長浜屋台やまちゃん 豚骨らーめん」を食べてみました。(2019年2月26日発売・ファミリーマート限定・数量限定)

この商品は、福岡の屋台で有名な長浜発祥の人気ラーメン店“長浜屋台やまちゃん”監修によって同店人気の味わいを再現したもので、飲んだシメにもぴったりな後味すっきりとした豚骨スープが印象的な“長浜屋台やまちゃん 豚骨らーめん”となっております。(税抜き249円)

ご覧の通り、パッケージには“九州長浜屋台で愛されるマイルドで絶妙な一杯”と記載されているように、この“長浜屋台やまちゃん”とは、元々は屋台からはじまったお店で、ラーメン店というよりも…一品料理なども取り扱う賑やかな店舗のため、まさにラーメン居酒屋と呼ぶにふさわしい肉も魚も楽しめる人気店のようですね!

ちなみに“長浜屋台やまちゃん”の創業は1986年7月、創業者“山口 浩城”氏が選ぶこだわりの豚骨をじっくりと煮込んだことによって臭みのない豚骨スープが仕上がり、飽きの来ないすっきりとした味わいが特徴とのことで、観光客や地元の方にも根強い人気のラーメン居酒屋です!

そして今回のカップ麺にもそういった…オープン当初から変わらない、さっぱりとした豚骨スープの割にしっかりとしたコクや旨味を堪能することができ、さらに博多豚骨ならではの歯切れの良い極細麺が楽しめる一杯のようですね!

博多豚骨らしい、歯切れのよいハリのある麺を使用しました。マイルドなコクと旨味のある豚骨スープが特徴です。
引用元:長浜屋台やまちゃん 豚骨らーめん|商品情報|ファミリーマート

また、屋台が発祥とのことでしたが、平成26年1月末日で惜しまれつつも屋台の営業を終了しているとのことで、現在は福岡・親富孝通り付近の“天神店”、そして“中洲店”だけでなく、2002年には東京にも“東京銀座店”がオープンしている人気店とのこと!

そして、屋台ということもあって“串焼き”や“焼き明太子”などの一品料理も数多く提供され、飲んだシメにぴったりとも言えるコクもありつつも後味さっぱりとした豚骨ラーメンがこの“やまちゃん”の特徴のようで、ご覧のようにパッケージにも豚骨の旨味と細麺ならではの歯切れの良い食感を楽しめる仕上がりイメージなんかも掲載されています!

他にも特徴として、具材には豚骨ラーメンにぴったりなキクラゲや紅しょうがなどが使用され、ちょうど良い食感や味のアクセントによって豚骨のコク深い旨みがさらに引き立ち、豚骨スープならではのキレのある飲み口によって、つい最後まで飲み干してしまうほどの後に残らないさっぱりとしたスープのようです!

実際に食べてみて…

しょっぱいくらいにキレのある豚骨スープには、豚骨ならではのまろやかな旨味がしっかりと感じられるものの…一切こってりとした感じもないため、まさしく飲んだシメにもぴったりなあっさりとした中にも納得の旨味が楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、シンプルながらも旨味をしっかりと味わえる豚骨ラーメンを手軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの長浜の屋台で愛された“やまちゃん”の味わいを再現したカップ麺「長浜屋台やまちゃん 豚骨らーめん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

長浜屋台やまちゃん 豚骨らーめん

今回ご紹介するカップ麺は、福岡の屋台で有名な長浜発祥の人気居酒屋ラーメン店“長浜屋台やまちゃん”監修によって長年親しまれてきた味わいを再現したもので、豚骨スープらしいすっきりとしたシャープな口当たりの後からは、しっかりと豚骨の旨味が感じられる仕上がりとなった“長浜屋台やまちゃん 豚骨らーめん”となっています。

ご覧のように、フタの裏面には今回監修となった“長浜屋台やまちゃん”の簡単な紹介が記載されていて、こちらによると…臭みのない豚骨スープ、そして細麺が特徴とのことで、福岡に数多く存在する長浜ラーメン店の中でも老若男女問わず幅広い層から人気で、なんと有名アーティストも訪れるという人気店とのことで、観光客はもちろん地元の方々にも長年愛されていることがわかりますね!

