ペヤング ギョウザじゃんやきそば」を食べてみました。(2019年2月4日発売・まるか食品)

この商品は、毎回面白いテイスト・フレーバーが登場するお馴染み“ペヤング”の新商品ということで、今回はそんな中で王道とも言える“餃子”の味わいを表現した一杯が登場です!

それも…餃子には欠かせないポークと“にんにく”の旨味を“ペヤング”らしく味濃く利かせたことによって、まさしく食べた瞬間「ギョウザじゃん!」と言いたくなるほどのリアルな餃子の味わいを再現したという“ペヤング ギョウザじゃんやきそば”となっております。(税抜き175円)

ご覧の通り、パッケージには香ばしくパリパリに仕上がった食欲そそる羽根付き餃子のイラストとともに、今回の“ギョウザじゃんやきそば”の仕上がりイメージなんかが掲載されています!
※もちろん餃子そのものは入っていません。

餃子…と言えば嫌いな人を聞いたことないくらい人気料理のひとつで、にんにくや肉の旨味を閉じ込めたあの味が“おつまみ”にもぴったりなように、今回のパッケージにも背景にはそんな餃子にぴったりな飲み物がイメージとしてあしらわれています!

そして他にも特徴として、具材には挽肉やニラなどが豊富に使用されたことによって、ソースに表現された“ギョウザ”ならではの旨味をさらに引き立て、“ペヤング”らしい味濃い仕上がりとなっているようです!

実際に食べてみて…

にんにくを利かせ、さらにポークも具材とともにしっかりと旨味を表現したことによって、口に入れた瞬間“これ…ギョウザじゃん!”と思ってしまうほど再現性の高い仕上がりとなっていて、最近の“ペヤング”の中では普通に美味しいと思わせる王道とも言えるテイストが“おつまみ”にぴったりな味わいとなっていました!
これは特に、餃子好きには見逃せない“にんにく”の利いた味濃い焼そばを手軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのペヤングが“餃子”の味わいをリアルに表現した一杯「ペヤング ギョウザじゃんやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング ギョウザじゃんやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、幅広い層から人気の“餃子”ならではの味わいを再現したもので、ポークと“にんにく”を利かせたことによる“ギョウザ“を思わせる味濃いソースが表現された一杯、“ペヤング ギョウザじゃんやきそば”となっています。

このように今回のテーマは“ギョウザ”ということで、奇抜なテイストではないものの…“ペヤング”ですからね!そこは味濃い“ギョウザ”ならではの味わいが表現されているものと思われます!

また、“ペヤング”と言えば…先日ご紹介した“ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば”もかなり再現度高い仕上がりでしたので、今回の“ギョウザじゃんやきそば”の仕上がりの方も期待できそうです!

それでは、今回どれほど“ギョウザ”の味わいがリアルに再現されているのか?“にんにく”の旨味・風味などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り529kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カップ焼そばということもあって、カロリーはやや高めな数値のようですが、塩分はかなり低めのようですね!
ちなみに1食115g、麺の量は90gとのこと。

そして、多くの方が大好きな“餃子”をイメージした一杯とのことで、塩分はやや高めを想像していたんですが、これなら本当に“おつまみ”としても気軽に楽しめそうな一杯かもしれませんね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“しょうゆ”や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • ポークエキス
  • 野菜エキス
  • 醸造酢
  • チキンエキス

といった、“にんにく”とポークを醤油ベースのソースにしっかりと利かせたことによって、まさしく“ギョウザ”の味わいを表現した仕上がりを想像させる材料がシンプルに並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、糖類、食塩、植物油脂、ポークエキス、野菜エキス、醸造酢、チキンエキス)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付けひき肉、ニラ)/香料、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、グァーガム)、粉末セルロース、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カラメル色素、ビタミンB₂、カロチノイド色素
引用元:ペヤング ギョウザじゃんやきそば  |  まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、ソースといった2つの調味料などが入っています。

すると、今回の“ペヤング”は“かやく”の量が多いようで、特にニラがたっぷりと使用されているようです!

やはり“ギョウザ”にはこのニラといった具材が欠かせませんからね!“にんにく”の旨味をさらに引き立てた仕上がりには期待できそうです!

そして、麺は“ペヤング”ならではのやや細めな仕様で、すすり心地の良い麺が今回も同じく採用されているようですね!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 鶏・豚味付けひき肉
  • ニラ

が入っています。

そして、先ほどもお伝えした通り、餃子には欠かせないニラがけっこう多めに使用されていることがわかります!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

挽肉などの具材がふっくらと仕上がり、“ギョウザ”の味わいを表現するには申し分ない組み合わせ…といった印象の出来上がりです。

そこに、先ほどのソースを注いでいきます!
ちなみにこのソースは、最初からさらっとした状態でしたが、焼そば自体を冷まさないためにも調理中はフタの上で温めておくと良いでしょう!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り今回のソースは、非常にさらっとしたものでしたので、すんなりと麺に“ギョウザ”の味が馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染むと…“ギョウザ”らしい香ばしさや“にんにく”ならではの風味はそこまで強烈に表現されているわけではないようです!(混ぜている時に若干感じる程度でした。)

そのため、この時点ではまだ食べる場所を選ぶことなく楽しめる予感がしますね!
あとは、このソースにどれほど“ギョウザ”の味わいが表現されているのかが気になるところ。。

なるほど…今回の“ペヤング”はソースに“にんにく”やポークを利かせ、さらに具材に挽肉やニラを使用したことでソースが具材に美味しくマッチし、それによって“ギョウザ”の味わいをリアルに表現しているわけですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…“にんにく”の旨味がポークによって引き立ち、確かに“ギョウザ”の味わいが表現されてはいるものの…個人的には“ペヤング”らしい振り切った味わいを想像していただけあって、やや物足りなさを感じるかもしれません!

