1/28発売の寿がきや「鬼そば藤谷 濃厚蟹だし味噌らぁ麺」を食べました!
芸人「HEY!たくちゃん」さんのお店である「鬼そば藤谷」とのコラボ第3弾です!

1/28発売 鬼そば藤谷 濃厚蟹だし味噌らぁ麺

これまでは「鬼そば藤谷」の看板商品である塩ラーメンをベースにした
鬼塩ラーメン」系統の商品のみをカップ麺として再現してきましたが、
今回は「蟹だし味噌」とかなり路線の違うラーメンを打ち出してきました!

またこの「蟹だし味噌」はお店では普段は提供していないラーメンで、
ラーメンイベントに参加するときにのみ出されるラーメンだそうです!

あえてそれに目を付けたというのは、それだけ質が高いのでしょうかね!(=゚ω゚)

これまでの「鬼塩」系は名前こそかなりパンチがあるものながら、
むしろバランス型のしっとりとした味わいになっていましたが、
この「蟹だし味噌」はもっと攻めた雰囲気を持っていそうですね!

1/28発売 鬼そば藤谷 濃厚蟹だし味噌らぁ麺(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
後入れかやくなどはなく、具材はかなりシンプルなようです!

1/28発売 鬼そば藤谷 濃厚蟹だし味噌らぁ麺(できあがり)

うん、具材はもうほぼチャーシューのみといった感じですね!
ねぎに関しては粉末スープの中に入っているものだけですし!

ちなみに今回の商品は粉末スープがかなり溶けにくいので、
溶け残りが発生しないようにしっかりとまぜたほうがいいです!

まずはスープですが・・・おおっ、これはよくできていますね!(●・ω・)

何と言っても、主役であるカニの主張がガツガツと来ますね!

この凄味は粉末スープを入れた時点でも感じることができましたね!

粉末スープは豚骨や鶏などの動物系の厚みをベースとしてますが、
この時点でもカニの殻を思わせる香ばしさがかなり主張してきます!

甲殻類系のせんべいなどを思わせるような香ばしさでもありますが、
ほんとカニの殻をしっかりと焼いたうえで砕いた風味そのままのような、
しっかりとしたパンチのあるカニ風味がこれだけでも十分あります!

またベースとしての動物系もなかなかの厚みを見せてくれていて、
動物系が下支えをして、前面にはカニが出てガンガン暴れるような、
そうした両者の役割分担もかなりしっかりとできていましたね!

そして液体スープは味噌ダレを中心としたものとなっているのですが、
味噌も強めながら、カニ味噌を思わせるワイルドな旨味が非常に強いです!

カニ系の風味を模したカップ麺はこれまでにも何度か出てはいますが、
その中でもここまでカニ味噌を再現したものはなかったように思います!(`・ω・´)

あのカニ味噌特有の少々クセのある強い旨味がよく再現されてますね!

なので、カニ味噌の持っている風味が苦手な人には向いてないですが、
「ワイルド系カニスープ」を求めるならこれは最高の一杯と言えます!

また味噌という素材は塩や醤油よりもその主張が強いこともあって、
ベースのスープの存在感を打ち消すほうに向かうこともあるのですが、
この商品はカニの風味などが味噌に全く負けてないのが見事ですね!

むしろ強いスープだからこそ味噌が上手く合ってるような感じです!

味噌もかなり強めでありながらこのバランスが生み出せるのは、
ベースのスープが相当なレベルにあることを示唆してますね!

寿がきやはときどき爆発力のあるスープを組み立ててきますが、
今回はまさにその強さが炸裂した一杯と言っていいでしょうね!

カップ麺として唯一無二と言えるぐらいのスープになっています!

ここまでカニの主張がガツンと来たら文句のつけどころがないです!

スープの原材料はポークエキス、動植物油脂、みそ、チキンエキス、
糖類、ポーク調味油、香味油、食塩、カニミソエキス、でん粉、
たん白加水分解物、デキストリン、カニガラ粉末、ゼラチン、
酵母エキス、ポークプロテイン、香辛料、ガーリックペーストです!

動物系をベースに味噌を効かせ、そこにカニ系が加わる構成ですが、
カニ味噌もカニ殻もどちらも原材料としてしっかり入ってますね!

麺は幅広でけっこうしっかりとした食感のあるノンフライ麺です!

寿がきやは汎用的な麺を起用してくることが多いメーカーですが、
そうした条件下ながらもこの麺はスープとかなりよく合ってます!

これまでの「鬼塩」系は中細ぐらいの太さの麺を合わせてましたが、
もしその麺だと今回は完全にスープに負けてしまってたでしょうしね!

今回は強い麺を起用することで、スープに負けない存在感を打ち出し、
なおかつしっかりとしたもっちり感で麺のおいしさもよく出ています!(*゚◇゚)

最近の寿がきやの麺の中でも、とりわけよくできていましたね!

麺の量は75gで、カロリーは476kcalとなっています!
脂質は16.1gで、ノンフライ麺系としてはけっこう高めですね!

それだけスープが分厚いということが数字からも伝わります!

具材はチャーシューとねぎのみというシンプルな構成です!

チャーシューは寿がきや的な少々ケミカルな風味もあるのですが、
いつものチャーシューに比べると厚みがけっこうしっかりあって、
また肉の持っている旨さもちゃんと楽しむことができるものです!(*゚ー゚)

ねぎは粉末スープの袋に入っているもので、普通の乾燥ねぎですね!

具材に関しては明らかに貧弱と言ってしまえるレベルではありますが、
それも仕方ないと割り切れるほどにスープが充実していましたね!

このスープの内容はコストをかなりかけたことが伝わってきますし、
この独創性と完成度の高さは間違いなく評価する価値があります!

カニ好きだったら迷わず手に取っていい一杯だと思いました!(゚x/)モギギギギッ

【関連記事】
鬼そば藤谷 濃厚蟹だし味噌らぁ麺
鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン
鬼そば藤谷監修 鬼塩ラーメン
Source: He can eat anything but himself!