本気盛 スパイシー赤味噌」を食べてみました。(2019年2月4日発売・東洋水産)

この商品は、「第10回最強の次世代ラーメン決定戦!」の“次世代部門”にて見事優勝に輝いた大阪の名店「創作らーめん style林(スタイルハヤシ)」の手がけた“次世代スパイスパウダー赤味噌”を再現した一杯が大盛り・濃い系でお馴染み“本気盛(マジモリ)”シリーズに登場です!

それも…魚介ダシと赤味噌をベースに様々な香辛料を使用したことで、スパイスカレーを彷彿とさせる味わいが表現された一杯“本気盛 スパイシー赤味噌”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“優勝”といった文字が大きく記載され、スパイス・赤味噌を利かせた本格的とも言えるスープにたっぷりと使用された鶏挽肉によって旨味が滲み出したと思われる仕上がりイメージなんかも確認できますね!

また、“次世代”というだけあって、魚介ダシ×赤味噌にターメリックや山椒などのスパイスを利かせたことで複雑・繊細な味わいが表現された仕上がりには期待できそうです!

一方、こちらには“赤味噌ベースのスパイスカレーラーメン!”と記載されているように、今回の一杯には赤味噌ならではのキレとコクが本格スパイシーな香辛料とバランス良く仕上がった仕上がりのようで、太めの丸麺にスパイシー×赤味噌といった次世代の味わいが表現されたスープがよく絡む仕上がりイメージなんかも記載されています!

一瞬、カレーといったテイストにも思われますが、赤味噌ベースのスパイシーさが際立った仕上がりのようで、そこに魚介のダシが利いたことで独創的にも思える一杯となっているようですね!

他にも特徴として、シャキシャキとした食感の玉ねぎが豊富に使用され、香辛料を利かせたスパイシーな風味にぴったりな具材によってちょうど良いアクセントがプラスされたメリハリのある一杯が楽しめるようです!

実際に食べてみて…

赤味噌を利かせたということで、キレのある口当たりには魚介のダシが絶妙なバランスとなって次世代を感じさせる味わいとなり、そこにターメリックをはじめとする香辛料が豊富に使用されたことで味わい・風味はまさに本格スパイシーな一杯に仕上がっていました!
これは特に、赤味噌ならではの後味すっきりとした味わい、そしてスパイシーな風味をじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの大阪の名店“創作らーめん style林”の味わいを再現したスパイシーな一杯「本気盛 スパイシー赤味噌」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

本気盛 スパイシー赤味噌

今回ご紹介するカップ麺は、“今までになかった新しいラーメン(次世代ラーメン)”をコンセプトにした“第10回最強の次世代ラーメン決定戦!”の“次世代部門”で見事優勝に輝いた大阪の名店“創作らーめん style林(スタイルハヤシ)”の味わいを再現したもので、赤味噌をベースに豊富に使用した香辛料によってスパイシーな仕上がりとなった一杯“本気盛 スパイシー赤味噌”となっています。

この“最強の次世代ラーメン決定戦!”は、ユーザー参加型の投票によって店・味が決定されているとのことなので、ユーザーの支持を得た結果となっているため、仕上がりに関しては間違いなさそうです!

また、今回は他にも先日ご紹介した同じく“次世代部門”で惜しくも準優勝となった“本気盛 花椒香る煮干醤油”が同時発売となっているようです!

そしてご覧の通り、パッケージには大阪の名店だという“創作らーめん style林”の実店舗写真や、店主である“林 隆臣”氏の顔写真なんかも記載されていますね!

ちなみに、この“創作らーめん style林”は、大阪の有名店での修行経験を経て2015年12月にオープンし、瞬く間に人気店へと上り詰めたラーメン店のようで、現在では様々なメディアに取り上げられているとのこと!

それでは、今回の一杯がどれほど赤味噌ならではの味わいが表現されているのか?魚介のダシとのバランス、さらにスパイシーな風味などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り488kcal(めん・かやく365kcal / スープ123kcal)となっております。(塩分は6.7g)

大盛りも特徴のひとつの“本気盛”シリーズらしく、カロリーはしっかりとした食べ応えを思わせるやや高めな数値のようで、塩分もまた同じくやや高めとなっています!
ちなみに1食109g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは意外にも高めな数値を占めているようで、赤味噌といったすっきりとしたイメージでしたが、そこはスパイシーな風味にもぴったりな旨味がしっかりと表現されているものと思われます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や香辛料をはじめ…

  • 植物油
  • 食塩
  • ラード
  • 粉末さばぶし
  • パセリ
  • 発行調味料

といった、赤味噌ならではのキレとコクが際立ったシャープな飲み口には、ほんのり魚介のダシを加えたことで真新しい次世代の味わいを表現し、そこにたっぷりと使用した香辛料によってスパイシーな味わいを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(みそ、香辛料、植物油、食塩、ラード、ごま、砂糖、粉末さばぶし、パセリ、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(味付鶏挽肉、たまねぎ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、香料、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
引用元:本気盛 スパイシー赤味噌 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープや具材などがすでに入っていて、フタの上には“特製油”と記載された調味料が別添されていました。

そして、具材には…

  • 味付鶏挽肉
  • たまねぎ
  • ねぎ

が入っています。

具材はやや多めにも見えますね!特に挽肉なんかは今回の一杯に良い旨味を滲み出してくれるものと思われるため、赤味噌のコクがさらに引き立てられていることに期待できそうです!

