日清ラ王 焦がし激辛豚骨」を食べてみました。(2019年3月11日発売・日清食品)

この商品は、“ラーメン店では味わうことのできないおいしさ”をコンセプトに発売中の“日清ラ王 焦がし醤油”や“日清ラ王 焦がし味噌”に続く“ラ王 焦がし”シリーズ待望の第3弾が登場です!

それも“ラ王 焦がし豚骨”とは…“激辛焦がしマー油”による香ばしい辛さとともに豚骨のコク深い旨味が楽しめる厚みのあるスープに仕上がり、さらにシリーズならではの山椒を練り込んだ麺(山椒練りこみ麺)によって噛むほどに爽やかにも感じられるシビれが楽しめる“日清ラ王 焦がし激辛豚骨”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“焦がしたら、うまかった。”と記載されているように、今回の一杯は香ばしい豚骨の旨味が楽しめるわけですが、厳密には…焙煎ごまペーストとマー油に唐辛子オイルを合わせたという“激辛焦がしマー油”によって豚骨スープをさらに引き立てる旨味を伴う辛みがプラスされ、まさに繊細にも思われる旨味溢れる辛さが山椒による痺れとともにじっくりと堪能できる仕上がりのようです!

また、この轟々と燃えさかる炎を背景がまた今回のイメージにもぴったりですね!!見るからに香ばしさと旨味を兼ね備えた辛さがよーく伝わってきます!

一方、こちらには“激辛焦がしマー油の辛さが引き立つ山椒練り込み麺”と記載されているように、この“ラ王 焦がし”シリーズには3層ストレートノンフライ製法といった3層構造からなる内層と外層の異なる食感によって生麺のような仕上がりを再現し、さらに山椒を練り込んだ色の濃い麺が採用されたことで、香ばしくも濃厚な豚骨スープとともに辛み引き立つ痺れなんかも楽しむことができるようですね!
※詳しくは公式ページもご覧ください。(「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」(3月11日発売) | 日清食品グループ

また、こちらには山椒が練り込まれた心地良い痺れを思わせる太麺とともに、具材にたっぷりと使用された“味付肉そぼろ”から滲み出る旨味によって、濃厚にも見える香ばしい仕上がりイメージなんかも確認できます!この仕上がりは食欲そそりますね。。

他にも特徴として、豚骨ベースのスープには鶏の旨味を合わせたとのことで、豚骨らしいシャープな飲み口に加え、鶏の旨みがコク深い味わいを表現し、美味しさ引き立つ濃厚な仕上がりが楽しめるダブルスープのようです!

このように、今回の一杯には香ばしい辛さと豚骨の旨み、さらには花椒のシビれが同時に楽しめる贅沢な仕上がりのようで、“激辛焦がしマー油”と“山椒練りこみ麺”によって、まさしく旨味・辛みが幾重にも重なり合った味わいが特徴的とのこと!

実際に食べてみて…

豚骨ベースのコク深いスープに唐辛子を利かせたマー油ならではの香ばしい辛みが相性良く溶けこみ、さらに山椒練りこみ麺から滲み出す山椒が合わさったことによって、日清食品最高の技術を取り入れて進化し続ける“ラ王”といった、まさに“ラーメンの王様”の名にふさわしいクオリティの高い仕上がりとなっていました!
これは特に、厚みのある豚骨スープが好みの方はもちろん、食欲そそる香ばしい辛み・痺れを手軽に楽しみたい時におおすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの噛むほどに山椒の風味がじんわりと香る一杯「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清ラ王 焦がし激辛豚骨

今回ご紹介するカップ麺は、2018年9月10日に同時発売となった“日清ラ王 焦がし醤油”と“日清ラ王 焦がし味噌”に続く第3弾として登場したもので、豚骨ベースに鶏の旨みを利かせたダブルスープに唐辛子オイルを利かせたマー油による香ばしい辛みを加え、さらには山椒を練り込んだ麺と合わさったことによって、香ばしい辛さとコク深い旨みが楽しめる“日清ラ王 焦がし激辛豚骨”となっています。

ちなみに、このシリーズの“焦がし醤油”と“焦がし味噌”はもちろん実食・レビュー済みで、どちらも想像通りの香ばしさと、“ラ王”のブランドらしいワンランク上といったクオリティの高い仕上がりによって非常に美味しく仕上がっていましたからね!これは今回もまた期待して間違いないかと思われます!

