1/28発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 太麺甘濃ソース」を食べました!
昨年2月に発売された「太麺甘濃ソース」から大盛バージョンが登場しました!

1/28発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 太麺甘濃ソース

この「太麺甘濃ソース」は昨年発売時に人気だったようですね!
そうしたこともあって、今年は大盛バージョンが登場しました!

でも、単に麺が大盛になっただけではないようなのですよね!

というのも、昨年の通常版は麺の湯戻し時間が3分でしたが、
今年の大盛バージョンは湯戻し時間が5分になってますからね!

かつては「一平ちゃん」というと中細麺しか使わなかったですが、
2017年の「たこ焼味」あたりから太麺の起用が出てきたのですよね!

面白いのはその登場する各太麺の仕様がいつも微妙に異なる点ですね!
中細麺のときに関してはいつも全く同じ麺が使われているのですが!

たとえば「たこ焼味」は湯戻し4分、「オーロラソース」は湯戻し3分、
また昨年の「太麺甘濃」も湯戻し3分、でも今年のほうは湯戻し5分と、
ちゃんと商品によってそれぞれ太麺を使い分けているのですよね!(*゚◇゚)

1/28発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 太麺甘濃ソース(内容物)

内容物は「一平ちゃん」らしく液体ソース、ふりかけ、からしマヨです!
麺に関しては明らかに昨年の「太麺甘濃」よりも太くなっていますね!

1/28発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 太麺甘濃ソース(できあがり)

今年も非常にベーシックなビジュアルの仕上がりとなりました!

「一平ちゃん」というと、変わり種の焼そばがよく登場しますが、
この商品は「太麺系一平ちゃん」のスタンダードとも言えるもので、
あえてひねらず太麺にストレートに合うものを詰め込んでる感じです!

まずはその味ですが・・・たしかに「濃い」と思わせる味ですね!(●・ω・)

ただ「濃い」とは言っても、塩辛いとか重いとかいう感じではないです!
ソースとしての濃度、そして風味が濃いといったふうな印象ですね!

このソースから受ける印象はその濃さ、香ばしさ、やや強めの酸味、
そしてちょっぴりスパイシーといったあたりが中心になってきます!

「甘濃」とあるので、甘さと濃さの2つが最大のポイントなのですが、
実のところ直感的な甘さはそこまで強くアピールしないのですよね!

ただ「こっくりとした香ばしさを伴った甘さ」はしっかり感じます!
要するに糖類だけによるストレートな甘さとはちょっと違うのですよね!

このソースの大きなポイントはローストオニオンのようなのですよね!(=゚ω゚)

それが強い香ばしさを生み出し、それと同時にこっくりとした
深みのあるじわっと広がる甘さを生む、それが「甘濃」なのですね!

そうした甘さと濃さを打ち出しながら、酸味も強めなので味が締まっている、
たしかにこれはスタンダード感がありながらよくできた味わいと言えますね!

そしてからしマヨを加えると・・・これが非常に相性がいいのですよね!(`・ω・´)

ソースだけだと、ストレートなパンチの強さが前面に出てきますが、
このマヨによってまったり感、からしの風味によるシャープな感覚、
そういったものが重なって全体のバランスがさらに向上してくれます!

「一平ちゃん」シリーズにとってマヨは欠かせない存在なのですが、
そのマヨが入ることで味が完成するようになってるのはポイントですね!

このあたりはスタンダード的な商品としては重要な点ですからね!

ソース・マヨの原材料は糖類、ソース、からしマヨネーズ、食塩、
植物油脂、香味油、ソース加工品、たん白加水分解物、香辛料、
香味調味料、カレー粉、醸造酢という組み合わせになっています!

麺はけっこう太めで、もちもち感が強い5分湯戻しの油揚げ麺です!

最近の明星の汁なし向けの太麺は非常によくできてるのですよね!

油揚げ麺の太麺でありながらごつごつとしたような重さはなくて、
もちっとした食感で汁なし全体にいい厚みを与えてるのですよね!

今回は5分湯戻しということで、これまでより太くなってますし、
「明星の汁なし向け太麺」を味わううえでは最適と言えますね!(*゚ー゚)

麺の量は大盛の130gで、カロリーは708kcalとなっています!
脂質は29.2gで、大盛系としてはまあまあの高さでしょうかね!

具材はキャベツのみ、ふりかけはアオサと紅生姜となってます!

キャベツはごく普通ですが、量はそれなりに入っていますし、
濃いめのソースを緩和するという効果を見せてくれていますね!

ふりかけは一平ちゃんとしては珍しい超オーソドックス系です!

普段であれば何かひねりが欲しいと思ってしまうところですが、
この商品はいかにソースとマヨでまとめるかという一杯なので、
ふりかけに関してはこの路線で正しかったと言えそうですね!

いつもの「一平ちゃん」のような驚きはほぼありませんが、
「一平ちゃんの太麺の王道」を示す商品なのは間違いなく、
レギュラーへの定着も視野に入った商品と言えそうですね!

太麺の焼そば好きなら十分にオススメできる一杯ですね!(゚x/)モキロン

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!