2月の月別限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
今月の限定は「カニの和えそば」とひさびさの汁なしの登場です!

このところ月別限定の開始時期がずいぶんとブレていましたが、
今月は1日からきちっと切り替わるなどピシッとしていましたね!

そのかわり1月の限定だった「鮭とイクラの親子そば」の提供が
1月中旬から1月末までと半月程度の短い期間で終わりましたが!

ただこれは「鮭とイクラの親子そば」がこちらの月別限定として
極めてイレギュラーな存在だったのが大きく影響してるでしょうね!

基本の価格が1500円というのは月別限定としては完全に異色でしたし、
事前に告知していたので提供はするけど期間が短めに終わらせる、
というようなことはあらかじめ考えられていた可能性はありますね!

前回の限定は自分も少々厳しい目線で評価する要素がありましたしね!

さて、今回の限定は昨年11~12月に続いてのカニの限定となります!
1年の間に3つもカニの限定が提供されるというのは珍しいですね!

以前は1ヶ月の間に同じ素材で2種類の限定を出すことはありましたが、
月をまたいで同じ素材が登場することはほとんどなかったですからね!

これは11~12月に提供したカニの限定の人気が高かったのも理由でしょうね!

実際にこちらのお店の中でも外れることがないのがカニの限定ですし、
しかもカニの汁なしはこれまでありそうでなかったものですからね!

メニュー紹介に「とにかく一口目から蟹の美味さを楽しんでいただける」
とありますが、この表現は昨年の2つのカニラーメンと全く同じですね;

たぶんカニラーメンのときの紹介文をベースに作ったからでしょうね;

麺と心 7 カニの和えそば

カニ爪、レアチャーシュー、粗びき黒胡椒が目立つビジュアルですね!
ちょっとカニ以上にチャーシューが目を引く感じになっていますが!

まずはその味ですが・・・おっと、これはカニがガツンと来ますね!(●・ω・)

味の主役となっているのは間違いなくカニ油だと言っていいでしょう!

このカニ油は昨年末の2つのカニの限定ラーメンでも使われてましたが、
ラーメンの場合はどうしてもスープの一部という位置づけになるのに対し、
汁なし系の場合は油脂が主役になりやすいのでその分だけ主張も明確です!

でもって、汁なし系は少々油脂が強いぐらいのほうが味が映えますからね!

まぜそばらしい油脂のパンチ、そして主役であるカニを主張させる効果、
またカニの香ばしさであったり、カニ油の良さが実に明確に出ています!

またトータルとしてのカニの主張も昨年末のラーメン以上のものを感じます!

昨年末のカニの限定ラーメンはたしかに中心にどっかりカニがいましたが、
他の魚介も用いられていたり、カニ一本というわけではなかったのですよね!

それに対してこちらはベースとなっているタレのカニ風味の強さも加わって、
さらにカニ油の主張が明確なので、ほんとカニがゴリゴリ攻めてくる感じです!

それでいてまぜそばらしさも強く、これはかなりの傑作と言っていいかもです!(`・ω・´)

カニの和えそばなんてどこのラーメン店でもほぼ扱われてないでしょうし、
またこのお店の中だけで見てもおそらく今回が初めてにあたるでしょうから、
斬新さや独創性という点でも優れた和えそばと言っていいように思いますね!

あえて昨年末に続けてのカニ第3弾メニューを作ってきた意義は感じましたね!

でもって今回ポイントが高いことの一つが価格がけっこう安い点です!

自分はどちらかというとおいしければ価格はあまり問わないほうですが、
それでも前回の「鮭とイクラ」の1500円というのは衝撃だっただけに、
今回850円と求めやすい価格に設定してきたのは良かったと思います!

「この価格でこの味」となると、それも一つの評価になってきますしね!
良かった頃のこのお店の月別限定を思い出させるような感がありましたね!

トッピングはレアチャーシュー、カニ爪、海苔、レンコン、ねぎです!
またレアチャーシューの上には粗びき黒胡椒がかなり多くかかってます!

今回のトッピング、まぜそば向けにかなりしっかりと練られてますね!

まずレンコンは見ての通り、まぜやすいようにカットされています!

まぜそばの場合はまず全体をしっかりとまぜて食べるのが基本なので、
あまり大きなカットだと、具材と麺の一体感が損なわれるのですよね!

今回のまぜそばはそのあたりにしっかりと配慮があるのもうれしいです!(=゚ω゚)

そしてこの点は実はレアチャーシューにもかなり生かされています!

というのも、今回は厚めのレアチャーシューのカットではなくて、
薄めにスライスしたレアチャーシュー2枚をカットしてるのですね!

なので、麺とまぜたときに非常に麺とのなじみが良くなっています!

カニの和えそばでチャーシューの存在感が強く出ているという点は
たしかに賛否両論ありえると思えるところもあったりはしますが、
その中でのレアチャーシューの活用法としてはかなり上手かったです!

カニ爪はカニの風味もしっかりで、大きな効果を見せてくれてましたね!

剥いてある部分だけを食べるだけでは物足りないと感じる場合は、
殻を2つに割って身をほじって食べるというのもアリでしょうね!

そして海苔ですが、食べる前はやや蛇足的な存在かと思いましたが、
これが思っていた以上に今回のタレや油脂と相性が良かったですね!

海苔で麺を巻くようにして食べるのが基本とはなるのですが、
そうすることでカニによる磯の風味がより引き立てられます!

磯と磯の相乗効果のようなものが生まれるのは見事でしたね!

そして全体にいいアクセントを加えてくれているのが黒胡椒です!

まぜそばってどうしても味を一つにまとめて食べることになるので、
どうしても途中から徐々に単調な感じになるという欠点がありますが、
それをこの多めの黒胡椒がしっかりと緩和してくれていましたね!

麺と心 7 カニの和えそば(麺のアップ)

麺は汁なし系としては珍しく中細ぐらいの麺が使われていました!
断面は四角く、プリッと弾けるような食感がよく出ていましたね!

こちらのお店の麺はこれまでに何度となく食べてきているのですが、
もしかすると細麺のほうがそのポテンシャルがよく出るのかもですね!

ただラーメンだとどうしてものびやすいという欠点も出ますが!

それにしてもこの瑞々しい質感は特筆するに値するものでしたね!

もちろん太麺でもそのプリプリとした食感は魅力的なのですが、
細麺にすることでその弾ける質感がいつもより際立ってましたね!(*゚ー゚)

一般的には汁なし系には主張の強い太麺を合わせることが多いですが、
今回は動物系ではなくカニというテーマで作られた和えそばなので、
あえて細めの麺をチョイスしてタレを立てた側面もありそうですね!

ちなみに今回はまぜそばということで、無料の締め飯がついてました!
まぜそばでは、最後に少量のご飯を入れて食べるのが定番になってますしね!

ただ今回のまぜそばではそれほど多くタレが残らないということもあり、
ほんとご飯に少量のタレが絡んでいるという感じになってはいましたが!(*゚◇゚)

ちょっと具材を多めに残しておくと、よりご飯も楽しめるでしょう!

こちらのお店ならではの良さがしっかりと出た限定和えそばでした!(゚x/)モギリリッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 カニの和えそば(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー その1(2018年8月)

麺と心 7 メニュー その2(2018年8月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!