3/4発売の明星「新華園本店 釜石ラーメン」を食べました!
2011年9月以降、定期的に出ている東北復興支援カップ麺です!

そのため、売り上げの一部が東北に寄付される形になっています!

東北復興支援商品は今回で第9弾ということになるみたいですが、
たしかに主に3月初旬頃にそうした商品が出ている記憶はありますが、
そのうち自分が購入できたケースがほとんどないのですよね;

というのも、この復興支援商品ってあまり出回らないのですよね;

このブログの過去ログを検索してちょっと探してみたのですが、
紹介できたのは2016年2月の「らーめんの千草」だけのようで、
他の商品に関しては結局見つけられずに終わってしまってます;

しかもその「らーめんの千草」も入手にけっこう苦労してますしね;

もしかすると東北や関東あたりだともう少し見かけやすいのかもですが、
どうも関西ではなかなか出回らずに入手に困ることが多かったりします;

ただ今回の商品に関しては、すぐによく行くローソンで見つかりました!(*゚ー゚)

3/4発売 新華園本店 釜石ラーメン

「新華園本店」は岩手県の釜石市にある中華料理のお店で、
とりわけそのラーメンのおいしさで評判を呼んでいるようです!

ラーメン店なのか中華料理店なのかわからなくなりそうですが、
お店のメニューを見たところ「麺を中心とした中華料理店」ですね!

カレーや牛丼まで提供しているので、非常に大衆的な雰囲気ですが!

この「新華園本店」は2015年2月に復興支援第5弾商品として出てますが、
そのときに人気が高かったことから、再び第9弾として登場したそうです!

ただ第5弾に発売されたときの記憶は自分の中には全然なかったりしますが;

2015年だったら新商品関連はもうそこそこ追っていたはずなのですが、
やはり見つからずに仕方なくスルーしたという形だったのでしょうね;

3/4発売 新華園本店 釜石ラーメン(内容物)

◎内容物 – 先入れはかやくのみ

内容物はかやく、かやく入り粉末スープ、液体スープとなっています!

具材のうち、ねぎに関しては粉末スープの袋のほうに入ってます!
これは他の具材にねぎの香りが移らないようにするためですかね!

ねぎって、けっこう他の具材に香りが移りやすかったりしますからね!

3/4発売 新華園本店 釜石ラーメン(できあがり)

うん、いかにもすっきりとした醤油ラーメンといった雰囲気ですね!

◎スープ – すっきりした中から動物系と魚介の深い旨味が広がる

まずはスープですが・・・おっ、思っていた以上に深みがありますね!(●・ω・)

ベースについてはしっとりしつつも深い動物系が固めています!

かといって、動物系の主張をガンガンと効かせてくるものではなく、
優しいながらも力強さが宿った、深みのある動物系の旨味ですね!

なので、しっかりと鶏&豚が主役のラーメンであることが伝わります!

そして素晴らしいのが、それを側面から支える数々の素材ですね!

昆布が旨味の下支えをし、ほんのりとした椎茸が旨味にパンチを出し、
そしてそのうえにサバなどの魚介の節系の旨味がじんわり広がります!

この旨味の広がり方が、派手さや分かりやすさを重視するものではなく、
しっとりと動物系と調和するように広がってくるのがいいのですよね!(=゚ω゚)

さらに玉ねぎを中心とした香味野菜によってふくよかさをプラスし、
ここに香味油を重ねることでコクと香ばしさをさらに与えています!

複合的だけど複雑ではなく、調和感の高いバランスが楽しめます!

いろんな素材が入っているんだけど、個々が単体で主張するのでなく、
まとまることによって生まれるおいしさをアピールしている感じです!

こうした優しいスープはカップ麺で扱うのが難しくもあるのですが、
これはそのあたりの難題をしっかりとクリアした味となっていますね!

◎スープの原材料 – 動物系に油脂、魚介、実に豊かな構成

スープの原材料は鶏・豚エキス、しょうゆ、植物油脂、香味油、香味調味料、
糖類、たん白加水分解物、チキンオイル、食塩、魚介エキス、香辛料、醸造酢、
酵母エキス、オニオン粉末、昆布エキス、さばぶし粉末、しいたけエキスです!

様々な要素がバランスよく組み立てられていることがわかりますね!
動物系、油脂、魚介、香味野菜、昆布、椎茸といろいろありますしね!

その中でチラッと目を引くのが醸造酢が入っているというところですね!
かといって、食べていてすっぱいと感じるようなことは全くないですが!

◎麺 – 中細縮れ麺ながらもほどよいもっちり感

麺は中細で縮れがやや強めのノンフライ麺となっています!

いかにもノンフライ麺系商品によく使われそうな麺ではありますが、
実際にはこの麺はちゃんとお店のものを意識して作られています!

お店では「細めの縮れ麺」を使っているのが大きな特徴なので、
今回の麺は実のところけっこう再現度の高い路線を取っていますね!

小麦の風味もそこそこあり、噛んだときにほどよいもっちり感もある、
安心して味わえるタイプのノンフライ麺だと言っていいでしょうね!(*゚◇゚)

◎麺量と栄養成分

麺の量は65gで、カロリーは327kcalとなっています!
脂質は8.3gで、ほどほどに油脂も効かされていると言えますね!

◎具材 – 小粒ながら優秀なチャーシューに高品質なメンマ

具材はチャーシュー、メンマ、そして粉末スープ同梱のねぎです!

ねぎは粉末スープと同梱でしたが、内容は意外といいのですよね!
チープさはなく、むしろややリアル系に近い味わいがありましたしね!

そしてチャーシューですが、小さいながらもこれがあなどれないです!

小さいながらも厚みが少しあり、噛むと肉の旨味がしっかりと出ます!
特に脂身の持っているコクがきちんと感じられたのは好印象でしたね!

そして今回の具材で最大の主役と言えるのは間違いなくメンマでしょう!(`・ω・´)

明星はときどき乾燥状態でもふにゃっとやわらかいメンマを使うのですが、
このメンマが湯戻ししたときに絶妙の力を発揮してくれるのですよね!

まさにリアルなコリコリ感、乾燥具材特有の硬さを見せるわけでもなく、
ほんと自然なメンマをそのままポリポリと食べている感覚があります!

そしてメンマの持っているほどよい発酵感まで宿っているのですよね!

でもって、そのメンマの量が多いとなれば、どこに文句が言えましょう!

◎まとめ – 「釜石ラーメン」の個性が伝わる深く複合的な味わい

食べる前は「いかにも地味そうだなぁ」なんて思っていたのですが、
こうして食べてみるとほんと複合的な旨味がしっかり詰まってましたね!

麺も質が高く、何より具材がしっかり充実してたのも好ポイントでした!

優しい味わいが好きな人は、この「新華園本店」は十分にオススメですね!(゚x/)モキロンッ
Source: He can eat anything but himself!