それでは、今回の“ラ王 焦がし激辛豚骨”の仕上がりがどこまで強い辛さが表現されているのか?豚骨の仕上がり具合や、麺に練り込まれた山椒との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り434kcal(めん・かやく325kcal / スープ109kcal)となっております。(塩分は6.8g)

豚骨ベースに鶏の旨みを利かせたダブルスープといった濃厚な仕上がりということもあって、カロリーはやや高めな数値のようで、塩分はかなり高めといった数値のようです!
ちなみに1食120g、麺の量は75gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…やはりコク深い仕上がり通りスープに占める割合がやや高めとなっているようで、香ばしい辛みにも負けじと強い旨味が表現されていることに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスやチキンエキスをはじめ…

  • 動物油脂(豚、鶏)
  • 香味油
  • 食塩
  • ごまペースト
  • 植物油脂
  • クリーミングパウダー
  • ポーク調味料
  • チキン調味料
  • 香辛料
  • 山椒調味油

といった、豚骨ベースに鶏の旨みを利かせた飲み応えのあるダブルスープに、唐辛子による強い辛みを利かせた香ばしいマー油が旨味を引き立てる辛さを表現し、さらに山椒による痺れによる奥深い仕上りを想像させる材料が並びます。

また、この原材料によると、麺に練り込んだ山椒だけでなく、スープにも山椒が使用されているようで、香ばしさと辛みと痺れが厚みのある豚骨ベースのスープとともに楽しめる仕上がりはまさに贅沢そのものといった仕上がりを思わせますね!

JANコード 4902105245972
原材料名

めん(小麦粉、食塩、香辛料(山椒)、植物性たん白、植物油脂、大豆食物繊維、卵粉、チキンエキス)、スープ(ポークエキス、チキンエキス、動物油脂(豚、鶏)、香味油、たん白加水分解物、糖類、食塩、ごまペースト、植物油脂、クリーミングパウダー、ポーク調味料、チキン調味料、香辛料、山椒調味油)、かやく(味付肉そぼろ、キャベツ、ねぎ)/加工でん粉、酒精、調味料(アミノ酸等)、かんすい、香料、増粘多糖類、炭酸Ca、香辛料抽出物、セルロース、カロチノイド色素、カラメル色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (120g) 当たり]
熱量 434kcal
めん・かやく: 325kcal
スープ: 109kcal
たんぱく質 11.9g
脂質 14.4g
炭水化物 64.2g
食塩相当量 6.8g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 4.5g
ビタミンB1 0.28mg
ビタミンB2 0.28mg
カルシウム 183mg

引用元:日清ラ王 焦がし激辛豚骨 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、激辛焦がしマー油といった○つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り山椒を練り込んだ日清食品の独自製法による生麺のようなストレート感が表現された麺が採用されているようで、こだわり抜いた今回のスープだけでなく麺もまた綿密に考えられたことによって、香ばしい辛みと心地良い痺れがバランス良くマッチした仕上がりを表現しているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付肉そぼろ
  • キャベツ
  • ねぎ

が入っています。

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

まだ液体スープなどを入れる前ではありますが、山椒を練り込んだ麺からすでに痺れる辛みが滲み出しているようにも見える色が付いた仕上がりとなり、濃厚とも言える豚骨スープとともに生麺のような食感も同じく満足度高く楽しめる“ラ王”らしい一杯…といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
ちなみにこちらの液体スープには…豚骨ベースに鶏の旨みを利かせたダブルスープが主なようで、豚骨らしい旨味と鶏ならではのコク深さが合わさったことによって、若干とろみの付いたスープとなっていたため、調理中はフタの上でしっかりと温めておきましょう。

さらに、こちら激辛焦がしマー油を注いでいきます!
こちらは、唐辛子オイルを利かせたという香ばしい風味がたまらないマー油となっていて、かなり固まっていた状態でしたので、こちらもまた調理中にはしっかりと温めておく必要があります!

すると…スープ表面には香ばしい辛みを思わせるマー油が一気に広がっていき、豚骨ベースのスープと合わさったことによって、この時点ですでに非常に食欲そそられる…コク深く強い旨味を想像させる香りが漂ってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…香ばしさと旨味を表現したマー油には、唐辛子オイルが利いているだけあって、若干赤みを帯びているようにも見えますね!

…というか、このスープ表面に浮く油分のクオリティはなかなかカップ麺とは思えないほど!この辺りはさすが進化し続けている“ラ王”といった仕上がりではないでしょうか?

