2/11発売のサンヨー食品「地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅2nd」を食べました!
昨年4月に発売された「地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」の第2弾商品です!

2/11発売 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅2nd

こちらは東京の大久保の「地獄の担担麺 護摩龍」というお店とのコラボですが、
本店はあくまで「地獄の担担麺 天竜本店」で、監修もこの本店が行ってます!

それならライセンス店である「護摩龍」とのコラボでなくても良さそうですが、
この「護摩龍」というインパクトのある文字を使いたかったのでしょうね!

こちらのお店には「護摩龍」、「飢餓」、「阿修羅」、「血の池」、「無限」の
5段階の辛さがあり、この商品はその3段階目の「阿修羅」となっています!

前回も「阿修羅」でしたが、今回は2ndと銘打たれているように、
その「阿修羅」をちょっとパワーアップさせたものとなってます!

ただまだ「血の池」の領域にまでは到達してないようですね!(*゚ー゚)

2/11発売 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅2nd(内容物)

◎内容物 – かやく、粉末スープ、液体スープ

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
この組み合わせについては第1弾のときと変わってませんね!

また粉末スープは後入れ仕様である点に注意が必要です!

2/11発売 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅2nd(できあがり)

うん、ビジュアルについてもおおむね昨年と変わりないようです!
ねぎについては写真では一見少なめですが、実際にはかなり多いです!

◎スープ – 花椒は控えめで唐辛子主体の激辛と呼べる辛さの担担麺

まずはスープですが・・・うん、やはり激辛の水準に達してますね!(●・ω・)

前回バージョンでも激辛と呼べるラインにあると感じましたが、
今回は辛さのレベルが上がったことでさらに激辛度は高まってます!

「地獄の担担麺」という名前のインパクトほどではないですが、
辛い物が苦手な人は手を出すのを避けたほうがいいレベルです!

そこそこ辛いものに強い人なら何とか完食はできるでしょうが、
激辛好きでも軽く完食はできながらも満足できる辛さはあります!

一方で担担麺によく見られる花椒の主張はずいぶんと控えめです!

最近はカップ麺でも花椒を強く立てるものが増えてきましたが、
この商品に関しては例外的に花椒がほとんど目立ってきません!

なので、花椒が苦手な人にはかなりオススメしやすい一杯です!

そしてベースのスープですが・・・豚とねりごまが効いてますね!(*゚◇゚)

ただ超濃厚系のごまがガンガン攻めてくるというほどではないです!

たしかに練りごまの風味は十分すぎるほど主張してきますが、
唐辛子の辛さが強いこともあって下支えに徹した感じですね!

豚系もほどほどの強さで、ベースを作るうえで貢献しています!

◎スープの原材料 – ごまと豚系でベースを構成

スープの原材料はねりごま、ポークエキス、糖類、食塩、香辛料、豚脂、
みそ、しょうゆ、植物油脂、クリーミングパウダー、豆板醤、香味食用油、
酵母エキス、たん白加水分解物、デキストリン、発酵調味料となってます!

ごまと豚を中心に味噌や醤油で味付けして、あとは香辛料系ですね!

◎麺 – 厚みのある太めのかなりがっしりしたノンフライ麺

麺はちょっとだけ幅広で、けっこう厚みのあるノンフライ麺となってます!
昨年と比べると麺の平打ち度がいくぶん下がった感じがしますね!

ただ実際のお店の麺も平打ち気味ながらけっこう厚みがあるので、
むしろ今年の麺のほうが形状的にはお店に近づいたかもしれません!

でもお店がストレート寄りなのに対し、こちらの麺は縮れてます!
ただそのことによってスープに絡みやすくなってくれてますが!

湯戻し時間は5分ですが、5分ではちょっと硬めに仕上がりますね!(=゚ω゚)

スープを入れてまぜたり写真を撮ったりしているうちに、
食べ始めたときはお湯を入れて9分以上経っていましたが、
それでもまだ麺がちょっとがっしり食感に感じたほどですからね!

なので、5分と言わず6分30秒ぐらい待ってもいいかもしれません!

時間が経ってくると麺の持っているギュッと詰まったような
小麦の凝縮感とむっちりとした食感が楽しめてきますからね!

◎麺量と栄養成分

麺の量は70gで、カロリーは484kcalとなっています!
脂質は17.9gで、ノンフライ系の商品としては高めです!

これはやはり担担麺のねりごまの効果が大きいのでしょうね!

◎具材 – 担担麺らしくそぼろ肉がしっかりと活躍

具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、唐辛子という構成になっています!

鶏・豚そぼろは担担麺としての演出に大きく役立っていますね!
肉感もしっかりとあり、大粒で担担麺らしい雰囲気を出してます!

やっぱり担担麺にはそぼろ具材はどうしても欠かせないですしね!(`・ω・´)

ねぎはごく普通の乾燥ねぎですが、量が多いのでインパクトはあります!
全体にねぎの香味を立てるという点において十分に役立ってます!

唐辛子も味のアクセントとしてなかなか貢献してるのですよね!

というのも、スープの粉末唐辛子の丸みのある風味とは違った、
シャープで真っすぐな辛さを具の唐辛子が運ぶことによって、
辛さのタイプが2つの層をなすような感覚があるのですよね!

こうして考えると具材の唐辛子もあなどれない存在と言えます!

◎まとめ – かなりの辛さで厚みもあるバランスのいい激辛担担麺

激辛フリークなら耐えられるものの、なかなかの激辛担担麺で、
ねりごまも十分濃厚と、バランス感は非常に整ってましたね!

花椒の刺激が欲しい場合は自分で投入するのがいいでしょう!

正統派激辛担担麺好きにはちょうどいい一杯と言えますね!(゚x/)モギュリン

【関連記事】
地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅2nd
地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅
Source: He can eat anything but himself!