また、麺はご覧の通り太めの仕様となっていて、つるっとなめらかな食感を思わせる丸みのある麺が採用されているようですね!この辺りは“本気盛”シリーズらしい強い食べ応えなんかもありそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

容器底に粉末スープが溜まっているのでしょうか?しっかりとお湯を吸ったことで濃密な旨味が表現されていることを思わせ、そこにたっぷりと使用された挽肉が合わさったことで、赤味噌ならではの味わいがより美味しく引き立てられた仕上がりを思わせる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの特製油を注いでいきます!
ちなみにこの特製油はご覧の通り透明度の高い油となっていて、多少スパイシーにも感じられるものの…特に何かの味に際立ったようではなく、旨味そのものを引き立てる調味油のようですね!

そのため、この特製油を入れてもそこまで風味に変化はないようですが、そもそも粉末スープの方に香辛料がしっかりと利いているようで、まさしく本格的とも言えるスパイシーさがこの風味からよーく伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと、仕上がり自体はどろっとしたものではなく、どちらかと言うとさらっとした仕上がりとなっていて、赤味噌ならではのキレとスパイシーな風味が次世代を感じさせる一杯として表現されているようですね!

さらに今回は魚介のダシなんかも加わっていますからね!どれほどの味わいがスパイシーな赤味噌とマッチしているのか?気になるところ。。

この魚介のダシと赤味噌を合わせたというだけでも真新しい気がしないでもないですが…今回はさらにターメリックや山椒といった香辛料が使用されたことによって、まさに互いの旨味を引き立てる相性の良い仕上がりを期待させます!

食べてみた感想

一口食べてみると…おっ!まさにスパイスカレーのようなスパイシーさが印象的な口当たりとなっていて、それに伴い赤味噌ならではのキレなんかもすっきりさを演出していますね!

そして、そのすぐ後からは魚介のダシが加わったことで、複雑・繊細にも感じられる赤味噌の旨味が引き立てられた味わいが絶妙なバランスとなって仕上がっています!

なるほど!口に入れた瞬間はスパイシーなカレーを思わせるんですが…そこはやはり新しい味わいを感じさせる仕上がりのようで、赤味噌と魚介のダシによってクセになりそうな味わいが表現されているようですね!

また、気になる香辛料については、食べ進めていくうちに汗かくほどの本格スパイシーさが表現され、ほどよい辛さにも感じられるこのスパイス感はまさに優勝しただけあって、満足度の高い仕上がりと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、若干幅広な太麺が使用されていて、強いコシが印象的な弾力も兼ね備えた“本気盛”らしい食べ応えのある麺となっています!

そんな麺には、赤味噌・魚介のダシをベースにたっぷりと使用された香辛料によってスパイシーさに際立った本格的とも言える味わいのスープがよく絡み、一口ずつに非常に深みのある味わいが口に広がっていき、スパイシーな風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏挽肉が入っていて、こちら挽肉らしく小ぶりな具材ではありましたが、噛んでじっくりと味わってみると…鶏肉らしい淡白な旨味にしっかりと味付けがされているようで、今回のスパイシーさと赤味噌ならではの味わいを引き立てる相性抜群な具材となっています!

そのため、容器底からしっかりとスープを混ぜ、この挽肉も麺の下に沈ませておくことによって、後々旨味も増して感じられるものと思われます!

また、こちらの玉ねぎはシャキシャキとした食感が非常に心地良く、素材本来の味がしっかりと表現されたことで、さっぱり感はもちろん、ちょうど良い口直しにも感じられ、こちらもまたスパイシーな味わいにぴったりな具材となっているようです!

スープについて

スープは、ご覧の通り特にどろっとした仕上がりというわけではなく、どちらかと言うとさらっとしたもので、赤味噌が利いたキレのある後味すっきりとした味わいに仕上がっています!

そして、今回優勝しただけあって赤味噌×魚介ダシ×スパイシーといった旨味・風味ともに満足度の高い本格的な味わいが表現されたことで、スパイスカレーを彷彿とさせるスープは、非常に深みのある繊細な仕上がりにも感じられますね!

とにかく旨味は凝縮されたかのような味わいに仕上がり、それがスパイシーさとうまく調和したことで、ついスープが止まらなくなってしまいそうです。。

ただ、こういった真新しさを感じさせる仕上がりなだけあって、食べはじめはじっくりと味わって、その仕上がりを伺いながら…といった感じではありましたが、この魚介ダシを利かせた赤味噌・スパイシーといった味わいは、どんどん引き込まれていきますね!

さらに、本格スパイシーな風味が旨味としても美味しさ引き立つ仕上がりとなっているようで、魚介のダシを利かせた赤味噌ならではのキレとコクがスパイシーさと絶妙にマッチしています!

ちなみにこの魚介のダシは、口に入れた瞬間感じられるほどのものではなく、あくまで今回の赤味噌を引き立てるかのようにほどよい旨味としてスープに溶け込んでいるようです!

また、このパセリの風味が香辛料をさらに引き立てているようにも感じられ、色鮮やかな彩りといった見た目だけでなく、風味にも手を込んだ作りを思わせます!

今回の一杯は満足度の高いスパイスがしっかりと利いていたため、スパイシーさは申し分なく、魚介ダシ×赤味噌の組み合わせも次世代を感じさせる真新しい味わいが表現されているように感じられました!
そのため、この状態でも十分美味しくいただけるかと思いますが、お好みによって香辛料をさらに際立たせてみても良いかもしれませんね!

まとめ

今回「本気盛 スパイシー赤味噌」を食べてみて、赤味噌ならではの味わいを魚介のダシが美味しく引き立て、それによって繊細にも感じられるスープに仕上がり、そこにターメリックや山椒といった香辛料が使用されたことで、まさに本格的にも感じられるスパイシーさがたまらない後味すっきりとした一杯となっていました!

そして、魚介のダシを利かせた赤味噌といった旨味がベースとなっているため、最後まで全く飽きることなく、ついついスープが止まらなくなってしまうのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。