とは言え、“ギョウザじゃん!”と思わず言ってしまいたくなるというのも納得の仕上がりとなっていますね!

そして、仕上がりの見た目とは裏腹にしっかりとキレのあるしょっぱさなんかもあり、パッケージに描かれていたような“おつまみ”にもぴったりな味わいと言うんでしょうか?“ギョウザ”ならではのクセになりそうな味がちゃんと表現されています!

そのため、餃子を食べる際のお好みのタレに近づけるために、追加したい香辛料などのトッピングを予め用意しておくと良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り“ペヤング”らしいやや細めの麺となっていて、すすり心地の良い軽やかな仕様なだけあって、すすった時にほんのり香る“にんにく”の食欲そそる風味もまた引き立っているように感じられます!

そんな麺には、今回“ギョウザ”の味わいを表現したソースがよく絡み、一口ずつに“にんにく”やポークによる旨味が口に広がっていき、“にんにく”ならではの香りが後味良く抜けていきます!

また、原材料にも記載されていたようにラードを使用したせいか…ほんのり香ばしさなんかもあり、今回の“ギョウザ”感を演出するには相性の良いテイストとも言えるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豚味付けひき肉が入っていて、“ペヤング”お馴染みのモソモソとした鶏挽肉ではなく、噛むとしっかりと肉の旨味がじゅわっと滲み出る美味しい具材となっているため、今回の“ギョウザ”の味わいを表現するにはぴったりな具材と言えます!

さらに、こちらの豊富に使用されたニラは、素材本来の味が若干弱いようにも感じられますが、こちらもまた“ギョウザ”の味わいを表現するには欠かせない具材として、“にんにく”の旨味なんかも引き立てているように感じられます!

さらに、こちらのキャベツなんかも使用され、シャキシャキとした食感とまではいきませんが…ほどよい食感として今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

ただ、今回の一杯に関して言うと…もっと細かくカットされていた方が、より“ギョウザ”感が表現されていたような気もしますね!

そして、これらの具材はもちろんそれだけで楽しむのではなく、ソースがしっかりと馴染んだ麺と一緒に絡めて食べてみることによって、“ギョウザ”ならではの“にんにく”やポークの味わいをよりリアルに楽しむことができます!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り“にんにく”とポークを醤油ベースのソースに利かせたことで“ギョウザ”ならではの味わいを表現してはいますが…若干“ペヤング”らしくないと言うか、少しおとなしい味わいにも感じられます!

そこは“ペヤング”らしく“にんにく”を強烈に利かせるなど…それくらい振り切った“ギョウザ”感を表現してほしかったところではあります。。

とは言っても、“ギョウザ”らしいクセになりそうな味の方向性は確かなので、後はお好みで香辛料などを追加アレンジしてみると良いかもしれません!

ということでまずは…“にんにく”を追加しちゃいます!
それによって、“ギョウザ”らしさが増して感じられ、旨味そのものも後押しされますね!美味い。。

今回の“ペヤング”は“ギョウザ”をイメージしてはいますが、このように少しだけ“にんにく”を足してやると、みるみる美味しく変化するように感じられます!

そもそも本来の“ギョウザ”も“にんにく”を強く利かせた方が美味しいですからね!
ここはさらに味濃くして楽しんでみても良いでしょう!

また、“ギョウザ”を楽しむには欠かせないラー油なんかも追加してみます!
これを追加することによって、ピリッとした辛みが加わり、“にんにく”素材本来の辛みなんかも引き立つ味わいへと変化し、余計に“おつまみ”にもぴったりな“ギョウザ”らしい味が楽しめます!

そのため、こういった調味料はお好みで最初から用意しておくと良いかもしれません!

このように、今回“ギョウザ”の味わいを表現した一杯は、通常でも十分その味わいを楽しめる仕上がりではありましたが、お好みで香辛料などを追加トッピングしてみると、より一層美味しく楽しめるかと思います!
そして、今回は“にんにく”とラー油を追加してみましたが、辛いのが苦手な方なら“ごま油”を少しだけ加えてみると、より風味立つ仕上がりとなり、“ギョウザ”ならではの味わいをよりリアルに感じられるでしょう!お酢なんかも良いですね!

まとめ

今回「ペヤング ギョウザじゃんやきそば」を食べてみて、醤油ベースのソースに“にんにく”やポークの旨味をしっかりと利かせたことで、みんな大好き“ギョウザ”の味わいがしっかりと表現され、具材に使用された鶏・豚の挽肉によってその味がより美味しく引き立つ仕上がりとなっていました!

ただ、“ペヤング”として考えてみると…若干おとなしい感じでもありましたので、お好みで香辛料などを追加してみると良いでしょう!

餃子は意外と様々なトッピングが合いますからね!そうすることで、より一層“ペヤング”が表現した“ギョウザ”の味わいを楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。