味ですね!(●・ω・)

なるほど、何だか一口でもつ鍋の特徴を感じさせられましたね!

もつ鍋はもともと牛の腸を使うことから牛ベースの風味が強く、
そこに味噌ダレを合わせ、また鍋料理らしく野菜の旨味を与え、
さらに昆布とかつおのだしもベースの旨味を加えてくれています!

これだけだと、調和重視の鍋スープといった感じなのでしょうが、
ここに大量のにんにくが加わることで強烈なパンチが出ています!

にんにくを効かせたタイプのカップ麺はけっこういろいろありますが、
その中でもかなり上位に来るぐらいに強烈なにんにくの風味ですね!

しかもおろしにんにくや刻みにんにく近い生タイプの風味なのですよね!

ローストガーリックやフライドガーリックのような香ばしさではなく、
にんにくの持っている攻撃性が最もダイレクトに伝わってくる味です!(*゚◇゚)

なので、「白みそ」仕立てということで甘めの風味を予想してましたが、
全然そんなことはなく、むしろにんにくの辛さとワイルドさが強くて、
シャープになりすぎないように「白みそ」が活躍している感じです!

白みそよりも、「にんにくが強烈な牛ベース鍋スープ」という印象です!
にんにくのパンチ、牛のコク、そして鍋の複合性が合わさる感じですね!

それにしてもこのパンチの強さにはちょっと驚きましたね!
自分の中での鍋スープのイメージとは違っていましたしね!

でも「もつ」というクセのある素材を受け止めるスープとしては、
これぐらいパンチがあるほうが渡り合える面もあるのでしょうね!

「これならたしかにもつと合いそう」と思える味わいでしたし!

スープの原材料はみそ、糖類、香辛料、食塩、植物油脂、野菜エキス、
牛脂、でん粉、ビーフエキス、乳等を主要原料とする食品、豚脂、ごま、
ポークエキス、しょうゆ、たん白加水分解物、魚介エキス(魚介類)、
昆布粉末、みりん、香味食用油、酵母エキス、デキストリン、発酵調味料です!

いやはや、これだけ複合性の高いスープ原材料も珍しいですね!

白みそをベースに、スープ素材は牛、野菜、豚、魚介、昆布の複合、
そしてそこに強烈な香辛料(にんにく)が加わるという形でしょう!

麺は5分湯戻しの断面の丸い中太ぐらいの油揚げ麺となっています!

サンヨー食品の縦型店カップなので、また貧弱な麺かと思いきや、
今回の麺はいつものすぐゆるくなる麺とは全く違ってますね!

形状がきれいに丸く、でもってけっこうな太さも持っていて、
食べるとプリプリとした食感もそれなりに感じさせてくれます!

これってちょっとちゃんぽん麺ぽいなとふと思ったりしますが、
どうもこれは実際にちゃんぽん麺を少し意識してるのでしょう!

というのも、お店では締めにちゃんぽん麺を入れるのですよね!(*゚ー゚)

そこで今回はこうした麺を採用することにしたのでしょう!

今回はスープのパンチも強かったので、ちゃんぽん麺にも負けず、
バランス的にもおおむねこれで正解だっただろうと思えましたね!

麺の量は70gで、カロリーは495kcalとなっています!
脂質は19.5gで、麺量を考えると多少高めではあります!

具材はキャベツ、豚腸、ごぼう、ニラとなっています!

まずはもつ鍋で欠かせないニラですが、これはいいですね!
にんにくと並んでスープにガツンと香味を与えてくれます!

こうしたワイルド系の野菜がもつ鍋には合うのでしょうね!

そして鍋らしい風味を高めるごぼうもなかなかのリアリティで、
さらに野菜具材としてキャベツもまたいい仕事をしてくれています!

この2つの具材によって、鍋料理らしさが一段と高まってますね!

そして主役の豚腸ですが・・・うん、これはよくできてますね!(`・ω・´)

カップ麺の肉具材としては歯ごたえが非常にしっかりしてます!

ちょっと噛み切りにくいけど、それもまたもつの1つの特徴ですし、
また腸ならではの味のクセのようなものも少し感じるのですよね!

全くクセがないともつ鍋っぽさを楽しむには物足りないでしょうし、
このもつ特有のクセがほどよく残っているのは大きなポイントですね!

個数も6個ぐらいと、十分楽しめるだけの量はありましたしね!

もつ鍋の個性である強烈なにんにくと複合的なスープの旨さ、
そして実際のもつを具材に採用し、ニラもどっさり加えるなど、
もつ鍋の再現という点から見るとかなり高く評価できそうです!

一つのにんにくガツン系ラーメンとしても楽しめる一杯でした!(゚x/)モギッ
Source: He can eat anything but himself!