また、マー油と言えば“にんにく”を思い浮かべるかと思いますが、今回の一杯にはそこまで強烈な“にんにく”の香り自体は表現されてはいないようで、あくまで豚骨スープに鶏の旨みを利かせたダブルスープを引き立てるかのように旨味として溶け込んでいるようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…もうね、想像通りの美味しさです!!文句なしに美味い!一口目から“激辛焦がしマー油”による香ばしい辛みが豚骨の旨味とともに突き抜けていきます!

ただ、強いて言うなら…豚骨ベースに鶏の旨みを利かせたコク深いスープとなっているため、基本はすっきりとした豚骨スープとなっていて、香ばしい辛み・シビれも利いてはいるものの、個人的にはもう少し味噌感が欲しくなるところではありますね!

この手の商品はいつも思うんですが、なぜ“豚骨味噌”にしないんですかね?何らかの理由があるにせよ、このシリーズにそういったテイストが登場したら、恐らくカップ麺業界トップレベルとも言える仕上がりではないでしょうか?強烈に美味いと思います!

そのため、ぱっと見では非常に濃厚さに際立って感じられるかもしれませんが、思っていたほど脂っこさもなく、キレのある口当たりやすっきりとした後味が最後まで飽きさせません!

麺について

麺は、ご覧の通りプリッとしたノンフライ麺ならではのコシが心地良い歯切れの良い麺となっていて、日清食品独自製法によって、まさに生麺のような表面のつるみと食感が楽しめる仕上がりとなっています!(よーく見ると山椒が練り込まれているのがしっかりと確認できますね!)

そんな太麺には、今回山椒が練り込まれているのはもちろん、豚骨ベースに鶏の旨みを利かせたコク深くも香ばしい辛みが表現されたダブルスープがよく絡み、一口ずつに豚骨の味わい深い旨みが“激辛焦がしマー油”による香ばしい辛みとともに美味しく口に広がっていき、ほどよい山椒の爽やかな風味が後味良く抜けていきます!

また、噛むほどに山椒の風味がじんわりと香る仕上がりとのことでしたが、山椒の特徴的なビリビリとした痺れはそこまで強くはないようです!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付肉そぼろ”が入っていて、柔らかい食感に仕上がり、噛むと…今回のスープが印象強すぎるせいでしょうか?若干肉の旨味が弱いようにも感じられます。。

とは言え、スープにしっかりと旨味を滲み出してもらうためにも、食べはじめはスープ底に沈めておいた方が良いかもしれませんね!この具材は単体で楽しむというよりも、スープや麺と一緒に味わってみると良いでしょう!

また、こちらのキャベツは、シャキシャキとしたほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、香ばしい辛さを表現した豚骨スープの味わいを損なうこともなく、これによって今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようですね!

スープについて

スープは、豚骨をベースに鶏の旨みを利かせたことによって、コク深くもキレのある口当たりが印象的で、ご覧の通りスープ表面には“激辛焦がしマー油”による唐辛子や、食欲そそるマー油の旨味、そして強めの辛みなんかが確認できるわけですが、すぐその下には豚骨・鶏を利かせたダブルスープが見えるように、スープ全体が強烈な辛さを表現しているわけではないようです!

そのため、“焦がし激辛豚骨”といった商品名ではありますが、そこまで強い辛さというわけではなく、あくまで豚骨の旨味を引き立てるかのような香ばしさを伴う辛みが表現され、それによって食欲そそる旨味がより一層楽しめる仕上がりとなっています!

とは言っても、食べ進めていくうちにうっすらと汗を誘う辛さであることには間違いなく、スープ・麺ともに使用された山椒もほどよい爽やかさと痺れを表現し、スープ全体として非常にバランスの良さを感じさせます!

そして、マー油に含まれていると思われる“にんにく”は、香ばしい風味からはそこまで感じられなかったものの、味わってみるとしっかりと旨味として感じることができ、豚骨との相性抜群な味わいによって、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。これは焦がして正解ですね!!

今回の一杯は、“焦がし激辛豚骨”というだけあって強めな辛さかと思ったものの…若干辛み自体は弱くも感じられたため、お好みで唐辛子や山椒といった香辛料をガンガン追加してアレンジしてみても良いかもしれませんね!

まとめ

今回「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」を食べてみて、豚骨ベースに鶏の旨みを利かせたコク深いスープがそもそも美味しく仕上がり、そこに香ばしい辛みを加える“焦がし激辛マー油”による焙煎ごまペースト・マー油・唐辛子オイルが利いたことによって、食欲そそる旨味・辛みがほどよい痺れとともに楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていました!

そして、商品名の“焦がし激辛豚骨”のイメージほど強い辛さではなかったものの…山椒練りこみ麺とともに全体としてのバランスは非常にクオリティの高い一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。