そして、この商品は以前にも発売されていて、昨年も2018年2月27日に同じくファミリーマート限定で発売されていたため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

それでは、今回の“長浜屋台やまちゃん”のあっさりとした仕上がりだという豚骨スープがどうった旨味を表現しているのか?歯切れの良い細麺との相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り367kcal(めん・かやく281kcal / スープ86kcal)となっております。(塩分は6.9g)

カロリーは、今回のどんぶり型という点や最近のカップ麺の傾向からしてみてもかなり低めの数値のようですが、塩分はかなり高めといった数値のようです!
ちなみに1食107g、麺の量は65gとのこと。

この辺りからも、後味すっきりとした豚骨スープにほどよいキレが表現されたコク・旨味が楽しめ、どちらかと言うと軽やかなさっぱりとした仕上がりを想像させます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや“しょうゆ”をはじめ…

  • チキンエキス
  • 豚脂
  • 香辛料
  • 香味油
  • ごま
  • 食塩
  • オニオンパウダー

といった、豚骨スープならではのまろやかな旨味が風味豊かに表現され、香辛料や醤油などのすっきりとした口当たりが印象的で、まさに飲んだシメにも楽しめる仕上がりを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、粉末スープ、焼きのり、紅生姜といった5つもの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り極細とも言えるコシの強い仕上がりを思わせる仕様となっていて、パッケージを見る限りノンフライ麺といった表記がなかったものの、恐らく油揚げ麺ではないと思われ、これはこれで歯切れの良さが楽しめることに期待できそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • チャーシュー
  • ごま
  • キクラゲ
  • ねぎ

が入っています。

ちなみにチャーシューは、カップ麺でよくある単純に薄いものではなく、ジューシーな仕上がりを思わせるしっとりとした状態となっているようです!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

特に細麺が歯切れの良さを強調するかのような張りのある仕上がりとなり、豚骨ラーメンらしいあっさりとした中にもコシの強い細麺ならではの食感が楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いで行きます!
ちなみにこの液体スープは、豚骨の旨味が凝縮された比較的どろっとしたものでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

さらに、こちらの粉末スープも入れていきます!
商品説明によると豚骨の臭みがない…とのことでしたが、若干は豚骨特有の獣臭のような良い意味での香りがしますね!これがまた食欲そそるんです。。

そして、豚骨の旨味と思われる油分がスープ表面に広がっていき、あっさりとした仕上がりとのことでしたが、しっかりとしたコク深い味わいが楽しめそうな濃いめのスープのようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、最後に焼きのりを添えて紅生姜を加えて完成です!

ご覧の通り、ほどよく乳化した豚骨スープには確かにあっさりとした飲み口を想像させるさらっとした仕上がりではありますが、スープ表面に浮く豚骨の旨味と思われる油分が“長浜屋台やまちゃん”らしい飲んだシメにもぴったりな味わいとなってじっくりと楽しめそうです!

また、すでに崩れているホロホロとしたチャーシューなんかも良いですね!カップ麺らしい若干薄めのものではありますが、質自体はよくある安価な感じのものではないようで、こちらからも肉の旨味が滲み出ているようにも見えます!

食べてみた感想

一口食べてみると…おっ!確かにあっさりとした豚骨スープではありますが、飲み口は非常にしょっぱいくらいにキレがあり、そのすぐ後からは“くどさ”を感じさせない豚骨の旨味が染みていきます!

そのため、まさにシンプルながらも濃いめな豚骨スープといった印象となっていて、実際の“やまちゃん”の再現性のほどはわかりませんが…一品料理を色々と楽しんだ最後のシメにちょうど良いですね!

この塩加減だからこそ豚骨の旨味ならではの甘みも引き立ち、それによってついつい止まらなくようなクセになる軽やかな長浜ラーメンが表現されています!

麺について

麺は、ご覧の通りすすり心地の良い細麺に仕上がり、細いながらも表面には張りがあり、歯切れの良い食感がまた豚骨ラーメンらしい“カタ”辺りを表現しているようにも感じられます!
※お好みで調理時間を2分程度にして、さらに硬めの麺を楽しんでみても良いかもしれません!

そんな麺には、今回豚骨のマイルドな旨味が利いたスープがよく絡み、一口ずつにコク深く引き立った味わいが口に広がっていき、すっきりとした飲み口のおかげで後に引かないすっきりとした印象に感じさせてくれます!

そして、先ほどの焼きのりを豚骨スープにしっかりと浸し、麺に絡めて食べてみると…海苔ならではの磯の風味がプラスされ、豚骨の旨味がまたひと味違った美味しさとなって楽しむことができます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、先ほどもお伝えした通り出来上がりの時点ですでにホロホロと崩れているほどの柔らかさとなって仕上がり、じっくりと味わってみると…しっかりと肉の旨味が滲み出る美味しい具材となっています!

そのため、これはこれで豚骨スープや麺と一緒に絡めて食べてみることによって、より豚骨の旨味も引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのキクラゲはコリコリとした食感が非常に良く表現された仕上がりとなっていて、長浜ラーメンといった豚骨スープにはこういった歯応えの良い具材は欠かせませんね!今回の一杯にちょうど良いアクセントとなってメリハリ効いた食感を楽しむことができます!

さらに、こちらの紅生姜もまた合うんですよね!これは個人的に追加したいくらいに絶妙にマッチしていて…豚骨スープにこちらもまた良いアクセントが表現されています!

スープについて

スープは、基本的にあっさりめな印象の仕上がりではあるんですが、マイルドかつコク深い豚骨の旨味がほどよい臭みを併せ持ってスープに溶け込み、このしょっぱいくらいに表現されたキレのある飲み口と合わさったことで非常にバランス良く感じられ、それによって最後まで飽きることなくじっくりと“やまちゃん”ならではのシメにもぴったりな味わいを楽しむことができます!

この香辛料によるキリッとした味の締まりや、塩っ気が強いという点も屋台発祥であるゆえんなのかもしれませんね!これは屋台で楽しんでみると格別でしょう!

また、スープ表面に浮いた“ごま”といったほんのりとした香ばしさが後ろ盾となって豚骨の旨味・風味を引き立たせ、最後まで全く飽きることなく食べ進めてしまいますね。。

そして、この豚骨の旨味の利かせ具合については、こってり感というよりも…豚骨ならではの良い意味での獣臭を感じる旨味がまろやかに表現され、それが脂っこさもなくただただ後味すっきりとした味わいとなって楽しむことができます!

これは…“やまちゃん”の店主“山口”氏によるこだわり抜いた豚骨をじっくりと煮込んだ味わいを再現しただけあって、コク深くもマイルドな旨味がシンプルながらも純粋に美味いと感じさせるのでしょう!

今回の長浜ラーメンは、このままでも十分豚骨の旨味が楽しめる仕上がりではありましたが、もう少しがっつりとした味を楽しみたい場合は、お好みで少し“おろしにんにく”を追加してみると、また旨味も増して楽しめるかもしれません!

まとめ

今回「長浜屋台やまちゃん 豚骨らーめん」を食べてみて、豚骨のマイルドなコクがキレのあるスープにバランス良く溶け込み、それによって後味すっきりとした仕上がりとなり、まさに飲んだシメについ注文したくなるような…そんなシンプルながらも旨味をじっくりと堪能できる一杯となっていました!

こういった豚骨スープはこってり系も数多く存在する中、最後まで決して飽きることのないさっぱりとした印象の仕上がりはクセになりますね!すすり心地の良いコシのある麺とともに十二分に長浜ラーメンを楽しむことができるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。